テーマ:京都のEVENT・茶

茶歌舞伎体験&舞妓鑑賞@日昇別荘:茶歌舞伎篇。

ポロニア学園(仮名)が1948(昭和23)年依頼、毎年、修学旅行でお世話になっている「日昇別荘」(三条通富小路西入ル)で、「茶歌舞伎体験&舞妓鑑賞」(1人2000円)というEVENTがあると、女将からメールが届いたので、卒業生お2人と参加。まずは、こちらの画像から。 茶歌舞伎で3回淹れていただいたお茶を全問正解して、ささやかなご褒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇治茶の産地は京都・奈良・滋賀・三重!:空前の抹茶ブームに水を差す(笑)。

久し振りにお茶のEVENT報告です。10月の半ばに、お馴染み、あじわい館で「宇治茶ムリエ講座<煎茶>」というEVENTが開催されたのでチャリチャリと行って参りました。まずは、実際に行者橋が淹れた煎茶の画像から。 このEVENTは京都府山城広域振興局他の主催で、次の画像左側のエプロンをした4人の“日本茶インストラクター協…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

玉露・煎茶・かりがねの利き茶の真似事で“皆点”!…賞品をいただきました@あじわい館。

久し振りにお茶のEVENTです。5月29日は「京都吉田山大茶会」も開催されていたのですが、以前に訪れてUPしたこと(こちらをご参照下さい)もありますので、今年はあじわい館のEVENTへGO!まずは、こちらの画像から。 最初の画像上が玉露、右下が煎茶、左下がかりがね(茎茶)の茶葉。玉露が煎茶より濃い色合いです。この「日本茶の楽しみ方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あじわい館EVENT試飲付き講演会「知って広がる 宇治茶の楽しみ方」で、福寿園のお茶を楽しむ。

久々に、お茶のEVENT参加記です。実は、一保堂さんからは度々メールマガジンでEVENT案内が届くのですが、参加費が高いので、ずっとお休みしております(笑)。で、参加費1000円のあじわい館でのEVENTへGO!最初は講師の日本茶インストラクター・伊藤明子さんの画像を。 最初の画像は、「玉露もこうしてカジュアルに飲んでいただければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなに色々なフレーバーティーがあると、もう何が何だか…(笑):ルピシア グラン・マルシェ。

行者橋、緑茶・紅茶・烏龍茶・中国緑茶と、まぁお茶と名がつけば何でも飲みますが(コーヒーも、です:笑)、1月末、紅茶&緑茶のお店「ルピシア」の“世界最大級 お茶の祭典 ルピシア グラン・マルシェ”というEVENTに岡崎・“みやこめっせ”までチャリチャリ。まずは、工芸茶“THÉ MARI(テマリ)”の画像を。 この手の工芸茶は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都吉田山大茶会は中国茶・台湾茶等、多彩です。

5月31日・6月1日の2日間、吉田神社の境内で“京都吉田山大茶会”が開催されるとの情報をGETしたので、チャリチャリ。後で知ったのですが、2010年に始まったEVENTで、主催者は「岩茶房:がんちゃぼう」というお茶屋さんだとか。ということで、敬意を表して「岩茶房」のブースの画像から。 行者橋、あちこちのEVENTはこまめにチェック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014 新茶の会@一保堂本店。

京都・寺町の一保堂本店でのお茶のEVENT、“新茶の会”参加記です。これまでは、東京での映倫の仕事の都合で参加できなかったので、ようやく…という感じでした。まずは、行者橋が淹れた新茶の画像から。 そしてこちらが、会場の様子。例によって、1番乗りでしたので(笑)、すっきりしています(笑)。新茶の枝も配られています。枝が緑の部分が新茶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創作和菓子UNIT“日菓”の和菓子をいただく@明倫茶会。

旧・京都市立明倫小学校を活用した「京都芸術センター」での“明倫茶会”は興味深いEVENTが多いのですが、今回は『和菓子のはじまり』と題されたお茶会で、女性2人組のUNIT“日菓”の和菓子を楽しんできました。最初はお菓子「くす玉」の画像から。 “日菓”は1981年生まれの内田美奈子(うちだ みなこ)さんと1983年生まれの杉山早陽子…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「番茶を楽しむ。」@京都・一保堂茶舗の定期教室:その①。

3月31日の午後、京都御苑の桜の前に、寺町通二条上ルの一保堂茶舗(以下、一保堂と略します)京都本店で開催されたお茶の教室に行ってきました。この日は「番茶を楽しむ。」篇です(1050円)。まずは種類の番茶が出揃った画像を。 最初の画像の9時の位置から順に(カッコ内の価格は200g単位のものです)。9時:番茶(若柳:945円)、12時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福寿園京都本店で玉露をいただく。

東京に戻る前の1月17日、「平清盛ゆかりの地とお茶講座」というEVENTに参加してきました。長講堂・平等寺(因幡薬師)を見学し、福寿園で玉露を楽しむという内容です。最初の画像は玉露を入れているところですが、玉露の場合、ふたは閉めない方が良いとのこと。 このEVENTは京都市産業観光局観光部観光企画課が主催するもので、“京都人を京都…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more