感激!上七軒の舞妓さん・梅ちえさん&勝奈さんと祇園・切通し「あのん」でお茶!

このブログにしばしばコメントを寄せて下さる清水のmiyasan(仮名)から、「梅花祭の後、舞妓さんお2人と一緒に祇園切通しの『京都祇園 あのん 本店』(以下、「あのん」:こちらをご参照下さい)で甘い物はいかがでしょう」というお誘いを受け、ご案内役を務めて参りましたので、その様子を。
画像


今回は、梅ちえさん&勝奈さん、On Paradeです(笑)。最初の画像は、「あのん」でmiyasanのお話に耳を傾ける梅ちえさん(左)と勝奈さん(右)。梅花祭・野点席でのお仕事を終えたお2人を、上七軒のお茶屋「梅乃」さんで待つことしばし。用意が整い、TAXIで白川南通の巽橋へGO!やはり、ここはこれでしょう(笑)。
画像
で、祇園切通しを歩くお2人。「このあたりにいると、上七軒の舞妓とは思われへんやろな」等と言いながら、「あのん」に向かいます。左の男性が今回お世話になったmiyasanです。
画像
ここでは、色々な機会に祇園甲部の舞妓さん・芸妓さん等の写真を撮影してきましたが、上のようにピースサインをして下さる画像を撮ったことはありません(笑)。次は少し大写し。
画像
TAXIの中から電話をして、2階席を予約。行者橋もお店の方も「階段は大丈夫ですか」と心配したのですが、お2人は足取りも軽やかに2階へ。こちらメニューを眺めるお2人。
画像
TAXIの中でもこの場でも、お2人の会話はごく普通のお嬢さんのそれと変わりなく、miyasanとのやり取りも丁々発止でした。こちら、メニューが決まって、ひと安心の梅ちえさんと勝奈さん。
画像
で、来ました!…“あんぽーね”・“あんたると”・“あんまかろん(レモン・塩キャラメル)”・“あんさんど”・“あんえくれあ”・“京おはぎ五色(赤飯・抹茶・しろあん・きなこ)”が勢揃い!…お2人も思わず、にっこり!
画像
で、次は。「ただいま、“あんたると”、オペレーション中!」等と言いながら、目の前の甘い物を分配するためにお2人が切り分けていらっしゃる場面。
画像
流石に舞妓さん、食べ物・飲み物を召し上がる時には胸当て(で良いのでしょうか:笑)を着用されたのですが、とても綺麗なレースでした。いやぁ、そんなものがあるんだ!と、行者橋、見入ってしまいました(笑)。で、梅ちえさん。
画像
梅ちえさんは、宮川町の富美芳さんと同年齢でした。こちらの勝奈さんも同期ですね。姿かたちこそ舞妓さんですが、今回、お2人の気さくなお会話をお聞きし挙措動作を拝見して、若い!…と、改めて感じさせられました(笑)。年齢だけでいうと大学生ですもんね。
画像
16時30分過ぎに入店したのですが、行者橋は18時に、お先に失礼しました。いやぁ、お2人とも仕込みさんの時代から存じ上げてはいたのですが、こんなじっくりとお話を伺うのは初めてでしたので、行者橋、緊張気味ながら大感激(笑)。miyasan様、本当に有難うございました。

蛇足:TAXIに乗る時、行者橋が道案内のために助手席に乗ろうとしたら、「梅乃」のお母さんに「そこは舞妓さんにしておくれやす」と言われました。また、後ろに3人乗る時も「舞妓さんを真ん中に」とも。怪訝に思ったのですが、舞妓さんの頭が高いので、その方が安全なんですね。いや、知りませんでした。納得!

"感激!上七軒の舞妓さん・梅ちえさん&勝奈さんと祇園・切通し「あのん」でお茶!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント