テーマ:歌舞伎・宝塚・芝居

今年のまねき上げは、役者さんのご挨拶が無く残念でした!

11月25日9時から、恒例の四條南座のまねき上げは行われましたが、まずはセレモニーが終わった直後の画像から。 こちらがセレモニー直前のまねきの様子。下の段右端が空いています。続いては、地上に立てtられた口上を記した大まねき。上演される演目の内容が織り込まれていますが、今年は略。残りのまねきは前日の深夜から早朝にかけて上げられます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び、四條南座まねき上げ:2018年11月26日。

四條南座で、10月25日に続いて11月26日にも“まねき上げ”が行われました。2カ月連続のまねき上げは22年振りとか。“南座発祥四百年 南座新開場記念”・“當る亥歳 吉例顔見世興行”というのは先月と変わりないのですが、今月は“白井松次郎・大谷竹次郎 追善”の文字が。まずは、こちらの画像から。 まねきの入れ替えは、昨夜遅くから今朝に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四條南座「當る亥年 吉例顔見世興行」の“乍憚口上”を読む(笑)。

明日、新たに開場する「四條南座」では、例年、吉例顔見世興行で“乍憚口上”と題された挨拶文が細長い駒札上の板に記されます。最初の画像が、その“はばかりながらこうじょう”ですが、「顔見世や阿国見守る鴨川の。」で始まる七五調の文が良いので、本日はその内容を絵看板と合わせて、ご紹介(笑)。 絵看板と“乍憚口上”の位置関係は次の画像の通り。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大失敗! 「南座発祥400年 南座新開場 祇園お練り」撮影。

いやぁ、まいった! 「南座発祥400年 南座新開場 祇園お練り」(以下、お練り)の撮影は見事に惨敗!69人の歌舞伎役者さんの人気の程と歌舞伎ファンの熱情を思い知らされました(笑)。五花街の舞妓さんの画像を添えて、辛うじてUPできる画像を。「文士と役者は呼び捨て」という古い慣習に従い、まずは太和屋!坂東彌十郎! 最初の画像左端は(事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

10代目松本幸四郎@四條南座まねき上げ:2018年10月25日。

10月25日の朝行われた“「四條南座」まねき上げシリーズ”第2弾は、10代目松本幸四郎篇です。いや、行者橋、幸四郎さんの大ファンという訳ではありませんが、折角、極々近くでお姿を撮影できたので、ファンの皆様に…と思いまして(笑)。まずは、超大写しの画像から。 松竹関係者の皆様のご挨拶等が終った後、[高麗屋!」の掛け声が飛び交う中、幸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2年ぶり、四條南座まねき上げ:2018年10月25日。

2年9カ月の耐震補強工事等を終えた「四条南座」の再開場を祝し、今年は2回行われる“當る亥歳 吉例顔見世興行”の出演者の看板(まねき)を上げる“まねき上げ”が、10月25日朝、例年よりひと月早く行われました。25日には10代目松本幸四郎が登場!(2枚UPします)で、幸四郎篇は後日UPしますが、まずはこちら。 まねき上げは毎年11月2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おめでとう!…夢奈瑠音、『グランドホテル』の新人公演で初の主演に決定!

娘から「大変です」というタイトルのメールが届いて、「地震で家が壊れたか!」と思って開くと、ポロニア学園(仮名)に在籍していた夢奈瑠音(ゆめな るね)が宝塚歌劇団月組作品として上演される『グランドホテル』の新人公演(1月17日)で初主演決定!という情報が…。いやぁ、めでたい! 最初の画像は、夢奈瑠音(昔から、文士と役者は敬称略と言い…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

“ブロードウェイミュージカル『CHICAGO』 宝塚歌劇OGバージョン”で華月由舞の活躍を拝見!

ポロニア学園(仮名)出身のジェンヌさん・華月由舞(教え子なので、行者橋、偉そうに呼び捨てですが、まぁ昔から役者と文士は敬称略というのが通例ですので…)が大阪で舞台に出るとのことで、娘にチケットを頼んで行ってきました。まずは、梅田芸術劇場メインホール前に掲示されていたポスターの画像から。 宝塚ファンの皆様に最初に申し上げておきますが…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「よしもと祇園花月」で松竹新喜劇を観てまいりました。

いつも利用しているスパーマーケット「フレスコ」で、“「よしもと祇園花月」の貸切公演にご招待”というキャンペーンを行っていたので、応募したら招待券が送られてきたのでテクテク。最初の画像は「どうぞ写真を撮って下さい」とアナウンスのあったお客様の登場する場面です。 「よしもと祇園花月」は、祇園会館を会場にして2011(平成23)年5月か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爽やかな秋空のもと、大阪平成中村座の昼席を観てまいりました。

5年ぶりに大阪平成中村座(以下、中村座)が開催されるというので、ポロニア学園(仮名)の卒業生の保護者で、中村勘九郎&七之助兄弟のマネジメントをしていらっしゃる方にお願いして席を取っていただき、大阪城西の丸庭園にGO!最初は大阪城(画面右)を背景にした中村座の画像を。 西の丸公園の中をズンズン歩いていくと、中村座の舞台奥からの光景が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四條南座夏休み特別舞台体験:2015年8月10日。

日昇別荘の女将さんから、四條南座夏休み特別舞台体験の招待券をいただきましたので、早速行ってきました。で、最初の画像はこちらなのですが、さて何でしょう。正解は最後に。 松竹さんのHPでは四條南座となっているのですが、以下は南座で。こちらはお馴染みの画像。南座の中には、色々な像や“まねき”等、ご紹介したいものも多数あるのですが、今回は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四條南座九月花形歌舞伎「通し狂言 壽三升景清」三升席の話。

市川海老蔵主演の「通し狂言 壽三升景清」については、すでに宮川町の舞妓さん・芸妓さんが総見をした時の様子をUPしましたが(こちらをご参照下さい)、本日はその三升席の話を。これが舞台上に三升席が準備された時の様子。 行者橋は、初日(9月2日)の昼席で『解脱』を三升席で観たのですが、22日に昼席を通しで観に行き、自分の座った三升席を改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何年振りだろう、宝塚バウホール&…。

宝塚歌劇・月組のバウホール公演『New Wave-月-』を観てきました。予め、熱心なヅカファンの皆様にお断りしておきますが、行者橋、宝塚に関しては素人ですので、失礼な点があってもお目こぼし下さい(笑)。今回の観劇の目的も夢奈瑠音さんの応援です。 この建物を見るのも、実に久し振り。この前来たのが、もう何年前か忘れましたが、いつ見ても…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

続き:速報!「京都四條 南座」のまねき上げ…夜の準備の見学は寒かったぁ~!

珍しく、1日2回UP(笑)。…とまぁ、ようやくまねき上げだったのですが、この前の休憩が長かった(泣)。何か打合せがあったのかもしれません。関係者の皆様は暖かい南座の中でしたが、行者橋他、見物人は外でしたので、いやぁ本当に寒かった。2時くらいには始まるかなという話だったのですが、結局、2時45分頃に再開。 ということで、まずは上段真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

速報!「京都四條 南座」のまねき上げ…夜の準備の見学は寒かったぁ~!

11月25日は恒例、「京都四條 南座」のまねき上げが行われますが、まずは、今年襲名披露をする4代目市川猿之助(市川亀治郎改メ)と9代目市川中車(香川照之)が挨拶をしている画像から。 まずは朝9時前の南座の様子ですが、画面右に最後のまねきを上げるための足場が組まれています。昨年は雨でしたが、今年も今にも雨が降りそうな気配。関係者・観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元ジェンヌさん:華月由舞・沢希理寿・天宮菜生のコンサートに行ってきました。

華月由舞(はなづき ゆま・敬称略:以下同じ)は宝塚花組の娘役だったジェンヌさんですが、行者橋にとっては58期赤のEriko(仮名)です(笑)。その“ゆまちゃん”(とファンからは呼ばれているようです)が同期の沢希理寿(さわき りず)・天宮菜生(あまみや なお)と開いたコンサートに6月20日に行ってきました。 Erikoの同期・宝塚歌…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中村勘三郎さんが亡くなるなんて…、新しい歌舞伎座でのこけらおとしの復帰を楽しみにしていたのですが。

南座での“まねき”の横を通る度に、「本当なら勘太郎の6代目勘九郎襲名の口上の舞台には勘三郎さんがいて当然なのに…、勘三郎さんが一番無念だろうなぁ!」と思っていたのですが、12月5日の早朝、こともあろうにその勘三郎さんの訃報が…。 行者橋の亡くなった女房が勘九郎時代から勘三郎さんの“おっかけ”だったものですから、“門前の小僧”状態で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

中村勘三郎の『文七元結』は笑えて、泣けました!@大阪・新歌舞伎座:千秋楽。

昨年秋、大阪平成中村座の公演の時にもお世話になった卒業生の保護者の方から、中村勘三郎率いる“新歌舞伎座 新開場一周年記念公演 九月松竹大歌舞伎”にご招待いただいたので、大阪は上本町(うえほんまち、と読みます)まで行ってきました。 難波(なんば)にあった前の新歌舞伎座は、建物こそ京都・南座のように桃山風でしたが「歌舞伎公演をしない劇…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

『オペラ座の怪人』@京都劇場。

卒業生のAlicoさん(仮名:保険の会社ではありません:笑)が、京都劇場で上演される劇団四季のミュージカル『オペラ座の怪人』の初日を目指して上洛してきました。 Alicoさんは主役の“ファントム=オペラ座の怪人”を演じる高井治さんの熱烈なファン(あっ、高井さんLOVE♡♡♡♡b…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

市川海老蔵さんのまねきは。

新たに婚約指輪消費税問題も浮上し、市川海老蔵さんの周辺はますます騒がしくなってきましたが、京都・南座のまねきから、“市川海老蔵”が外されました。 いつ外されたのかは、行者橋、正確には把握していないのですが、退院後の記者会見で松竹側の「処分」が発表された時点ではないかと思っています。上の画像では分かりにくいと思いますので、チョッとピ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都・南座の…。

“當る卯歳 吉例顔見世興行”が始まりました。実は行者橋、“市川海老蔵事件”がTVであれだけ報道されていたにも関わらず、12月1日が初日だとばかり思っていたものですから油断していました(笑)。 11月30日の朝、用事があって四条の南座前を通りかかった時、人だかりとTVカメラの多さで「あっ、今日が初日だったんだ!」と気付いた次第です。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大阪平成中村座。

中村勘三郎さんのお仕事に関わる卒業生の保護者の方がいらっしゃって、「立ち見席ですけど…」ということでお招きにあずかりました。大阪平成中村座11月公演・夜の部『夏祭浪花鑑:なつまつりなにわかがみ』です。 亡くなった女房が勘三郎さんの“追っかけ”だった関係(笑)で、行者橋も門前の小僧よろしく歌舞伎を観るようになったのですが、この演目は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝塚歌劇『スカーレット ピンパーネル』を観てきました。(後篇)

ようやく宝塚大劇場に入れそうです(笑)。 華月由舞さんの「文化祭」はバウホールだったので、こちらは初めてです。さて、今回初舞台に立つのは夢奈瑠音(ゆめな るね)さんです。チョッとピン甘でご免なさい。下の写真も含め、ソフトフォーカスということで勘弁して下さい(笑)。お母様・お父様にお会いしてチケット・プログラムをいただき、早速、中に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

宝塚歌劇『スカーレット ピンパーネル』を観てきました。(前篇)

天皇誕生日、おっと、今は昭和の日でしたね。まぁ、どちらにしても4月29日ですが、宝塚歌劇を観てきました。以前勤めていた学校に在籍していた生徒が宝塚音楽学校を卒業し、この度、第96期生として晴れて初舞台に立ち口上を述べるというので、お母様からご招待を受けたのが真相なのです。恐縮っ&感謝! という訳で、久しぶりに阪急電車に乗った次第で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more