テーマ:映画

『劇場版 おいしい給食 Final Battle』は、主人公がとてもエキセントリックで面白い映画なのに…。

行者橋、珍しく真剣に(笑)昨年10月から12月の夜遅くKBS(京都放送)で放送されていた『おいしい給食』(全10話)を視聴しました。最後(10話め)の「二人だけのカレーライス 」篇は、涙なくしては語れない師弟愛に満ちた感動作(笑)で、終結を残念に思っていたら、映画になるとのことで、公開を心待ちにしていました。ということで、本日は『劇場版…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二条城撮影所跡@二条城西(押小路通美福通角)。

本来、今日は「第23回京都駅ビル大階段駈け上がり大会」を撮影に行き、その様子をUPしようと思っていたのですが、あいにくの雨だったので断念。ということで、映画関連の記事をUPします。まずはこちらの画像から。 「二条城撮影所跡」というタイトルの説明版とフィルムとカメラのデザインがされた(何となく)スクリーン風の石碑(モニュメント)です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『今日も嫌がらせ弁当』は、観る分には面白いのですが…。

3月末で東京での映画倫理委員会の仕事が終わったため、試写会に出向くことも絶えて久しく、公開前の映画をお薦めできなくなっているのですが、本日は今週末公開の『今日も嫌がらせ弁当』のご紹介です。ご存知の方も多いでしょうが、有名なブログの実写化です。*画像は(C)2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会 実話に基づくSYORYを簡単に言う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東映映画村では、外国のお客様向けのEVETも…。

映画倫理委員会年少者映画審議会(以下、年少者TEAM)@京都で“東映撮影所&東映映画村見学”に参りましたが、振り返ってみれば、今まで何度も訪れたことのある東映映画村をUPしてきませんでしたので、その様子を。まずは、こちらの妙に愛嬌のある忍者の画像を。 普通は(二条城東大手門がモデルといわれる)正門入口にあたる東映城大手門から入場し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『ボヘミアン・ラプソディ』で、フレディ・マーキュリーが金閣寺に行った証拠を発見!(笑)。

明日・11月24日はバンド「クイーン」のメインボーカルのフレディ・マーキュリーの命日(1991=平成3年)とのことで、公開中なのですが、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の話題を。NETで確認すると、映画のSTORYと実際の話が違っている場面も多いようですが、実に見応えのある感動的な映画でした!*画像は(C)2018 Twentieth C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼、樹木希林さん:映画『日日是好日』は遺作ではないそうですが。

9月16日に女優・樹木希林さんがお亡くなりになったというNEWSが届いた時、行者橋は正直なところ「来るべく日が来てしまったか」と思ってしまいました。本日は映画『日日是好日』のお話を。*画像は(C)2018「日日是好日」製作委員会 今でこそ、樹木希林という名前に馴染んでいますが、行者橋が最初にお見掛けしたのはTVドラマ「七人の孫」で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『食べる女』は出演女優陣が豪華な作品なのですが…。

9月15日、女優の樹木希林さんがお亡くなりになったので、急遽、『日日是好日(にちにちこれこうじつ)』を取り上げようかと思ったのですが、公開日が1カ月近く先ですので、本日は予定通り、21日公開の『食べる女』を。女優陣が凄い!*(C)2018「食べる女」倶楽部 一応、小泉今日子が主演といって良いと思いますが、設定は古びた日本家屋の古書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供は悩むよねぇ(笑):映画『パパはわるものチャンピオン』の話。

9月21日に公開される映画を2本ご紹介したいと思っておりまして、少し早いのですが、まず1本。ということで、珍しく2冊の絵本が原作の『パパはわるものチャンピオン』を。*(C)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会 STORYは以下の通り。人気・実力ともに兼ね備え、エースレスラーとして活躍していた大村孝志(棚橋弘至)は膝の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『泣き虫しょったんの奇跡』を観て、ホンの少しだけ考えたこと。

1998(平成10)年、A級在籍中に28歳で夭折した村山聖(むらやま さとし)棋士を描いた映画『聖の青春』が2年前に公開されましたが、今回ご紹介する『泣き虫しょったんの奇跡』も将棋の世界のお話です。“しょこたん”と読んでしまった人、間違い(笑)。*画像は(C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社 『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『空飛ぶタイヤ』は結論が分かっていても…&もう1本、映画『家に帰ると…』の話を。

映画『空飛ぶタイヤ』は、2002(平成14)年1月に起きた“横浜タイヤ脱落母子3人死傷事故”と三菱自動車工業(当時)のリコール隠しという実話をモデルにした小説が基になった作品です。小説の原作者は池井戸潤。ということで、こちらがポスター。*画像は(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会 基本的なSTORY展開は、池井戸原作のTVドラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーランドにもこんな歴史が…映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』の話。

第2次世界大戦中、ナチスからユダヤ人の命を救ったエピソードを描いた映画では『シンドラーのリスト』や『杉原千畝 スギハラチウネ』が有名ですが、ポーランドの救済劇を描いたのが今回ご紹介する『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』です。*画像は(C) 2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公開前に邦題でもめた『ドリーム』は小気味良さを感じる、優れた映画です。

当初、ご紹介する予定だったのは『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(9月23日公開)なのですが、疑問に思う設定があり、しかもそれを上手く説明できないので(笑)、その次にご紹介する予定だった『ドリーム』を。実話に基づく映画です。*画像は(C)2016 Twentieth Century Fox 『ドリーム』は、1962(昭和37)年にマーキュリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『おとなの恋の測り方』:久し振りのフランス映画らしいお洒落な映画です!

行者橋、身長は165cm(公称:笑)ですが、中学・高校に通っていた頃はせめて170cmを超す身長にならないかなぁと真剣に思っていました。そのことはともかく(笑)、今回ご紹介する映画『おとなの恋の測り方』は超小柄な男性と長身の女性のラヴ・コメディです。*画像は(C)2016 VVZ PRODUCTION-GAUMONT-M6 FILMS …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『疾風ロンド』はなかなかの出来の娯楽作だと思います(笑)。

このところの阿部寛の活躍ぶりは目を見張るものがありますが、明日(11月26日)から公開される『疾風ロンド』でも、ドジな研究員役をうまく演じています。*画像は(C)2016「疾風ロンド」製作委員会 行者橋、未読なのですが、原作は東野圭吾の文庫本書下ろし作『疾風ロンド』(2013=平成25年11月・実業之日本社刊)で、発売10日間で1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島つながりで、映画『この世界の片隅に』の話を。

前回に続いて、今回ご紹介する映画『この世界の片隅に』もアニメーションです。原作者は広島出身のこうの史代。*画像は(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 こうの史代は、原爆投下後の広島市を描いた漫画で、田中麗奈主演の映画にもなった『夕凪の街 桜の国』の原作者ですが、この『この世界の片隅に』も主な舞台は呉市ですが、広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大ヒット作の映画『君の名は。』なのですが、65歳のおっさんにはどうしても気になる点が…。

ここ45年くらい、平均すると年間に180本前後、映画を観ている行者橋なのですが、観終わっていつも疑問にとらわれるジャンルがあります。それがタイムワープ(タイムトラベル)物です。現在、異常な人気と言っても良いのではないかと思われる『君の名は。』でも、やはり…(笑)。*画像は(C)2016「君の名は。」製作委員会 まだご覧になっていな…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

映画『ペレ 伝説の誕生』は素直に感動できて、色々なことを学べる優れた作品です。

今回は公開までに2週間あるのですが、『ペレ 伝説の誕生』を。いや、「J2・横浜FCのキングカズ(三浦知良)が、6月19日にJリーグ最年長得点記録を49歳3か月24日に更新」とか、「スウェーデン7部リーグの試合で、主審に対し“握りっ屁”をした選手が退場処分に」等、サッカーの記事が続いたので(笑)、早めに。*画像は(C)2015 Dico …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『殿、利息でござる!』を観て、江戸時代の人々の志を思う。

劇場で映画『殿、利息でござる!』の予告篇を観ていたら、「実は実話です」というキャッチコピーが流れ、原作者・磯田道史の名が登場。磯田道史といえば、映画『武士の家計簿』の原作ノンフィクション『武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新』の著者。*画像は(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会 これは読まない訳には行かないだろう!…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画『モヒカン故郷に帰る』の海と島々は、とても懐かしい光景でした。

東京と違って、京都では試写会がほとんど無いので、ご紹介する映画が公開後のことになってしまうのですが、今回、ご紹介する作品は『モヒカン故郷に帰る』です。*画像は(C)2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会 STORYは、モヒカン頭の売れないバンドマン田村永吉(松田龍平)は、恋人の会沢由佳(前田敦子)の妊娠を機に、7年振りに東京から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『ちはやふる 上の句』の冒頭に、思いがけない場面で広瀬アリスが…。

タイトルは間違いではありません(笑)。このところ、コミックスが原作の映画がやたらに多いのですが、明日から公開される『ちはやふる 上の句』もその1つ。行者橋、原作には全く不案内なのですが、既刊29巻、実に1400万部を越す累計発行部数を誇る大人気コミックス『ちはやふる』(著者:末次由紀)を実写化した作品です。*画像は(C)2016 映画「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日、いよいよ『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(エピソード7)が公開されますが…。

2005(平成17)年の.『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』公開以来、10年ぶりに『スター・ウォーズ』全9エピソード中のエピソード7、その名も『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が、今日12月18日18時30分に全国一斉公開されます。が、清水寺経堂にこんな屏風が。 説明板によると、“『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『奇跡のひと マリーとマルグリット』を観て思い出すのは、やはりアン・バンクロフトです。

前回、公開のかなり前に映画を取り上げたので、少し反省して(笑)今回は公開直前の作品を。先月、秋篠宮紀子妃と佳子内親王もチャリティ試写をご覧になったとかで、チョッと話題になった、フランス映画『奇跡のひと マリーとマルグリット』をご紹介。*画像は(C)2014 - Escazal Films / France 3 Cinema - Rhon…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駆け込み寺の東慶寺のことは知っておりましたが…。

ひと月半ぶりの映画です。今回、取り上げるのは『駆込み女と駆出し男』で、井上ひさしの手になる短編連作集『東慶寺花だより』という原作を映画化した作品です。が、残念ながら、行者橋はこの原作を読んでいないので映画に即して以下の話を進めていきます。*画像は(C) 2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会 時代は老中・水野忠邦が質素倹約令をは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本アカデミー賞新人俳優賞に1票!…『ソロモンの偽証』の主役・藤野涼子の今後の成長が楽しみ。

ご存知、宮部みゆきの原作を映画化した作品です。原作は3部作なのですが、映画は『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』(以下、前篇・後篇)と2部建てになっています。最初に前篇のチラシを。*画像は(C) 2015「ソロモンの偽証」製作委員会 行者橋、3月に映倫の仕事で東京に戻った時、松竹本社試写室で前篇121分・後篇146分を続けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら』の永作博美がカッコ良い!、そして渋谷すばるが…。

今年は、ここ数年の体たらくを返上すべく、無謀にも“映画観賞本数、年間200本!”の目標を立てた行者橋なので(笑)、映画の話題を多くしております。で、今回は今週末に公開される永作博美と佐々木希が共演する『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』のご紹介です。まずはポスターを。*画像は(C) 2015「さいはてにて」製作委員会 映画…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

インドスポーツ界の英雄、ミルカ・シンという人を初めて知りました!

映画『ミルカ』を観ておこうかなと思ったきっかけは、TVでタレントの武井壮が「いやぁ、随分前にインドでチラッと出演した映画が公開されるんですよ」と言っていたのを耳にしたからです。で、先日、その映画を観に行ったのですが、これがとても奥の深い良い映画でした。*画像は(C)2013 Viacom18 Media Pvt. Ltd & Rakey…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日、公開される『映画 深夜食堂』を観たら、“たこさんウインナー”を食べたくなりますよ(笑)。

新宿西口の大ガードをくぐり、靖国通りのネオン輝く歌舞伎町の画面が流れてくると、「1日が終わり 人々が家路へと急ぐ頃 俺の1日が始まる 人は深夜食堂と言ってるよ」というナレーションに続き、「君が吐いた白い息が…」と主題歌がかぶさってくるTVドラマ「深夜食堂」が『映画 深夜食堂』として、映画館に…。*今回の画像はすべて(C)2015 安倍夜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野球映画3本!…試写室で1本・映画館で1本・まだ観ていないけど楽しみな1本(笑)。

実に10カ月振りの映画紹介です。毎月、10本前後は観ていたのですが、妙にお薦めするタイミングを失って、ズルズルときてしまいました。ということで、今回は『バンクーバーの朝日』『アゲイン 28年目の甲子園』『KANO 1931 海の向こうの甲子園』を。まずは、試写室で観た『アゲイン 28年目の甲子園』から。*画像は(C)重松清/集英社 (C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『大統領の執事の涙』は感銘深い映画です。加えて…。

今回ご紹介する映画『大統領の執事の涙』は、実際にホワイトハウスでバトラー(執事)を34年間勤めたアフリカ系アメリカ人ユージン・アレンという人の体験にインスパイアされて作られた映画だそうです。*画像は(C)2013,ButlerFilms,LLC.AllRightsReserved. “黒人奴隷”の身から綿花農家の家働きの下男、ホ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

黒木華が…、松たか子が…、その2人の…。

『小さいおうち』という映画のタイトルを聞けば、やはり絵の名作『ちいさいおうち』(バージニア・リー・バートン:作 石井桃子:訳 岩波書店:刊)を思い出してしまいますが、この映画に登場する小さな家もなかなかユニークで魅力的です。*今回の画像はすべて(C)2014「小さいおうち」製作委員会 物語は1936(昭和11)年から次第に戦争が拡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more