(西院)春日神社神幸祭神輿渡御(巡幸)&供奉列。

毎年、10月第2土・日曜日に挙行される京都・西院の春日神社神幸祭では、日曜日13時に2基の神輿が神社を出発(発御)し、14時30分頃に西大路四条交差点で剣鉾に続いて「巴廻り」を行います。まずはその様子を…、なのですが、最初の画像はこちら。神職と共に巴廻りを見守る八乙女さんの列です(笑)。
2019.10.13春日神社神幸祭 (5)巡幸列.JPG


で、14時30分頃、剣鉾の後に2基の神輿が四条通の東から登場。まず、千木(ちぎ)が目を引く東組神輿。江戸時代に作られた重さ約2トンの大きく絢爛豪華な神輿です。
2019.10.13春日神社神幸祭 (48)神輿.JPG
続いて、天辺(てっぺん)の卯ノ鳥(うのとり)が目立つ西組神輿も登場。こちらも江戸時代に製作されたそうです。重さは約1.6トンですが、負けず劣らずゴージャス!
2019.10.13春日神社神幸祭 (54)神輿.JPG
両組の神輿は、毎年、春日大神と若宮大神を交互に遷御し、氏子地域を約5時間かけて巡幸します。神輿に続く馬上の宮司さんは、巴廻しの間、危険ですのでチョッと避難。
2019.10.13春日神社神幸祭 (66)神輿.JPG
次に4枚続けて、巴廻しの様子を。両組の神輿とも差し上げを繰り返し、交差点内を回ります。この間、バス等の自動車は完全にSTOPし、東西南北に長い列が。
2019.10.13春日神社神幸祭 (72)神輿.JPG
2019.10.13春日神社神幸祭 (73)神輿.JPG
2019.10.13春日神社神幸祭 (74)神輿.JPG
2019.10.13春日神社神幸祭 (81)神輿.JPG
その後、神輿と供奉列(ぐぶれつ)は御旅所の野々宮神社(京都市立四条中学校の西)に向かいます。ということで、次からは、その手前の画像を。先頭は錦の御旗。
2019.10.13春日神社神幸祭 (88)巡幸列.JPG
次は勤皇鼓笛隊かな。
2019.10.13春日神社神幸祭 (89)巡幸列.JPG
その後に、鉄砲隊が続きます。
2019.10.13春日神社神幸祭 (91)巡幸列.JPG
そして、稚児の皆様。
2019.10.13春日神社神幸祭 (93)巡幸列.JPG
さらに、子供神輿です。京都の祭礼は、どこもお子達が大活躍!
2019.10.13春日神社神幸祭 (94)巡幸列.JPG
その後に各町内の幟(のぼり)を立てた役員の一行が続きます。
2019.10.13春日神社神幸祭 (95)巡幸列.JPG
こちらは献幣使と副使のお2人。
2019.10.13春日神社神幸祭 (97)巡幸列.JPG
さらに榊と猿田彦、その後に神具列が。
2019.10.13春日神社神幸祭 (98)巡幸列.JPG
この時点で神輿2基は四条通でした。この辺りでは、車の上に載せられて道路の半分を占領しつつ移動です。東組・西組の順に。
2019.10.13春日神社神幸祭 (148)神輿.JPG
2019.10.13春日神社神幸祭 (151)神輿.JPG
行者橋は、「もう少しで御旅所での休憩ですよ」と心の中で声援を送りつつ、帰途に。今年は供奉列を久し振りにご紹介したので、画像を多めにUPしました(笑)。

"(西院)春日神社神幸祭神輿渡御(巡幸)&供奉列。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。