テーマ:祇園祭

去年の…後祭山鉾巡行:鯉山@御池通:2019.07.24。

去年の…後祭山鉾巡行の巡行順3番目は、後祭山一番の鯉山です。まずは、山の上で巨大な鯉が龍門の滝を登る豪快な勇姿を表している、こちらの画像から。 祇園祭山鉾巡行の各山鉾はそれぞれに人目を引くのですが、この鯉山はかなり目立ちます。前面に朱塗鳥居が、山の奥には朱塗の小祠を安置して素盞鳴尊を祀っています。山の上からは滝に見立てた白麻緒が下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…後祭山鉾巡行:北観音山@御池通:2019.07.24。

祇園祭後祭山鉾巡行の巡行順2番目は、橋弁慶山と同じく籤取らずの北観音山です。曳き山ですので巨大で真松が高くそびえます。 北観音山は、北嵯峨観空村の旧家に伝わる古文書(1353=文和2年から1747=延享4年まで真松を納めたとの内容)によって、応仁の乱の100年以上前に存在したことが知られているそうです。応仁の乱後の山鉾復興時に観音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…後祭山鉾巡行:橋弁慶山@御池通:2019.07.24。

去年7月に行われたブログのシステム・メンテナンスの影響で、3週間ほど画像をUPすることができず使われないままお蔵入りしていた画像に陽の目を当てる目的で、若干ムキになって(笑)50日近く続けてきた「去年の…」シリーズも、残り3回です。で、本日は祇園祭後祭山鉾巡行の橋弁慶山篇。五条大橋の上での牛若丸と弁慶の対決の場面を造形化した山で、浄妙山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…花傘巡行@寺町通他②:2019.07.24。

花傘巡行のコースは、当初、八坂神社〜四条河原町〜河原町御池〜寺町御池〜四条寺町〜八坂神社でしたが、2014(平成26)年に復活した後祭山鉾巡行のコースの関係で、コースが八坂神社〜四条寺町〜寺町御池〜河原町御池〜四条河原町〜八坂神社に変わりました。寺町御池から四条河原町の間は後祭山鉾巡行の後に連続して巡行しています。で、後半線最初の画像は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…花傘巡行@寺町通他①:2019.07.24。

1966(昭和41)年、後祭の山鉾巡行が前祭と同日の7月17日に統合された時、後祭山鉾巡行の代替として始められたのが、花傘巡行です。その後、山鉾巡行は2014(平成26)年に後祭が復活したのですが、花傘巡行はルートを変えて続くことになりました。まずは、祇園太鼓の花傘の画像から。 花傘巡行は最初の画像のような山鉾の古い形態を再現した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…オハケ神事@三条御供社:2019.07.23。

毎年、7月23日14時から三条通にある八坂神社の三条御供社(ごくうしゃ:四条寺町御旅所の次のお旅所の意味で又旅社またたびしゃ、とも)で「オハケ神事」が行われ、翌日の還幸祭に備えます。まずは神事に際して立てられる白幣(オハケ)の画像から。 三条御供社は三条通と黒門通の交差点北西角(御供町:おんともちょう)にあります。次の画像手前のア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…後祭宵山の光景③@市内各地:2019.07.22。

祇園祭後祭宵山の光景、ラストは「休み山」の鷹山のご紹介をメインに。なのですが、最初の画像は大船鉾の大舵(右面かな)と旗を。 で、鈴鹿山。この山のご神体は、鈴鹿明神(瀬織津姫神:せおりつひめのみこと)の像(174cmの木彫)。全山鉾中で唯一の美女像なのですが、画像では神面を着けているために素顔は見えません(笑)。こちらが駒形提灯。ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…後祭宵山の光景②@市内各地:2019.07.22。

後祭宵山の光景を続けます。まずは、黒主山(くろぬしやま)。黒主山は食べられる粽(ちまき)を最初に販売した大和して有名なのですが、こちらは食べられない厄除け用の桜の花びらがついた粽。 で、次は黒主山の会所の様子。ご神体の大伴黒主(おおとものくろぬし)が上を見上げています。昨年の巡行時の記事に大伴黒主の大写しをUPしています(こちらを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…後祭宵山の光景①@市内各地:2019.07.22。

祇園祭後祭の山鉾巡行は(休み山である鷹山の唐櫃巡行を含めて)11基ですし、宵山に屋台が出たりしないので、前祭に比べ夕刻にてじっくり宵山の駒形提灯見学や会所巡りが可能です。その様子を前・中・後篇の3回に分けてご紹介。まずは、鯉山の巨大な鯉!逆巻く波の他、麻緒の瀧も一緒に飾られています。 で、前篇の最初は橋弁慶山。次の左が弁慶、右が牛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…神幸祭:3御座集合@八坂神社石段下:2019.07.17。

中御座が久世駒形稚児の先導で、八坂神社西楼門石段下に入ると、東若御座(子供神輿)・東御座・西御座と続き、3御座が集まって差し上げ・差し回しを行い、それぞれ異なるコースを巡幸し、四条寺町の御旅所に渡御するのですが、本日はその様子の一部を。最初の画像は東茣蓙(四若神輿会)の差し上げ。 次は、石段下に3基の神輿が集合した場面。次の画像中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…神幸祭:三御座出御@東大路通:2019.07.17。

豊園泉正寺榊・御神宝奉持列・久世駒形稚児の行列に続いて、いよいよ神輿の登場(出御)です。まずは、中御座の画像から。重さは約2トンとか。 八坂神社の主祭神・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の神霊をのせる中御座は、6角形の屋根の上に鳳凰が飾られます。で、次の画像のように三若神輿会(さんわかしんよかい)の皆様が奉仕されます。ちなみに中御座は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…神幸祭:豊園泉正寺榊・御神宝奉持列・久世駒形稚児@東大路通:2019.07.17。

去年の祇園祭前祭山鉾巡行のご報告の後は、神幸祭です。神輿出御から八坂神社西楼門石段下までの様子を3回に分けて。まずは、中御座(素戔嗚尊:すさのおのみこと)を先導する久世駒形稚児の画像から。 7月17日の夕刻、東大路通の石段下から少し南に寄った「餃子の王将 祇園八坂店」を正面に見るあたりで待機していると。17時30分頃、最初に八坂神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…前祭山鉾巡行:長刀鉾のお稚児さん、鉾から下乗の場面@御池新町:2019.07.17。

行者橋、実は去年の祇園祭前祭山鉾巡行での撮影ポイントは、①四条麩屋町での長刀鉾稚児注連縄切り・②河原町三条での舞妓さん・③河原町御池での辻回し(山鉾決めず)・➃御池新町での長刀鉾お稚児さんの鉾からの下乗の4場面と決めていたのですが、これが最後です。まずは長刀鉾から下りるお稚児さんと強力さんです。 当日、行者橋は四条麩屋町(注連縄切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…前祭山鉾巡行:霰天神山・放下鉾・岩戸山・船鉾@御池通:2019.07.17。

祇園祭前祭山鉾巡行もいよいよ最後です。まず、「霰天神山」(あられてんじんやま:山十三番・巡行順⑳)。油天神山同様、真松の他に梅が飾られています。ただし、社殿は紙垂付きの榊と真松で隠れて見えにくくなっています。透塀の回廊がとても美し良く目立ちます。 最初の画像&次の画像では分かり難いのですが、前懸はホメロスの叙事詩「イーリアス」の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…前祭山鉾巡行:孟宗山・月鉾・山伏山・占出山@御池通:2019.07.17。

山鉾巡行の続きですが、次は夏なのに雪が降っている光景が登場する「孟宗山」(もうそうやま:山十番・巡行順⑯)です。別名「筍山」(たけのこやま)。郭巨山同様、中国の史話「二十四孝」に由来する山です。 郭巨山は母と子の命を天秤にかけて母を取った郭巨が結果として黄金を掘り当てる話でしたが、こちらは、孟宗が老母のために雪中で筍を掘り当てる話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…前祭山鉾巡行:保昌山・鶏鉾・白楽天山・四条傘鉾@御池通:2019.07.17。

祇園祭前祭山鉾巡行は全23基ですので、次の「保昌山」(ほうしょうやま:山八番・巡行順⑫)が丁度真ん中になります。平井保昌(ひらい やすまさ:藤原保昌とも)が、和泉式部のために紫宸殿の紅梅を手折ってくる場面を造形化した山です。 平井保昌は藤原道長に仕えた武人として知られ、日向守・肥後守・大和守を経て、1015(寛仁4)年頃に丹後守に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…前祭山鉾巡行:伯牙山・菊水鉾・油天神山・太子山@御池通:2019.07.17。

祇園祭前祭山鉾巡行は23基もありますので、画像はまだまだ続きます。で、本日は「伯牙山」(はくがやま:山五番・巡行順⑧)から。宵山の画像をUPした時にもご紹介しましたが、中国の琴の名手・伯牙にちなむ山です。伯牙は手に斧を持っており、右手に琴が見えます。 別名「琴破山」「琴割り山」。舁き山で、ご神体が196.5cmと背が高いのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…前祭山鉾巡行:綾傘鉾@四条通&御池通:2019.07.17。

去年の傘一番は「綾傘鉾」(あやかさほこ:傘一番・巡行順⑦)でした。傘鉾は2種類-綾傘鉾と四条傘鉾(しじょうかさほこ)-しかありませんので、籤取り式では傘一番と傘二番を分け合う形になります。ということで、御池通で2基並んだ画像から。 最初の画像左(前)の綾傘がこちら。染物傘の天蓋上には金幣の中に立つ金鶏が。画像では分かり難いのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…前祭山鉾巡行:函谷鉾@四条通&河原町御池:2019.07.17。

前祭山鉾巡行の続きですが、本日は後に残していた「函谷鉾」(かんこほこ:籤取らず・巡行順⑤)」です。中国・戦国時代、斉の孟嘗君が函谷関(かんこくかん)で、家臣に鶏の鳴き声を真似させて関門を開かせ難を逃れたという故事に基づく鉾。鉾頭の「三日月と三角=山」は山中の暁の様子、といわれます。 次は少し近づいた画像。屋根の上には屋根方(屋根と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…前祭山鉾巡行:蟷螂山・芦刈山・木賊山、1つ飛んで郭巨山@四条通&御池通:2019.07.17。

去年の祇園祭前祭山鉾巡行を巡行順に。「長刀鉾」(なぎなたほこ:籤取らず・巡行順①)は注連縄切りでも登場しましたし、御池通でお稚児さんが鉾から降りる場面を後程UPしますので、まずは「蟷螂山」(とうろうやま:山一番・巡行順②)。舁き山(かきやま)なので小振りなのですが、造形がとてもユニークなので遠くからでも良く目立ち、絡繰り仕掛け(4人で動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…前祭山鉾巡行:そして注連縄切り…@四条麩屋町:2019.07.17。

祇園祭前祭山鉾巡行のハイライト、注連縄切りです!今回は敢えて時間通りに。9時20分過ぎ、高橋町の皆様の手によって四条麩屋町に張られた注連縄に長刀鉾が近づいて止まると、南北のアーケードの上で待機していた高橋町の関係者が注連縄を引っ張って、高い位置まで引き上げます。 と、長刀鉾の関係者が先にフックのついた細い棒を使って注連縄を引っかけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…前祭山鉾巡行:続いて注連縄張り…@四条麩屋町:2019.07.17。

四条通の信号機がいずれも山鉾巡行に支障の無いように動かされ整えられたら、次なる準備は「長刀鉾稚児注連縄切り」用の注連縄張りです。まずは、注連縄切り直前(9時20分時点)の画像から。長刀鉾の前に張られている注連縄にご注目下さい! 時を戻して。8時30分少し前に四条麩屋町交差点に15日早朝に斎竹を建てた(こちらをご参照下さい)高橋町の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…前祭山鉾巡行:まずは信号機回転…@四条麩屋町:2019.07.17。

本日は3連発です!…去年の祇園祭前祭山鉾巡行(開始は9時)の日の朝、行者橋は久し振りに気合を入れて、朝7時過ぎに「長刀鉾稚児注連縄切り」が行われる四条麩屋町の交差点に陣取って巡行の様子を撮影することに。で、最初は巡行に不可欠な四条通の信号機の方向変更の様子を。まずはこの画像から。 で、待つこと小1時間。四条通の信号機の方向を変える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…前祭宵山の光景・後篇@市内各地:2019.07.16。

去年の7月15・16日に市内各山鉾町の宵山・駒形提灯の様子等(あいうえお順)の続きです。まずは「蟷螂山:とうろうやま」。巡行では手や羽が動きます。 こちらは駒形提灯。八坂神社の2種類の神門の他にカマキリ(蟷螂)の模様がクッキリと見えます。次は懸装品等を展示しているマンションの1階にある会所。続いては、1枚しかUPできないのですが、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

去年の…前祭宵山の光景・前篇@市内各地:2019.07.16。

去年の7月15・16日に市内各山鉾町の宵山・駒形提灯の様子等を「あいうえお」順で、2回に分けて。普通は撮影した全16の各山鉾の画像数を揃えるのですが、諸般の事情で枚数差あり(笑)。まずは「芦刈山」。様々な懸装品の内、前掛「凝視」(山口華楊・原画)、銅掛「豊公獅噛鳥獣文様錦織」。 前篇・後篇とも18枚ずつ。次は駒形提灯。芦刈山の文字…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…弓矢町武具飾り@松原通:2019.07.15。

7月16・17日、東山区の松原通(かつての五条通)の弓矢町では、いくつかの民家の玄関先やガレージ等に、甲冑(かっちゅう:甲=鎧・冑=兜)等の武具を飾る行事があります。まずは、こちらの「智印」(左)と「福印」(右)の画像から。この行事は、かつて祇園祭神幸祭の際に弓矢町の住人が実際に武具を身に着け、八坂神社に供奉(武者行列)していた名残との…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…綾傘鉾棒振り囃子披露@綾小路通:2019.07.15。

綾傘鉾は、山鉾の現在の形態が完成する以前の古い形(応仁の乱以前に存在)の大変珍しい「傘鉾」です(四条傘鉾も)。17日の前祭では2基のいわゆる風流傘(ふりゅうがさ=花傘)が6人のお稚児さん、そしてこれからご紹介する棒振り囃子と共に巡行します。毎年、7月14~16日の夕刻に祇園囃子・棒振り囃子が披露されます。まずは、棒振り踊りを披露された原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…斎竹建て@四条麩屋町:2019.07.15。

祇園祭前祭の山鉾巡行の見どころはいくつかありますが、長刀鉾のお稚児さんが四条麩屋町(ふやちょう)で行う「注連縄切り」もその1つです。その注連縄は四条通の南北に建てられた2本の斎竹(いみたけ)に掛けられているのですが、本日はその斎竹を建てる様子を。まずはこちらの画像から 毎年7月15日の早朝4時30分頃、東洞院高辻にある高橋町(「ホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…山舁き初め・山鉾曳き初め:蟷螂山・放下鉾・岩戸山・船鉾@西洞院通・新町通:2019.07.13。

祇園祭前祭(さきまつり)山鉾巡行の曳き初めの続きですが、7月13日にはまず12時から西洞院通で蟷螂山(とうろうやま)の舁き初め(かきぞめ)が行われます。まずは、西洞院通の会所前から1度北上して戻ってくる場面の画像から。右奥に蟷螂山が小さく見えます。 パターンとしては鉾曳き初めと同じなのですが、蟷螂山は舁き山なので舁き初めと言います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の…久世駒形稚児社参、ただし本殿昇殿まで@八坂神社:2019.07.13。

昨日(今年)、山鉾巡行の代わりに山鉾関係者を先頭に前祭の各山鉾代表者が榊を手に、9時に昨年の巡行順に四条烏丸交差点を出発し四条寺町の御旅所に進み、八坂神社を遥拝。18時からは神輿渡御に代わる「御神霊渡御祭」が行われたのですが、行者橋は雨だったのでパスしました(笑)。 で、昨年7月13日午前の長刀鉾稚児社参の後、14時からには久世駒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more