節分の豆まき:宮川町の舞妓さん・芸妓さん@六波羅蜜寺。

節分の豆まきシリーズ、最後は再び宮川町の舞妓さん・芸妓さんですが、場所が変わって六波羅蜜寺です。行者橋は、北野天満宮の豆まきの後、チャリチャリチャリと六波羅蜜寺へ。まずは、こちらの美恵雛さんの画像から。思いがけない場所に豆が飛んだのかもしれません(笑)。
画像


六波羅蜜寺では豆まきが14時50分と15時20分に行われますので、14時に北野天満宮を出るとまぁ何とか15時20分の回に間に合う訳です。行者橋が到着した時は、中堂寺六斎念仏の蜘蛛の精が糸を吐いていました。
画像
蜘蛛の精が動き回るのでボケボケの画像ですが、次の画像左に鬼のような面を被った蜘蛛の精が写っています。
画像
蜘蛛の精は、最終的には六斎念仏の太鼓や鉦によって退散させられます。
画像
ということで、いよいよ豆まきです。六波羅蜜寺は横長なので、狭い境内ですが、まぁまぁ楽に撮影できます。
画像
豆をまく皆様は、それぞれにお名前を書いた提灯をお持ちなので誰が誰だか明瞭!有難いことです(笑)。こちら舞妓さんのふく朋さん。
画像
続いては、芸妓さんのふく尚さん。
画像
そして、美恵雛さん。芸妓さんですね。
画像
中には、こんな方々も。裃(かみしも)姿は国会議員・京都府議会議員・京都市議会議員の皆様ですね。
画像
ということで、再び、舞妓さん・芸妓さんの画像を。まずは、ふく朋さん。とても可愛い舞妓さんですね。2年くらい前はもう少し、幼な顔でふっくらしていた気が…(笑)。
画像
続いては、ふく尚さん。目に力のある芸妓さんです。
画像
最後は、美恵雛さん。大人の印象の芸妓さんですが、最初の画像のように愛嬌もある芸妓さんという気がします。
画像
ということで、慌ただしかった2月2日・3日の節分の豆まきシリーズもようやく終了です(笑)。次の舞妓さんは25日の梅花祭でしょうか。

"節分の豆まき:宮川町の舞妓さん・芸妓さん@六波羅蜜寺。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント