テーマ:京都以外の関西あれこれ

近江八幡:ホフマン窯の仕組みが少し理解できました(笑)・「百聞は一見に如かず」・後篇。

「旧・中川煉瓦製造所八幡工場 煉瓦工場 ホフマン窯」(以下、中川煉瓦ホフマン窯)見学報告の後篇、最初の画像はホフマン窯での煉瓦製作を復元した後の様子ですが、煙を出す煙道口(右下)や粉炭を入れる投炭口(4カ所・右上)が見えます。 煉瓦は「素材加工・成形・乾燥・積載・焼成・冷却」の工程(*詳細は注参照)を取って製作しますが、普通の窯で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近江八幡:ホフマン窯の仕組みが少し理解できました(笑)・「百聞は一見に如かず」・前篇。

4月初めの近江八幡紀行第8弾、最終は「旧・中川煉瓦製造所八幡工場 煉瓦工場 ホフマン窯」(以下、中川煉瓦ホフマン窯)です。ホフマン窯(ホフマン式輪窯)はドイツ人技師F・ホフマン(1818~1900年)が考案した「連続して煉瓦を焼くための窯」です。まずは高さ約33mの巨大な煙突の画像から。 1872(明治5)年、東京・小菅に初めて造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近江八幡:日牟禮八幡宮の金の鳩が眩しい!

4月初めの近江八幡紀行第7弾は「日牟禮(ひむれ)八幡宮」。普通は拝殿か本殿が最初の画像に来るのですが、本日は氏子さんの金婚記念で奉納された本殿前の「金の鳩」2対の片方を。 で、基本に戻って(笑)、参道の石鳥居を。上の島木を支える柱上部の台輪がチョッと独特かな。鳥居をくぐると直ぐに八幡堀に架かる白雲橋。伝承としては、成務朝の創建、応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近江八幡:白雲館には明治初期の近江八幡商人の心意気を感じます!

4月初めの近江八幡紀行第6弾は「白雲館」ですが、場所は日牟禮(ひむれ)八幡宮参道の石鳥居前。1877(明治10)年に八幡東学校として建築されたそうですが、木造2階建・瓦葺の非常にユニークな形をした建物です。まずは、正面からの全体像。 主屋の両側に主屋に翼舎を張り出しており、上から見ると凹字形。玄関上部の唐破風と屋根上の太鼓楼が組み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近江八幡:近江八幡ユースホステルは公家の末裔・勧修寺さんが維持していらっしゃいます。

近江八幡ユースホステル(以下、近江八幡YH)は、近江八幡の街中からは北の、かなり琵琶湖の近く(円山町)にあります。木造総2階建・瓦葺の和風の建物で明治期の校舎かと思う程ですが、実は1909(明治42)年に産業奨励の拠点・蒲生郡勧業館として建てられた公共建築です。 元々は八幡堀に面した宮内町にあり、正面に橋が架かっていたとか。入母屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近江八幡:W.M.ヴォーリズの遺産を楽しむ・後篇。

関西エリアは5月16日に史上最速で梅雨入りしたそうですが、本日は近江八幡紀行第4弾「ウィリアム・メレル・ヴォーリズの遺産を楽しむ」の後篇です。最初は旧・八幡郵便局の画像から。 この、現在の建物は復元されたものですが、元々はヴォーリズの設計で1921(大正10)年に竣工した郵便局です。最初の画像右から順番に少し大写しを。まずは正面。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近江八幡:W.M.ヴォーリズの遺産を楽しむ・前篇。

4月初めに訪れた近江八幡紀行第4弾は「ウィリアム・メレル・ヴォーリズの遺産を楽しむ」です。本日はその前篇。W.M.ヴォーリズ(以下、ヴォーリズ)は、京都にも同志社大学の校舎等、多くの建築物を残していますが、何と言っても近江八幡が本家本元。ですが、この画像から。 後ろが工事中なので白い幕がありますが、ここは「ヴォーリズメモリアルポケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近江八幡:八幡堀は映画・TVドラマのロケ地としても有名!

近江八幡紀行第3弾は「八幡堀」です。安土桃山時代、豊臣秀次が八幡山城を居城にする時、城下町の都市計画の一環として、城下と琵琶湖を連結するために造られた、幅約15m・全長6kmに及ぶ人口の水路です。まずは、日牟禮(ひむれ)八幡宮の参道に架かる白雲橋近辺の画像から。 八幡山城の防御と物流の要である琵琶湖の水運利用という軍事的・商業的役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近江八幡:八幡山ロープウェイと八幡山城址は市街地のどこからも見えて便利です(笑)。

「たねや 日牟禮茶屋」報告に続く 、4月初めの近江八幡紀行第2弾は、八幡山ロープウェイと八幡山城跡の様子を。と言っても、ロープウェイには乗らず、八幡山城址にも行かず、なのですが(笑)。まずは、こちらの画像から。 八幡山ロープウェイは、鶴翼山(通称:八幡山・標高283m、比高100m)の山麓と山頂を結ぶ近江鉄道の索道(ロープウェイ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長浜の鯖そうめんは独特の味わいで美味!:撮り溜めた画像から。

行者橋、朝はピザトースト、昼は麺類(饂飩=うどん・ラーメン・パスタ、夜はご飯(白米+おかず)という食事が基本形で、原則として3食とも自炊をしております。従って、自粛生活が続く中でも取り立てて苦労は無いのですが、夏にはお昼が時々、素麺(そうめん)に変わります。先日、お昼が素麺だった時、随分前にいただいた「鯖そうめん」を思い出しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良監獄見学報告記➃・舎房篇。

11月末に見学で訪れた奈良監獄報告が途絶えておりましたので、再開(笑)。今回は舎房(雑居房・独房)篇です。奈良監獄は囚人を収容する舎房が放射状に伸び、その根元に監視する場所(中央看守所)がある構造を採用していますが、まずはその舎房の1つを。 監獄ファン(笑)には良く知られていますが、この構造は「ハビランド・システム」と呼ばれます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城崎温泉で外湯につかり、街並みを楽しむ!

12月26日は部分日食が観察できるかと思って楽しみにしていたのですが、あいにくの曇天&小雨。やむなく、バスツアーで出かけた城崎温泉の様子を。まずは、お馴染みの光景から。 本当は2軒の外湯に入りたかったのですが、滞在時間90分では流石に無理。ということで、「一の湯」さんにGO!…こちらが外観。浴場内部の撮影は無論できないのですが、入…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奈良監獄見学報告記③・監獄資料館篇。

奈良監獄見学報告記第3弾は監獄資料館です。これはことし11月23・24日開催された「奈良赤レンガ FESTIVAL 2019」の時に公開された博物館だとか。まずは、こちらの画像から。 場所は庁舎に向かって右側。第2弾でご紹介した倉庫と向かい合う位置にあり、元々はやはり倉庫だったようです。次の図の青枠部分。 *画像は、旧奈良監獄サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良監獄見学報告記②・庁舎&倉庫篇。

奈良監獄(旧・奈良少年刑務所)見学報告、第2弾は庁舎と倉庫です。最初の画像は、正面からの庁舎です。いや、「明治時代に創立されたミッション系大学の本部建物です」と言われても納得してしまいそう(笑)。戻って、再び庁舎ですが、今度はやや斜め左側から。 庁舎は赤煉瓦造りの2階建てで、中央に銅板造りの屋根を持つ尖塔が見えるので洋風感が強いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良監獄見学報告記➀・表門篇。

遅ればせながら、奈良監獄(正確に言うと旧・奈良監獄、そして旧・奈良少年刑務所)の見学をメインとするバスツアーが11月30日・12月1日に行われ、参加してきましたので、その報告をミニシリーズで。まずは表門篇。 奈良監獄は1908(明治41)年に般若寺そばの現在地に竣工し、1922(大正11)年に奈良刑務所と名が変わり、さらに1946…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奈良公園の紅葉・黄葉と「鹿に注意!」あれこれ。

11月末日に奈良監獄と奈良の紅葉を楽しむバスツアーに参加してきたのですが、本日は奈良公園を中心に。まずは、興福寺五重塔に敬意を表して(笑)、猿沢の池のそばから撮影したこちらの画像から。 京都を出たバスが、奈良県庁東に新設された(評判の悪い:笑)奈良公園バスターミナルに到着して、一旦解散したのですが、辺りは松や楠の木の間に紅葉が。次…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東大寺点描。

KKコンビ・奈良旅行の食事の話題が続きましたので、久々に東大寺の画像を。まずは、行者橋が東大寺の中で最も好きな三月堂(法華堂)の画像から。画像左半分が天平時代、右半分が鎌倉時代の建物で、不空羂索観音(ふくうけんじゃくかんのん)他、国宝の仏像が並ぶ東大寺の歴史を背負っているようなお堂です。 続いては、鎌倉時代に再建された南大門を遠く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪・生野コリアタウンでケジャンを買う!

まいまい京都の「【鶴橋】大阪のヘリに広がる社会、闇市・コリアタウン・旧遊郭~焼肉の町はどうできた!?庶民文化が息づく生野から今里新地まで」という企画に参加してきましたので、その一部を。まずは、こちらの画像から。説明は後述しますが、これはケジャン(蟹のキムチ)です。 で、東京の大久保や上野をはじめ、コリアタウンは全国にありますが、関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

われも紅の会@奈良で見かけたあれこれ。

“われも紅の会”(58期赤の保護者有志の会)で、11月30日から12月2日にかけて奈良を楽しんだ時に見掛けたあれこれを。まずは、當麻寺中之坊で見掛けたこちら。オキザリスという花なのですが、詳細は後程。 で、続いてはこちら。散り椿で有名な伝香寺で、お願いをして“裸地蔵”(木造地蔵菩薩立像)を拝見した時、その地蔵堂の横に十月桜が咲いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HBEHでホリバリアンになりすまし、素敵なPYRATESでお昼ご飯をいただく。

はい、最初に説明します(笑)。HBEHは滋賀県大津市にある「株式会社 堀場製作所 びわこ工場 HORIBA BIWAKO E-HARBOR」、ホリバリアンは堀場製作所の従業員、PYRATESはHBEHの9階にある社員食堂のことです。今回は、要するに工場見学報告ですが、最初の画像は、お昼にいただいたランチです。美味!でしたよ。 11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良は相変わらず、“せんとくん”&“鹿飛び出しに注意!”が一杯!

今年も11月初めに、大学生の頃からほぼ毎年訪れている「正倉院展」に行って参りました。中は撮影不可ですので、鹿の話題等を。まずは“鹿飛出注意”のポールの横で車の動きを注意深く眺めているとても賢い鹿(嘘です:笑)の画像から。 まあ、本当は人間が注意するんですけどね(笑)。実際には、このように道路で草を食む鹿も沢山いますからバスの運転手…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暖かく良いお天気のもと、アーモンドの花がとても綺麗でした!

20日の朝、卒業生のご案内や東京の仕事の都合、はたまたお天気の関係等でここ数年訪れていなかった東洋ナッツ食品株式会社のアーモンドフェスティバルへ、行ってきました。まずは、このアーモンドの花の画像から。 このEVENTは東洋ナッツ食品株式会社の本社兼工場で開催されますが、最寄り駅は阪神電鉄深江駅。駅から歩くと30分弱かかりますが、1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「北陸本線直流化10周年記念 長浜日帰りの旅.」車窓風景②:2016年10月23日。

琵琶湖1周の旅の後篇です。前篇では京都駅を出発し湖西線で近江塩津駅へ行き、そこから北陸本線の木ノ本駅に到着して30分程の停車をしていたところまで記しましたが、本日はその後の様子です。最初の画像は、こちら。 最初の画像上から時計回りに、“北陸本線直流化10周年記念乗車券”・“北陸本線直流化10周年記念缶バッジ”・・“戦国聖地マップ”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「北陸本線直流化10周年記念 長浜日帰りの旅.」車窓風景①:2016年10月23日。

10月23日、京都競馬場での菊華賞(GⅠ)をよそに、行者橋は「北陸本線直流化10周年記念 長浜日帰りの旅」というEVENTに参加し、琵琶湖を1周してきました。まずは、京都駅0番線に入線してくる臨時電車の画像から。 度々申し上げているように、行者橋は“鉄っちゃん”では無いのですが、今回、菊華賞の舞妓さんを蹴ってまでこのEVENTに参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の巨大アヒルちゃん&難波橋・天神橋・天満橋はとても綺麗です!

少し前に大阪に登場した巨大アヒルちゃんをUPしましたが、その続きです。今回は近くの3つの橋もご紹介。タイトルは巨大アヒルちゃんから始まっていますが、最初は天神橋(てんじんばし)の画像です。 巨大アヒルちゃん(ラバーダック)を見に行くために京阪本線北浜駅で下車。すぐに渡るのが難波橋(なにわばし)です。橋の下はこんな緑色のライトで照ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またしても、巨大アヒルちゃんが大阪にプカプカと…(笑)。

巨大アヒルちゃんこと、ラバーダックのことは確か3年前にUPしたと思うのですが、その後も大阪にはチョコチョコ来ていました。ずっとそのCUTEな姿を見に行けず、残念に思っていたのですが、またも大阪に出現!ということなので、時間を作って「中之島バラ園」にGO! 17時過ぎに中之島バラ園に到着!…の予定で、京阪本線北浜駅で下車。そのまま、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

夏のお酒巡り…の最後は沢の鶴と菊正宗です笑い。

夏休み最終週に見学したお酒の工場の最後は日本酒の蔵元の記念館2つです。まずは沢の鶴資料館のご紹介…なのですが、最初はこの日(28日)のバスツアーでいただいたお土産の画像から。 次の画像が沢の鶴資料館の入り口です。立派な古い酒蔵のように見えますが、実は2005(平成7)年1月の阪神・淡路大震災で全壊したものを4年後に復興再建したもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良公園の鹿は結構、獰猛なんですよ(笑)。

ポロニア学園に3人のお嬢さんを通わせて下さっている保護者のSjamm-Iさんご一家とインドからの留学生・Vegetarian-Mさん(いずれも仮名)を奈良の法隆寺と東大寺にご案内した時の様子を。最初は、東大寺南大門前で鹿に追いかけられる3番目のお嬢さんの画像から(笑)。 次は傘を差すには面倒だが、降っているには降っているというよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しつこく、お酒の話題です(笑)…本日はキリンビール神戸工場見学!

今回の見学先はバスツアーの続きなのですが、キリンビ-ル神戸工場。場所は先日UPした「めんたいパーク神戸三田」のお隣といっても良い山の中です。まずは、サントリー京都ビール工場の時と同様にBEERをサーブして下さった係の方の画像から(笑)。 キリンビ-ル神戸工場の一角にキリンビアパーク神戸と呼ばれるゾーンがあるのですが、こちらが入り口…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

何故、こんな山の中に明太子の工場が…:めんたいパーク神戸三田に行ってきました!

夏のEVENTシリーズ、今回、訪れたのは博多の「かねふく」が経営している、明太子工場&直売店&遊戯施設の“めんたいパーク神戸三田”です。で、実際は工場見学というより、(徐々に明らかにしますが)バスツアーで立ち寄ったお土産物屋さんですけどね…。まずは、この画像から。 置いてあった資料によると、同様の“めんたいパーク”は愛知県の常滑(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more