菓匠会“御題菓子”はどれも食べてみたい!:前篇@祇園祭献茶祭。

このブログにしばしばコメントを寄せて下さる“京都大好き”様から、是非!とお薦めのあった「祇園祭献茶祭・菓匠会協賛御題菓展」に出品された菓匠会(会員20店)のお菓子を2回に分けて、あいうえお順でUPします。まずは、“くずきり”等で有名な「鍵善吉房」の“宵宮”。
画像


主な材料は寒天(か葛)だと推測しますが、冷やして食べると美味しそう!…ガラスの器の模様が朝顔で涼やか。忘れていました!…今年の菓題(御題)は“伝統”です。
画像
さて、お菓子に戻ります。“京のよすが”で知られる「亀末廣」の“祭り”。2つに分かれていて、1つは〔葵祭〕。この画像も次の画像もピン甘で、申し訳ないのですが。
画像
上の画像左は斎王代さんの檜扇でしょうか。そして、もう1つは〔祇園祭〕。長刀鉾のお稚児さんの注連縄切り(しめなわきり)がモチーフですね。ピン甘画像なのですが。
画像
続いては「亀廣保」の”めぐりゆく”。行者橋は行ったこと無いのですが、「亀末廣」から分かれた干菓子や有平糖で有名なお店だそうです。
画像
こちらは、八坂神社石段下にある「亀屋清永」の“翔 shou”。行者橋、以前、一時的にこのお店の有名な“清浄歓喜団”に凝っていた時期がありました(笑)。
画像
創業400年を記念した羊羹ようで、上の部分は手前・杏、奥・無花果のようです。次は「亀屋陸奥」の“共に生きる”。右上は仏事のお供物(御華束:おけそく)ですね。
画像
「亀屋陸奥」といえば“松風”ですが本願寺御用達のお店らしい展示です。続いては八坂神社石段下の「亀屋良永」の“のれん”。
画像
亀甲模様の作り方はどうなっているんでしょう(笑)。続いては同じ“かめやよしなが”ですが、四条通醒ヶ井東入ルの「亀屋良長」の“うけつぐ”。
画像
左下のお菓子が“醒ヶ井”と命名されています。最近は和菓子に洋風テイストを取り込んだお菓子が有名なお店です。そして、「京華堂利保」の“積み重ね”。
画像
カクテルの“プース・カフェ”を思い出させるお菓子ですが、これまたどうやって作るのでしょうか。次は“棒状のどら焼き”で有名な「笹屋伊織」の“京の礎”。
画像
これは何と言っても重森三玲・作の東福寺の南庭・北庭を思い出しますね。こちらが「塩芳軒」の“結”。有平糖づくしだと思うのですが…。
画像
まだまだ続くのですが、最後の方に、お店の名前が記されずお菓子だけが配置されたコーナーがあり、6皿のお菓子が…。右上の“笹甘露”は麩饅頭かなぁ。(*:京都大好き様のご教示に依り、鶴屋吉信・製と判明・以下同じ)
画像
中身が見えないので詳細不明ですが、同名の和菓子はNET検索ではHITしませんでした。次は真ん中の“誠”。同じくHITせず。八坂神社の神紋が見えます。(*:亀屋陸奥・製と判明)
画像
見た感じでは「三條若狭屋」の“祇園ちご餅”のように氷餅(こおりもち)画表面にあるようです。あれって、食べると上顎にくっつくんですよね(笑)。次は“祇園まもり”。
画像
これは「鍵善良房」(*:これは正解でした)の店頭で見かけます。カステラ状の薄皮の中に求肥を巻いた、いわゆる“調布”のお菓子ですね。ということで、前篇は終了。

:UP後、コメントにある通り、京都大好き様から最後の3品のお菓子を製作されたお店の名前が分かりました。“笹甘露”は「鶴屋吉信」、“誠”は「亀屋陸奥」、“祇園まもり”はやはり「鍵善良房」でした。京都大好き様、ご教示有難うございます。

"菓匠会“御題菓子”はどれも食べてみたい!:前篇@祇園祭献茶祭。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント