祇園祭前祭山鉾建て:長刀鉾篇・7月10日10時頃・16時頃&11日14時頃。

祇園祭前祭(さきまつり)の山鉾建て・第4弾は長刀鉾(なぎなたほこ)篇。まずは7月11日14時頃の四条通南東側からの画像を。
2021.07.11祇園祭山鉾建て1400 (31)長刀鉾.JPG


長刀鉾は7月12日の山鉾曳き初め(ひきぞめでは最後ですので、準備はゆっくりめ。10日10時時点では、こんな様子でした。
2021.07.10祇園祭山建て (21)長刀鉾・朝.JPG
同日16時頃になると、流石に櫓の木組みが出来ていました。四条通西側からの画像。
2021 .07.10山鉾建て (18)長刀鉾・夕.JPG
近づくと、「縄がらみ」も進行中。
2021 .07.10山鉾建て (20)長刀鉾・夕.JPG
次は長刀鉾会所。間口は総広くないのですが、奥行きはかなりあります。
2021 .07.10山鉾建て (21)長刀鉾・夕.JPG
そのまま東側に抜けて、振り返ったのが次の画像。
2021 .07.10山鉾建て (23)長刀鉾・夕.JPG
以下は、11日14時頃の画像ですが、南西側から全体像を。
2021.07.11祇園祭山鉾建て1400 (40)長刀鉾.JPG
次は会所(右)を背景にした画像。
2021.07.11祇園祭山鉾建て1400 (36)長刀鉾.JPG
これまでにも説明してきましたが、斜めの部材は倒した櫓に取り付けた真木を建てる時のバランス用の部材。次は櫓部分の大写し。
2021.07.11祇園祭山鉾建て1400 (33)長刀鉾.JPG
「縄がらみ」はむずび方によって名前がついていますが、詳細は割愛。次は真木と禿柱(かむろばしら)に巻かれた縄。
2021.07.11祇園祭山鉾建て1400 (34)長刀鉾.JPG
上の画像も含め、縄がらみは縣装品(けそうひん)や幕が飾られると見えなくなりますので、目にする機会はそう長い時間ではありません。次は長刀鉾の真木の飾りを。
2021.07.11祇園祭山鉾建て1400 (35)長刀鉾.JPG
2年振りの山鉾建ては、他の山・鉾でも行われるのですが、今まであまり取り上げて来なかった縣装品が飾られる前の様子をUPしてみました。最後は巨大な長刀鉾の粽(ちまき:笑)。
2021.07.11祇園祭山鉾建て1400 (37)長刀鉾.JPG
絵柄的には真木を建てる時が最もダイナミックなのですが、そうすると4つの鉾を上手く撮影できない可能性が高いので、今回は敢えて目をつぶりました。1日4連発は流石に苦しかった(笑)。

この記事へのコメント