2021年夏の花・芙蓉篇。

行者橋、これまでフヨウ(芙蓉)とムクゲ(木槿)とタチアオイ(立葵)の明確な区別が出来ず、ぼんやりと花を眺めていたのですが、ある時、「これは芙蓉だな!」と思う花を発見(笑)。まずは、若松通の「三条おかざきクリニック」前で見かけた真っ赤な芙蓉を。 三条おかざきクリニックは旧・京都市三条診療所で、行者橋行きつけのお医者さんでしたが、その…
コメント:0

続きを読むread more

黒田辰秋の漆と螺鈿の作品を楽しむ:その②。

祇園祭関係の記事が入ったので随分間があきましたが、美術館「ZENBI-鍵善良房-」(以下、「ZENBI」)の開館記念特別展『黒田辰秋と鍵善良房-結ばれた美への約束』(既に終了)の第2弾は展示室2(テーマは茶器を彩る器」)の作品群のご紹介ですが、最初の作品は「乾漆八稜水指裡耀貝螺鈿:かんしつ はちりょう みずさし うらようがいらでん」(1…
コメント:0

続きを読むread more

祇園祭後祭の御旅所拝礼行列:7月24日午前。

祇園祭の山鉾巡行に代わる御旅所拝礼行列の様子については、17日の前祭(さきまつり)様子をUPしませんでしたので、24日の後祭の様子を。まずは、四条寺町のお旅所での画像から。 行列は烏丸三条交差点を9時40分頃に通過するらしいという、若干あやふやな情報を信じて9時過ぎに烏丸三条交差点に到着。警備中の警察官にルートを確認していたら、西…
コメント:0

続きを読むread more

祇園祭前祭の山鉾:役行者山・黒主山・大船鉾篇・7月23日14時頃。

本日は、祇園祭後祭の宵山の役行者山・黒主山・大船鉾の様子を。役行者山では巡行前日に、聖護院の山伏さんがお見えになって採燈護摩供(さいとうごまく)が行われるのですが、今年もあるとのことでしたので、チラッと様子見(笑)。 次は、採燈護摩供が始まる前(14時頃)の様子。次の画像奥右の建物が改築された町会所のビル。中央の電信柱の左に、茅の…
コメント:0

続きを読むread more

祇園祭後祭山鉾建て:役行者山・八幡山・鯉山・鷹山篇・7月20日9時&21日17時頃。

祇園祭後祭の山鉾建て報告・第3弾は役行者山・八幡山・鯉山+鷹山篇です。元々、後祭の山鉾は10基なのですが、今年は6基が山・鉾を建てました。既に大船鉾・北観音山・南観音山の様子はUPしましたので、今回は残りを。なのですが、最初は鷹山の祇園囃子披露の様子を。 基本的には21日17時頃の画像になりますが、こちらは役行者山(えんのぎょうじ…
コメント:0

続きを読むread more

祇園祭後祭山鉾建て:北観音山・南観音山篇・7月20日9時頃。

祇園祭後祭の山鉾建て報告・第2弾は北観音山・南観音山篇です。7月20日9時頃を中心に、南観音山は18日16時頃の画像を交えて。まずは、御池通側(北側)から見た北観音山。 既に真松も建てられ、櫓と屋根が着々と酌み立てられていました。次の手前は防護柵を使って縄の結び方の練習をしているようでしたが、真偽不明(笑)。そのまま南に進んだ時の…
コメント:0

続きを読むread more

祇園祭後祭山鉾建て:大船鉾篇・7月20日9時頃。

祇園祭後祭の山鉾建ての最初は大船鉾篇。7月20日9時頃を中心に18日16時頃の画像を交えて。まずは、金箔が貼られて一段と豪華になった船首の龍を。今年の大船鉾のTOPIC:その①です。 行者橋は18日16時頃に新町通を南側から進んで行ったのですが、四条通手前で大船鉾が建てられつつありました。近づくと、船形の大枠は建て上げられ、車輪こ…
コメント:0

続きを読むread more

東福寺の青モミジを37期紫TT-TWINSと楽しむ。

行者橋が勤務していたポロニア学園(仮名)の37期紫の学年には、確か3組の双子姉妹がいたと記憶するのですが、その内の1組のTT-姉妹が先日上洛してきましたので、半日だけリクエストのあった伏見稲荷大社・東福寺をご案内。ということで、青モミジです。まずは、渓谷・洗玉澗(せんぎょくかん)の光景。 京阪線鳥羽街道駅から、勅使門・東司・三門・…
コメント:0

続きを読むread more

祇園祭神霊渡御祭:7月17日夕刻。

今年も祇園祭の本質、神幸祭(中御座・東御座・西御座という3基の神輿の渡御)はありませんでしたが、代わって昨年に引き続き、神霊渡御祭が行われました。まずは、八坂神社の御神体の憑代(よりしろ)となる榊の神籬(さかきのひもろぎ)を四条寺町の四条御旅所に運び終えた白馬の画像から。 最初の画像の白馬を中心とする行列は、八坂神社南門(正門)鳥…
コメント:0

続きを読むread more

30秒1本勝負(笑)で、再び、ショクダイオオコンニャクを見学‘@京都府立植物園。

7月16日午前2時30分頃、京都府立植物園でショクダイオオコンニャク(燭台大蒟蒻)が開花して、16・17日に公開されるとの情報が届いたので、17日朝、混雑を覚悟でチャリチャリ。まずは、「鑑賞区画(定員6名)・30秒毎の入替制」(笑)という厳しい条件下で撮影した燭台大蒟蒻の画像ですね(笑)。高さ2.3m、直径1.3m。 行者橋が到着…
コメント:0

続きを読むread more

綾傘鉾の棒振り踊り披露:7月16日17時。

例年、綾傘鉾では祇園祭の宵山(14日~16日)に祇園椰子と棒振り踊りの披露が行われるのですが、今年も各日3回ず予定されていましたので、16日17時の回を撮影に行ってきました。まずは、こちらの画像から。 これまでの会場は大原神社前のマンションの駐車場でしたが、今年は大原神社東側の駐車場。ですが、まず16時57分頃から綾傘鉾の埒(らち…
コメント:2

続きを読むread more

祇園祭前祭の山鉾:白楽天山・鶏鉾・綾傘鉾・蟷螂山・放下鉾・霰天神山・月鉾・函谷鉾・長刀鉾・孟宗山篇・7月16日11…

本来なら、本日は宵山ということで大勢の観光客や地元の方々で賑わう祇園祭前祭(さきまつり)ですが、11時頃の様子を一挙23枚(笑)。まずは綾傘鉾の画像から。 以下、順不同に。ということで、白楽天山を前から。駒形提灯中心になります。御神体は町会所の中にありましたので、次は後側からの画像。左は鶏鉾です。続いてはその鶏鉾。埒(らち)内で粽…
コメント:0

続きを読むread more

東寺の蓮&東本願寺の睡蓮・蓮。

7月の花といえば、ムクゲ(木槿)・サルスベリ(百日紅)・ハス(蓮)・スイレン(睡蓮)等ですが、本日は七十二候の「蓮始開:はすはじめてひらく」(7月12日~16日)にちなみ、蓮と睡蓮を。まずは東寺の蓮の画像から。 大宮通に面した東寺東門を入ると、直ぐ左手に小さな堀で囲まれた宝蔵があります。その堀越しに五重塔を配した次のような画像は結…
コメント:0

続きを読むread more

祇園祭前祭山鉾建て:長刀鉾・鶏鉾・綾傘鉾・函谷鉾篇・7月13日10時頃。

祇園祭前祭・山鉾建ての今日(7月13日10時頃)の様子、後篇最初の画像はこちら。今年、使用済みの小型家電に含まれていた金で作った 金箔(*注参照)を再利用し、檜の木彫りに貼った、屋根の前後に付いている 鯱(しゃち )2個と1組の雲を。 こちらが、長刀鉾の全体像。駒形提灯は未だ掛けられていませんでした。縣装品を真横から。続いては、鉾…
コメント:0

続きを読むread more

祇園祭前祭山鉾建て:放下鉾・伯牙山・蟷螂山・霰天神山・月鉾・山伏山篇・7月13日10時頃。

本日は祇園祭前祭・山鉾建ての今日(7月13日10時頃)の様子を2本にまとめてUPします。まずは放下鉾のユニークな真木(しんぎ)の榊(さかき)の画像から。 次が放下鉾の13日10時頃の様子。真木も建てられています。放下鉾は鉾建てが遅く始まったので、次は11日の14時頃に北側から撮影した画像ですが、まだ真木もこんな状況でした。次が13…
コメント:0

続きを読むread more

祇園祭前祭山鉾建て:長刀鉾篇・7月10日10時頃・16時頃&11日14時頃。

祇園祭前祭(さきまつり)の山鉾建て・第4弾は長刀鉾(なぎなたほこ)篇。まずは7月11日14時頃の四条通南東側からの画像を。 長刀鉾は7月12日の山鉾曳き初め(ひきぞめでは最後ですので、準備はゆっくりめ。10日10時時点では、こんな様子でした。同日16時頃になると、流石に櫓の木組みが出来ていました。四条通西側からの画像。近づくと、「…
コメント:0

続きを読むread more

祇園祭前祭山鉾建て:函谷鉾篇・7月10日10時頃・16時頃&11日14時頃。

祇園祭前祭(さきまつり)の山鉾建て・第3弾は函谷鉾(かんこほこ)篇。例年、函谷鉾は7月12日の山鉾曳き初め(ひきぞめで最初にスタートしますので、準備が早いのですが、今年も早めの動きでした。まずは7月11日14時頃の四条通南西側からの画像を。 「縄がらみ」のための縄は各山鉾で扱いが違い、鶏鉾はグルグル巻きを台に載せた形で使っていまし…
コメント:0

続きを読むread more

祇園祭前祭山鉾建て:鶏鉾篇・7月10日10時頃・16時頃&11日14時頃。

祇園祭前祭(さきまつり)の山鉾建て・第2弾は鶏鉾篇です。まずは7月11日14時頃の室町通北側からの画像を。 続いては、月鉾篇と同様に10日10時頃と同日16時頃の画像を。最初は10時。次の画像右は用具等を納めている場所。下の櫓の大写しがこちら。次は同日16時頃の画像ですが、「縄がらみ」が少し進んでいる様子が良く分かります。続いては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祇園祭前祭山鉾建て:月鉾篇・7月10日10時頃・16時頃&11日14時頃。

今年の祇園祭は山鉾巡行を始め、ほとんどの行事が関係者だけで行われているのですが、いくつかの山・鉾では2年振りに山鉾建てが実施されています。今回はその中の途中経過(10日10時頃・16時頃・11日14時頃)の様子を1日4連発で(笑)。まずは、11日14時頃、四条通の東側からの「月鉾」の画像。 ほぼ同じ位置からの、10日10時頃・16…
コメント:0

続きを読むread more

久し振りに京都水族館のクラゲを愛でる!

少し前、京都駅南で新型コロナワクチンの接種を受けたので、帰り道に京都水族館へ。今回はクラゲをメインに撮影したのですが、中でまずまず見られるかなという画像を一挙17枚。まずは、ドーナツ形の360度パノラマ水槽「GURURI」で漂うミズクラゲの画像から。 ちなみに花弁に見えるのは胃袋で、オレンジは餌です。続いては、最初の画像のクラゲを…
コメント:0

続きを読むread more

黒田辰秋の漆と螺鈿の作品を楽しむ:その①。

京都の老舗和菓子屋さん「鍵善良房」が、今年1月に開館した美術館「ZENBI-鍵善良房-」(以下、「ZENBI」)の開館記念特別展『黒田辰秋と鍵善良房-結ばれた美への約束』(既に終了)の様子を。まずは、おそらく真上から見たら十字の角(稜)がひねられる形でなだらかに下に流れていくフォルムがとても美しい「朱四稜茶器:しゅ よんりょう ちゃき」…
コメント:0

続きを読むread more

今年の「みやび会お千度」は多彩な浴衣で、小規模に。

今年の祇園祭は、早々に色々な行事が縮小・中止という発表がされたのですが、山鉾建て等、実施されるいくつかの行事については撮影に向かいたいと思っています。ということで、7月5日に行われた「みやび会お千度」の様子を画像多めに。まずは、京舞井上流5世家元・井上八千代さんに敬意を表して。 みやび会お千度は、祇園甲部の舞妓さん・芸妓さんが舞の…
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の花・泰山北・黒種草・穂咲下野、そして時計草篇。

京都府立植物園の花シリーズ、最後は漢字名の花。最後に植物園のものでは無い花をオマケに。で、まずは黒種草(クロタネソウ)です。説明は後程。 で、次は泰山木(タイサンボク)。北米中南部原産のモクレン科モクレン属の常緑高木で、白い花、葉っぱの表は緑でツヤツヤ、裏はケバだった鉄錆色。近づくと良い香りが漂いますね。アメリカ合衆国南部を象徴す…
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園の花・横文字名(笑)の花篇。

京都府立植物園の花シリーズも残り2回です。本日は、説明札が横文字だった花々を。まずはジギタリス。説明は最後に。 横文字名前と言っても基本的に和名もありますので、微妙な分け方ではあるのですが(笑)、次はガウラ。和名はヤマモモソウ(山桃草)あるいはハクチョウソウ(白蝶草)。北アメリカ原産で、アカバナ科/ ヤマモモソウ属(ガウラ属)の花…
コメント:0

続きを読むread more

映画『1秒先の彼女』は、「人生にも閏日ってあるかも…」と思わせる夢のあるラブストーリーでした!

実に1年4カ月ぶりの映画紹介です(笑)。今回は台湾映画。行者橋、知りませんでしたが、台湾では2月14日のヴァレンタインデーよりも、旧暦7月7日の「七夕情人節:チャイニーズヴァレンタインデー」の方が重要なイベントなのだとか。で、作品はその七夕情人節を背景とする公開中(何しろ、京都だと試写会に行く機会がほぼ無いのです)の『1秒先の彼女』。*…
コメント:0

続きを読むread more