お茶の木の花@建仁寺。

お茶は、インド・ベトナム・中国西南部辺りが原産地とされるツバキ科のチャノキ(茶の木、以下、お茶orお茶の木)の葉っぱや茎から作られる飲料ですが、秋にお茶の木に花が咲きます。まずは、その画像から。 日本には奈良時代にお茶が伝わったものの、平安時代にはやや廃れたようで、鎌倉期に宋からお茶の木と種を伝えた臨済宗の祖・栄西が再興したとされ…
コメント:0

続きを読むread more