祇園東の舞妓さん・芸妓さん@観亀神社お火焚祭。

11月22日、「観亀神社(かんきじんじゃ)でお火焚祭があり、舞妓さん・芸妓さんが見えるはずですよ」という情報が入りましたので、祇園町北側ですぐ近くなので、テクテクと歩いて行き10時40分頃到着。重複ありですが、まずはこちらの画像から。左から富津愈(とみつゆ)さん・雛佑(ひなゆう)さん・お名前不明の舞妓さん(narahimuro様のご教示で叶久さんかなと思ったのですが、富千英さんですね)、右端が富多愛(とみたえ)さん。
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (18).JPG


こちらが到着した時の観亀神社の様子。神職の方が準備中ですが、鳥居奥の門の柱にさりげなくお火焚祭の告知が。
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (1).JPG
数年前に始まったらしいのですが、そのためにカメラを持つ方々も10人足らず。近づいてみたのですが、護摩木を焚き上げる火床は見当たりません。
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (3).JPG
11時神事開始なので、舞妓さん・芸妓さんが次々とお見えになります。こちらは叶紘(かのひろ)さん。
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (10).JPG
その後ろから、左・満彩野(まさの)さん、右・お名前不明の舞妓さんですが、おそらく満彩尚(まさなお)さん。
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (11).JPG
その後に、最初の画像のTEAMだったのですが、お顔が半分しか写っていなかった雛祐さんを。
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (21).JPG
そして、涼香(りょうか)さん。
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (25).JPG
11時直前にほぼお揃いになり、神事開始。社殿の中に関係者の皆様。舞妓さん・芸妓さんは外に並びます。
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (27).JPG
上の画像奥から続けて3枚。左から涼香さん・富多愛さん・満彩希(まさき)さん。満彩希さんはお仕事が控えていたのか、正装です。
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (30).JPG
続いては、左から富津愈さん・叶紘さん・雛祐さん。
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (29).JPG
そして、満彩野さん・おそらく満彩尚さん。その右5人はお名前不明。右端は仕込みさんかな(その後、コメント欄にありますようにM様のご教示により、右端は仕込みさん、以下左へ富豊志:とみほしさん・満彩尚さん・叶千代さん・叶久さん・富千英さん・満彩野さんと判明。M様、有難うございます)。
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (32).JPG
お名前不明の新人舞妓さん4人を大写しで(右から、富豊志さん・満彩尚さん・叶千代さん・叶久さん、でしたね)。
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (33).JPG
修祓・祓詞・献餞・祝詞奉奠等、神事が粛々と進行し、舞妓さん・芸妓さんが本殿前に移動です。6枚続けて。1枚目の画像左端、確信は無いのですが、叶和佳(かのわか)さんかな。だとすると、前名・富久春(ふくはる)さんですね。
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (39).JPG
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (40).JPG
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (43).JPG
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (44).JPG
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (45).JPG
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (47).JPG
ということで、整列して2礼2拍手1礼。
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (50).JPG
その後、社殿内に入りさらに参拝。右手奥に大黒天が祀られていたのですが、どなたにお祈りしたのか不明。
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (52).JPG
神事終了後、撤饌は舞妓さん・芸妓さんが。なかなか珍しい光景です(笑)。
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (60).JPG
その後、順次、皆様がお帰りになり観亀神社お火焚祭は無事終了。
2019.11.22観亀神社お火焚祭 (64).JPG
護摩木のお焚き上げが無いと、あっさりとしたものです(笑)。今回はお名前を存じ上げない舞妓さんが多かったので、画像多めです(笑)。

"祇園東の舞妓さん・芸妓さん@観亀神社お火焚祭。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。