粟田祭剣鉾神幸祭⑥当家飾りの剣鉾:2021年10月24日。

規模が縮小されたとは言え、粟田祭と剣鉾差しを見ることが出来て久し振りに祭り気分を満喫したので、思わず長引いてしまいました。最後は剣鉾の当家飾り(とうやかざり:居祭とも)を。まずは、粟田神社の獅子牡丹鉾の錺(かざり)の画像を
2021.10.23粟田祭お迎え提灯 (60).JPG


こちらが、粟田神社に飾られている様子。
2021.10.23粟田祭お迎え提灯 (61).JPG
右側には松鉾が飾られています。元々は松竹梅鶴亀鉾だったようですが、次第に錺のパーツが取れていって現状になったとか。
2021.10.23粟田祭お迎え提灯 (57)松鉾.JPG
しかも、護持(維持・保管)してこられたのは南西海子町(みなみさいかいしちですが、現在は神社が護持しているそうです。次は、錺部分の大写し。
2021.10.23粟田祭お迎え提灯 (58).JPG
額部分には梵字他が。こちらは左側の獅子牡丹鉾。
2021.10.23粟田祭お迎え提灯 (59)獅子牡丹鉾.JPG
獅子牡丹鉾はこれまでの剣鉾差しの画像にも登場していますが、実は新旧3基あるそうです。次は錺部分の大写し。
2021.10.23粟田祭夜渡神事 (20).JPG
額部分には感神院新宮の文字。獅子と牡丹が線刻で描かれているので、遠くからだと何の鉾かが分かり難い。次は、今小路町に飾られていた獅子牡丹鉾。
2021.10.24粟田祭神幸祭 (1)今小路町.JPG
獅子牡丹鉾は今小路町と大井出町が護持していらっしゃるのですが、両町は三条通の地下鉄東山駅を挟む形で向かい合っています。
2021.10.24粟田祭神幸祭 (2).JPG
次は錺部分の大写し。額部分には感神院新宮の文字ですが、神社にある獅子牡丹凹と異なり、随分手が込んでいます。
2021.10.24粟田祭神幸祭 (3).JPG
吹散(ふきちり)もいくつかあります。
2021.10.24粟田祭神幸祭 (4).JPG
当家飾りでは、幣(ぬさ)等の他、お供え物もチャンと飾られます。
2021.10.24粟田祭神幸祭 (5).JPG
神社分を含め19基もあるので、当家飾りは毎年確実に全部見られる訳では無く、どうしても見逃し分が出てしまいます。
2021.10.24粟田祭神幸祭 (7).JPG
上の画像は既に紹介済みですが、葵鉾(元は今道町が護持、現在は神社)。続いては、垣夕顔鉾(夷町)。
2021.10.24粟田祭神幸祭 (8).JPG
最後は、またまた獅子牡丹鉾。これまたデザインが先に紹介した獅子牡丹鉾とは異なりますね。
2021.10.24粟田祭神幸祭 (9).JPG
ということで、来年以降は日程・規模共に本来の形に戻ることを楽しみしたいと思います。

この記事へのコメント