今年も“京都肉祭”は結構な賑わいでした!@京都市役所前広場・

昨年始まって今年が第2回目となる“京都肉祭”が10月3日に開かれました。最初の画像は「カフェ&ブラッスリー パリ21区」の“京都肉の炭焼きステーキ&ポテトフライ”のお肉を焼いている画像です。ちなみに“A5ランク”の品質だとか…美味しそう!
画像


こちらが京都市役所前の広場。原則、月に1回フリーマーケットが開かれますが、それ以外にも様々なEVENTで使用されます。
画像
EVENTは11時から16時までなのですが、最初はセレモニー等があることと、行者橋にも野暮用があったので、この時間帯なら余裕かなと思い、14時頃チャリチャリ。こちらは「京都肉(精肉)引換券販売所」のテント。
画像
ここで、1パック3000円(200g)の“サーロインステーキ”から、1パック1000円(300g)の“こま切れ”まで9種類のお肉のチケットを買えます。昨年は、広場にトラックを入れて販売したので、お客様は妙に暑い日差しの中、長時間、行列で待っていたのですが、今年は地下鉄京都市役所前駅の地下街“ZEST御池”で交換でした。
画像
察するに、お肉の品質管理の問題と待ち時間に関するクレームがあったのでしょう(笑)。でもこれは正解だと思います。様々なお店がお肉の料理を提供。
画像
上は、「すし・あぶり わさび」(祇園 わさび)の“牛カツ太巻き寿司”のテント。次の画像右がその“牛カツ太巻き寿司”。
画像
何しろ、「京のお肉処 弘」「銀閣寺 大西」「三嶋亭」「モリタ屋」等の超有名精肉店(肉料理店)が出店していますので、各店には長蛇の列が。次の画像では「銀閣寺 大西の方にお客様が見えませんが、たまたまです(笑)。
画像
お客様は100円×10の金券をあらかじめ買っておいて、品物と交換します。上の左の「モリタ屋」は100円コロッケもあるので大人気。で、こちらは最初の画像の「カフェ&ブラッスリー パリ21区」のテントの様子。
画像
こちらが“京都肉の炭焼きステーキ&ポテトフライ”の画像。ちなみに、同店ではSWEETS“シューブリュレ”も女性に人気でした。
画像
お客様はとても爽やかなお天気のもと、テーブル席や広場のあちこちに腰を下ろして、ゆっくりと”京都肉”を楽しんでいらっしゃいました。
画像
トラックが無い分、食べる場所が広く確保できる等の、去年、チョット懸念した点のいくつかが改善されていましたので、今後も続きそうですね。

"今年も“京都肉祭”は結構な賑わいでした!@京都市役所前広場・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント