テーマ:京都のEVENT

京都駅ビル大階段クリスマスイルミネーション(光のファンタジー2021)③。

京都駅ビル大階段クリスマスイルミネーション第3弾の最初の画像はこちら。よう分からんのですが、普段は『京都駅ビルの地下に住む不思議な生き物」だそうで、Tetto & Scala(テット&スカーラ)だとか。 第3弾は色合いの変化を楽しむ感じになりますが、まずはこちら。場面転換の際は、こんなアブストラクトな瞬間も。と、いかにも京都っぽい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都駅ビル大階段クリスマスイルミネーション(光のファンタジー2021)⓶。

京都駅ビル大階段クリスマスイルミネーションの第2弾、最初の画像はこちら。 時には、こんな画像も。一番手前の大きな影は本当の歩行者です。今度は何かと思えば、IKOCAや切符でした。次はしばらく赤い水玉が続いていた中に、妙な棒状もものが…。切符でオチを付けたんですね。次はトラディッッショナルは模様。4枚目は任天堂が意識されたのでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都駅ビル大階段クリスマスイルミネーション(光のファンタジー2021)①。

今年も京都駅ビル大階段での巨大なクリスマスツリーが設置されなかったのですが、大階段のイルミネーションをクリスマスを挟んで3回に分けて、ご紹介!…まずはこの画像から。 本当を言うと、どこがスタートなのか分からないのですが、とりあえず次の画像が出たので(笑)。以下、できる限り説明を少なくして画像を続けます。このあたりまでは、クリスマス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正覚庵の筆供養・護摩供篇②。

正覚庵での筆供養・護摩供(ごまく:お火焚き)篇の続きです。まずはこちらの画像から。このお嬢さんはお稚児さんでは無く、正覚庵あるいは関係者のお子様のように思います。 この筆供養は、1947(昭和22)年から始まったとのこと。ということで、いよいよ山伏さんが威徳堂の灯明から巨大な竹の松明(たいまつ)に移された火を護摩壇まで持ってきます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正覚庵の筆供養・護摩供篇➀。

「古くなった筆に感謝する」正覚庵・筆供養の続きです。14時から護摩木・筆の護摩供(ごまく:お火焚き)が始まるのですが、まずは全国から集まった筆の画像から。 次は、東福寺六波羅門(南門)の南に位置する正覚庵山門の光景。普段は原則非公開のお寺ですが、この日は幟(のぼり)や吹流しも。こちらが、護摩供前の会場の様子。中央に護摩壇、右に威徳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正覚庵の筆供養・筆神輿篇。

11月23日に行われた東福寺の塔頭・正覚庵での筆供養に関しては、の紅葉・黄葉情報を優先して、既にチラッと触れましたが、本日は筆供養の行事の1つ、筆神輿を。まずは、東福寺本堂(仏殿)を背景にして巡行する筆神輿です。 筆供養自体は14時からなのですが、それに先立って筆神輿が13時から東福寺境内を巡行します。次は、法堂での山伏さん・お坊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同志社女子大学のクリスマスツリー!

紅葉のシーズンはまだ終わって無いのですが、本日はクリスマス関係の話題を。まずはこちらのピンボケ画像から。 11月26日16時45分から同志社女子大学のクリスマスツリー点灯式が栄光館前で行われたのですが、野暮用でそれには行けなかったので、少し後に撮影に行って参りました。次が正門からの光景。続いては、少し近寄った画像。次は上半分の画像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粟田大燈呂:2021年10月23日&24日。

粟田祭が他の京都のお祭りとは大きく異なるのは粟田大燈呂(だいとうろ)の存在です。2008(平成20)年、戦国時代に行われていた風流灯籠(ふりゅうどうろう)を復興し、夜渡り行列に加わった粟田大燈呂が今年も登場しました。 大燈呂とは大きな燈籠のの山車(だし)なのですが、記録に残っているとは言え画像資料が無いので詳細不明。ですが、当時の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平安神宮維新勤王隊神前奏楽奉納:2021年10月22日。

本来なら時代祭の行列がある10月22日、平安神宮では神苑が無料公開され、本殿での神事に加え、維新勤王隊が神前で奏楽を奉納し、応天門(神門)でも奏楽が披露されました。本日はその様子を。 朝、行者橋が無料公開されていた神苑を歩いている時、練習中の音が聞こえていたのですが、神事の始まる10時直前に額殿横から維新勤王隊が外拝殿へ。維新勤王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平安神宮白川女献花&室町洛中風俗風流踊り奉納:2021年10月21日。

10月21日は平安神宮で時代祭前日祭が斎行され、白川女(しらかわめ:白川女風俗保存会奉仕)さんが花を献じ、合わせて室町洛中風俗風流踊り(ふりゅうおどり:深草室町風俗列保存会奉仕・以下、風流踊り)が奉納され、応天門(神門)前でも披露されました。まずは、信じに参加される白川女さん。 この日は大極殿(外拝殿)前に四神(青龍・朱雀・白虎・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時代祭衣装・祭具特別公開・後篇@平安神宮額殿。

時代祭衣装・祭具特別公開の続きです。昨年は、時代祭織田公上洛列の甲冑5領のみが公開されていた(こちらをご参照下さい)のですが、今年は規模が大きくなったとのことでした。 最初の画像右端の係の方によると、昨年、「女性の衣装も…」という声があったそうで、それに応えたとのこと。ということで、正面奥(西側)はこんな感じでした。で、左側の甲冑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時代祭衣装・祭具特別公開・前篇@平安神宮額殿。

毎年10月22日に行われる時代祭の行列巡行は今年も中止なのですが、神事やそれに代わる様々なEVENTが行われています。そうしたものの中から、「時代祭衣装・祭具特別公開」を2回に分けてご紹介。まずは、この画像から。 会場は平安神宮の大極殿(外拝殿)に向かって左手の額殿(がくでん)。で、最初の画像ですが、左は清少納言(平安時代婦人列:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動く山@ロームシアター京都 ローム・スクエア。

「動く山」という変なタイトルは、2010(平成22)年から続いている「KYOTO EXPERIMENT(京都国際舞台芸術祭)」の2021年版のEVENTで、オランダのOscar Petersさんが製作した木製ローラーコースター「The Moving Mountain 」の直訳です(笑)。 場所は「ロームシアター京都」の正面入り口前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五大力尊仁王会餅上げ奉納・女子の部@醍醐寺:2021年2月23日。

2年ぶりに醍醐寺の五大力尊仁王会餅上げ奉納を拝見しに行って参りました。今年は女子の部が5名、男子の部が15名と少数で開催されるとのことでしたが、女子の部の開始時刻(12時30分)少し前に到着。まずはこちらの画像から。詳細は後で。 本堂正面前にはお馴染みの大きな紅白のお餅が勢揃い!今年は四角いお餅がありませんでした。例年通り、最前列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎧着初式@上賀茂神社:2020年11月23日。

毎年11月23日、上賀茂神社では大人・子供が手作りの鎧を着けてパレードの後、本殿でをする「鎧着初式」というEVENTが行われます。少し前のことになりましたが、本日はその様子を。まずは、こちらの画像から。 主催者は「鎧着初式実行委員会」となっていますが、実際には京都・西陣(黒門通一条上ル弾正町)にある「鎧廼舎(よろいのや) うさぎ塾…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「エヴァンゲリオン京都基地」なのだそうですが、ファンは楽しいでしょうね…@東映太秦映画村。

先月末に東映太秦映画村(以下、映画村)を訪れたのは、「エヴァンゲリオン京都基地」というアトラクションを見るためでした。が、行者橋、エヴァンゲリオン(正式名:新世紀エヴァンゲリオン)という名前とTV・映画のアニメーション作品)があることは知っていますが、それ以外は全く無知ですので、以下の内容に間違いがあってもファンの皆様、どうか寛大な心で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当なら、今年の「明智光秀供養会」は結構な話題になったはずなのに…。

昨年8月、明智光秀供養会が白川の三条橋の少し南で開催された時(こちらをご参照下さい)、主催者の和菓子屋さん「餅寅」のお母さんが「来年は光秀の命日(6月14日:*注参照)に行います」と仰ったのですが、今年は無理だろうなと思いつつ、念のため「明智光秀の塚」へチャリ。 去年は11時から開催されたので、その少し前に「明智光秀の塚」に行くと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

4月3日の清水寺青龍会は規模を縮小して行われていました!

まず最初にご報告。2日にUPした花(木)は、京都府立植物園に行った時に「ハナモモ(花桃)に間違いない」と確信しました(笑)。 で、本日は3日に行われた清水寺青龍会の様子を。まずは観音様の化身である青龍の画像から。 14時から本堂で法要を行った後、通常ならば三重塔の西門から参道の方に移動する行列が、この日は三重塔と仁王門の間の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡崎さくら・わかば回廊 十石舟めぐり(2020.03.30):今日からブログのスタイルを変えます!

実は、今日から京都生活も11年目です。京都に住み始めてブログを始めた時、「10年間はできる限り毎日ブログをUPし、京都の魅力を届けよう!」と思い立ち頑張ってきました。これからは1週間に2~3回、毎回1~5枚の画像UPを基本にします。で、今日は岡崎疎水を運航中の「岡崎さくら・わかば回廊 十石舟めぐり」(以下、岡崎十石舟めぐり)の画像を。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

市比賣神社の雛飾りは古式ゆかしい物もあり、今日が尽きません(笑)。

市比賣神社では毎年3月3日に「ひいな祭り」という催しがあるのですが、今年は「本社での雛飾り&ひとまち交流館でのひとびな勢揃い」のみを行い、「ひいな遊び実演(貝合せ・双六・天児(あまがつ)参りの解説)等&ひな茶接待」は中止とのお知らせがあったので、本社での雛飾りを拝見に行って参りました。ということで、まずはこちらの画像から。 社務所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参拝客の少ない「春桃会@三十三間堂」で、仏像&花々をゆっくり拝見!

三十三間堂の春桃会(しゅんとうえ)は、3月3日の桃の節句と数字の3が重なることから三十三間堂で開催される春の恒例行事です。この日は、京都市内のお寺で行者橋が最も好きな三十三間堂が無料公開されますので、ほぼ毎年伺っています。で、まずは、この画像から。男雛は向かって右の古式で、冠の後ろに差す纓(えい)が立っていますし、装束から見て天皇のイメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「『京友禅の老舗 千總 イベント 図案家のしごと』@京都岡崎 蔦屋書店」を拝見してきました!

ポロニア学園(仮名)64期赤の袴田有紀が、自身の勤務する会社「千總・ちそう」の開催する「京友禅の老舗 千總 イベント 図案家のしごと」の告知をFBでしていたので、9日の午後、またまた岡崎へチャリチャリ。会場は「ロームシアター京都」内にある「京都岡崎 蔦屋書店」(以下、蔦屋書店」のパークプラザ1階。まずは、こちらの画像から。 袴田に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「雪が舞い 雷鳴響く 都路(みやこじ)を 児童(こ)ら駆け抜ける 大文字駅伝」(字余り)…拙作でございます(笑)。

2月9日は「第34回京都市小学校大文字駅伝大会」(以下、大文字駅伝)の日。行者橋、綿雪舞う中、フィニッシュ地点の岡崎公園野球場へチャリチャリ。まずは、1位に輝いた桂東(かつらひがし)小学校の画像から(以下、校名の小学校の文字は略)。 この日、朝、目覚めて窓を開けると、近隣の家々の屋根にうっすらと雪が積もり、雪が舞い、時折雷鳴も轟く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木曽義仲首塚供養祭@法観寺(八坂の塔)。

1月20日、八坂の塔の名で知られる法観寺で「木曽義仲首塚供養祭」に行って参りましたので、その様子を。まずは、義仲の首塚の画像から。次の画像左端の五輪塔が首塚です。 高校時代の古典の時間に『平家物語』で「木曽義仲の最期」を読んだ方も多いでしょうが、ご承知の通り、義仲は粟津で死亡し、お墓は大津市の義仲寺(ぎちゅうじ)にあります。ですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祇園のえべっさん:えびす船巡行・福娘篇@八坂神社・蛭子社祭。

1月9日の「えびす船巡行」の報告第2弾は福娘篇。まずは、こちらの画像から。四条通の商店に福娘が口上を述べた後、福笹を授与している場面です。 15時前、石段下脇に集合した福娘さんたちは、掛け声と口上の文言を各TEAMで練習して出発を待ちます。15時になると、高張提灯を先頭に「えびす船」一行の出発です。ブロンズ(だと思います)の蛭子(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祇園のえべっさん:えびす船巡行・七福神篇@八坂神社・蛭子社祭。

1月9・10日は八坂神社蛭子社(えびすしゃ)の蛭子社祭(祇園のえべっさん)。9日には七福神の乗る「えびす船」が巡行します。今年は七福神篇と福娘篇に分けてUPします。ということで、七福神篇の最初の画像はやはり蛭子さん。 蛭子船巡行は石段下を15時に出発!…なのですが、その前に蛭子社前で神事が行われます。次の画像テント下には毘沙門天等…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞妓さんが残り福祭で授与する福餅搗き(餅搗き神事)@京都ゑびす神社・初ゑびす。

京都ゑびす神社の通称:初ゑびすは、実は招福祭(8日) ・宵ゑびす祭(9日)・十日ゑびす大祭(初ゑびす=10日)・ 残り福祭(「11日)・撤福祭(12日)と5日間にわたるのですが、8日午後には湯立神事の後、餅搗き神事が行われます。ということで、まずはこの画像から。 いや、お餅搗き、大好きなんですよ(笑)。で、湯立神事は涙を飲んで割愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖護院の山伏さん、寒中托鉢修行に出立!

聖護院では、山伏さんが毎年1月8日から14日まで京都市内の信者さんのお家を回る「寒中托鉢修行」を行います。本日はその出立までの様子を。まずは、聖護院の宮城泰年門主に敬意を表して。 行者橋が聖護院に到着したのは12時少し前でしたので、山伏さんが全国からお見えになっているので準備中ながら若干慌ただしい気分。山門をくぐると、山伏さんたち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東映太秦撮影所の女優さん、宝恵駕籠社参@京都ゑびす神社・初ゑびす。

四條南座の南方に位置する京都ゑびす神社では、8日から12日まで「十日ゑびす大祭(通称:初ゑびす)」が開催されますが、8日の招福祭と9日の宵えびす祭に、東映太秦撮影所の女優さんが宝恵駕籠(ほえかご)に乗って社参されます。まずは、こちらの松島紫代さんの画像から。 8日はもうお1人・永瀬楓さんも社参されました。続けて2枚。そして、最初の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花遊小路「江戸川」前での餅搗きの光景:2019年12月28日。

昨年はUPしませんでしたので、2年ぶりに花遊小路(かゆうこうじ)奥の「江戸川」前での行われた餅搗きの様子を。まずは、お子様2人がお兄さんの助けを得て、お餅を搗いている場面です。 花遊小路新京極通と四条通を結ぶ短い通りで、こちらが四条通側の入口。同じお店が通りの両側にあるので、知らないとお店に入る感じになります。以前は靴屋さんでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more