テーマ:

京都御苑の桃:2020年3月18日。

先日、京都御苑の枝垂れ桜(近衛邸跡&出水)を確認に行った際、梅林には梅の花が残り、桃林には桃の花が咲いていて、花盛り状態だったのですが、桃の花はまだUPしていませんでしたので、18日に撮影にチャリチャリと出かけました。で、まずはこのピンクの桃の版を。 桃林は梅林の北側に続いているのですが、有名な蛤御門(はまぐりごもん)の近く(南東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都御苑梅林の梅・桃林の桃:2020年2月28日。

京都(の無料orお安いお値段=お酒関係を除く:笑)で開催される伝統行事&EVENTをご紹介するのが、このブログの主目的なのですが、ここへきて一気に各種催しや施設が活動休止となったため、気分としては「しばらく休もうか」と思っているのですが、とりあえず京都御苑の梅等の画像が残っていますので、それをUPします。まずは、最後に撮影に行った中山邸…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都御苑の梅・蝋梅・十月桜:2020年2月28日。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政府が「3月2日から全国の小中学校・高校・特別支援学校の臨時休校」という異例の要請を発表する事態になり、先が見えませんが、行者橋は丹山酒造の酒蔵見学や東山花灯路の行事が中止になり、一気に楽しみが消えてしまい落胆しております。やむなく、京都御苑の梅等を観に行こうかとチャリチャリ。まずは黒木の梅の画像…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初弘法で名前を知らない花を探してみました(笑)。

弘法市は何回もUPしていますので、初弘法では名前を知らない花や知っていても現物をハッキリ知らない花を撮影してみました。まずはこちら。値札にはオダマキとありましたが、セイヨウオダマキというのが正しいようです。 以下、枚数も多いのでコメントを短めに。こちらはセッコク。続いては、値札には金運樹とあったのですが、NETで検索してもHITし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北野天満宮の早咲きの梅を愛でに行ってみました。

1月10日、去年のこの時期には、北野天満宮の梅が少し咲いていたなぁと思い出し、今出川通に用事もあったので、確認に行ってみました。まずは、こちらの画像から。 本殿裏に檜皮の屋根も新しく、社殿の朱色も鮮やかな地主社の西隣前にあった梅で、「雲龍梅」の木札がありました。枝がクネクネとなっていることから名づけられたようです。上の画像奥が地主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寺町通・藤袴祭、再びあれこれ。

一昨日はフジバカマ(藤袴)とアサギマダラ(浅葱斑)に焦点を当てて、寺町通の藤袴祭の様子をご紹介しましたが、本日はそれ以外の様子を少々。寺町通の歩道には鉢植えのフジバカマが並べられていますが、まずはこちらの画像から。 画像右上に明るい褐色の蝶が写っていますが、おそらくはオス(雄)のツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)だと思います。次の画像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フジバカマ&アサギマダラ@寺町通・藤袴祭。

毎年、寺町通(一部、丸太町通)ではフジバカマ(藤袴)の鉢を並べて愛でるというEVENTを行っているのですが、今年で5年目。その様子を2回に分けて。第1弾はフジバカマに集まる蝶・アサギマダラ(浅葱斑)をメインに。まずは、こちらの画像から。 フジバカマは絶滅危惧種に指定されているのですが、この藤袴祭を主催している「源氏藤袴会」は、19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平安神宮神苑、秋の無料公開!

平安神宮では春と秋に神苑を無料公開して下さるので、朝、チャリと行ってきました。これまでに何度も桜・睡蓮・萩をメインにUPしてきましたので、今回は樹木などを交えて。ということで最初の画像は枳殻(カラタチ)。 棘(とげ)が痛そうです(笑)。続いては、桂(カツラ)。葵祭では、双葉葵とセットで「葵桂」として髪飾りに使いますね。こちらが双葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都国立博物館正門前の百日紅。

現在、京都国立博物館(以下、京博)では「ICOM京都大会開催記念 特別企画 京博寄託の名宝 ─美を守り、美を伝える─」という特別展示が開催されているので、7日は無料公開の日でしたのでチャリ、と行ってきました。京都は真夏のようなとても暑い日が戻ってきているのですが、その暑さに似つかわしい百日紅(サルスベリ)を。ピンクの花弁が青空に映えます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤森神社の紫陽花!

6月16日に藤森神社紫陽花祭での蹴鞠奉納を拝見に行った時に見かけた紫陽花を。藤森神社では紫陽花の咲く頃に2つの紫陽花苑が有料公開されますが、外からも覗けますし、他の場所にも沢山咲いています。まずは、こちら。「ハート形に見える!」と強引に言ってしまいましょう(笑)。 以下、何となく形態が似通ったグループに分けて、ご紹介。まずは行者橋…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナツツバキ&青モミジを愛でる@智積院の青葉まつり。

6月15日の智積院での青葉まつりは、青モミジや紫陽花等が楽しめる上に、お練り行列・慶祝法要・柴燈大護摩をも拝見できますし、さらに長谷川等伯・久蔵父子の手になる国宝・障壁画や名称庭園が無料で拝観可能、とどめは諸堂を参拝すればお守りが無料でいただける有難い行事です。で、まずはこちらの画像から。 知恩院そばのマンションから智積院までは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大田神社の燕子花が美しい!:2019年5月5日。

ブログ再開でめでたい!…と思っていたら、スマートフォンからは見られないというシステム上のトラブルが発生したようで、前途困難な空気が…・(笑:現在は復旧)。京都に帰ってからの素材もあるのですが、若干、慌ただしい状況なので、以前のものを。ということで、大田神社の燕子花(カキツバタ)を。 そうです、日付に注目された皆様お察しの通り、上賀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蹴上のつつじ・2019:5月3日。

またまた恒例!蹴上浄水場での“蹴上(けあげ)のつつじ”見学報告です。まずは、こちらの画像から。北側の通用口から入場して少し上った場所にある躑躅です。 今年の公開日は4月24日&5月3~5日。“鳥羽の藤”同様、京都市上下水道局のHPで確認していたら、24日は緑一色。3日には見頃!と判断して、チャリチャリチャリといったのですが、色違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥羽の藤・2019・後篇:4月26日。

鳥羽の藤・後篇は「いかにも藤!」という画像から。 鳥羽水環境保全センターの藤棚のメインは長さ120mに及ぶのですが、こちらがそのスタート部分。次の画像地面のピンクはシバザクラ(芝桜)です。上の画像に見える藤の流れが細くなった所に少し変わった赤紫の花の木が一株。いわゆるノダフジなのかヤマフジなのかは不明なのですが、大写し画像がこちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥羽の藤・2019・前篇:4月26日。

恒例!鳥羽水環境保全センターでの“鳥羽の藤”見学報告前篇です。ここには、120mにおよぶ藤棚が有名なのですが、本日はその手前にある3箇所の藤の様子を。ここには、行者橋の好きな白い藤があるのです。まずは、こちらの画像から。 今年の公開日は4月19日&26~28日なのですが、京都市上下水道局のHPで確認していたのですが、19日は流石に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポロニア学園&仙川で見かけた花、あれこれ:2019年3月17日。

東京での41期青・ひのえうまの会プチ同窓会の後、京都に戻る時に見かけた桜等を。と言いながら、最初の画像はこちら。ポロニア学園(仮名)に植えられていたヒマラヤユキノシタという花です。 ユキノシタといえば、次の画像のような白い花を思い出しますが、随分イメージが違いますね。ユキノシタの全体像と花の部分の大写しを2枚続けて。*上の2枚の画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下御霊神社の紅梅・白梅&梅和祭の様子を。

下御霊神社には、本堂横にかなり大きな紅梅が2本、天満宮社の前に小さな白梅が1本ありますので、その様子を。合わせて、3月10に開催された梅和祭(うめなごのまつり)の神事の一部を。まずは、紅梅の大写し。 3月8日に訪れた時の全体の光景は、こんな感じです。次の画像右が本殿、左が社務所。上の画像右の紅梅の下には、“八重の紅梅 三月上旬見頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都御苑の梅を愛でる!:2019年3月7日。

「そろそろ、京都御苑の梅林の梅の多くが見頃になっているだろうなぁ」と思って、チャリチャリ。まずは1本の木に白梅と紅梅の両方が咲いている画像から。 丸太町通に面した堺町御門から御苑に入ると、目の前は鷹司邸跡なのですが、その西、建礼門院前大通りの角に大きな、とても目立つ梅(その1)があります。紅梅です。全体としては、4分か5分程度の咲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

32期緑Komacchanと北野天満宮&同志社大学の梅を愛でる!

32期緑Komacchan(仮名)がお出でになりましたので、八坂神社の舞妓さんの豆まき等をご案内したのですが、本日は4日に訪れた北野天満宮&同志社大学の梅の様子を。ご一緒に見えるはずの同期のお友達のご都合がつかなくなって、勇躍、お1人で上洛です。まずは北野天満宮で紅梅を撮影中のKomacchanを。 4日朝、北野天満宮へ。梅苑は8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖護院の梅にはメジロと猫が。

節分ということで、聖護院や須賀神社を回って歩いたのですが、荘厳の境内に白梅があり、そこにメジロ(目白)が蜜を吸っていましたので、思わずパチリ! 梅の木の全体像はこちら。実は、良く見ると中央の水平になった大きめの枝の上に白い猫(の置物:以下、置物は略)がちょこんと座っているのですが…。こちらが、その白い猫の大写し。梅の木の下にも猫が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北野天満宮で超早咲きの梅を愛でる!

数日前、「北野天満宮で梅が開花しました」というTV-NEWSが流れたので、二条駅の映画館に行ったついでに足を延ばしてみました。まずは、こちらの画像から。八重咲の紅梅です。 とても綺麗な紅梅です。場所は、楼門をくぐって三光門を経て本殿に向かう参道の曲がり角、丁度、絵馬所の 前で庭園との分かれ道の所です(次の画像の赤枠部分)。*上の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泉屋博古館別館で見かけた桜&花々を。

随分前に画像をチョイスしておきながら、UPしそびれていた、東京・六本木の泉屋博古館(せんおくはくこかん)別館で見掛けた花々を。まずはこちらの冬桜(だろうと思います)を。 本当はもっと近寄って花の大写しを撮りたかったのですが、立入禁止地域の奥にあるので、行者橋の持っているコンパクト・デジタルカメラでは、あれが現℉なのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平安神宮が、台風で中止になっていた神苑の無料公開を実施してくれました!

毎年、春秋に無料公開されている平安神宮神苑が今秋は9月19日に予定されていたのですが、台風21号の被害を受け、結局中止になっていましたが、苑内の整備が完了したとのことで、10月1日に実施されました。園内がどうなっているのか、とても心配でしたので、チャリ。まずは、この画像から。 今回は、一応、「花」に分類しましたが、花は余り出てきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萩の寺、萩の神社:梨木神社篇:2018年9月17日。

常林寺の萩の後は、梨木神社の萩です。が、こちらは常林寺よりも花は遅く、まばらにしか咲いていませんでした。実は22日から24日に奉納行事や神事が予定されていますので、そのあたりが見頃になるかもしれません。それはともかく、まずはこちらから。 紅白混じった花は珍しい気がします。同じマメ科のソラマメ(蚕豆)の花を思い出しました(笑)。で、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

萩の寺、萩の神社:常林寺篇:2018年9月17日。

そろそろ萩の花が咲くころだと思い、京阪線出町柳駅南、川端通に面した常林寺へチャリチャリ。正式名は光明山摂取院常林寺。1573(天正元)年、念仏専修僧・魯道(ろどう)によって創建された、浄土宗のお寺です。まずはこちらの萩の花の画像から。 次は正面入り口。普段は人影とて無いお寺なのですが、敬老の日(今年は9月17日)は萩供養の日なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京で見かけた花等を:2018年5月。

何となく毎年5月に東京に帰ると花に目が行ってしまうのですが、今年も(笑)。まずはこの花。見た瞬間、花弁に見える部分がピンクだったのでハナミズキ(花水木:アメリカヤマボウシ)かと思ったのですが、同じミズキ科のヤマボウシ(山法師)です。 花弁に見えるのは総苞(そうほう:本来は蕾を包む葉っぱ)で、中心の緑色の塊が花序(かじょ:まぁ、花の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貴船・鞍馬の新緑を38期緑Yokkoと愛でる!

38期緑のYokko(仮名)が京都に見え、神戸で用事を終えたお母様と合流するという連絡があったので、合流までの間、新緑の貴船・鞍馬を楽しむことに。ということで、今回は緑に満ち溢れています(笑)。まずは、お馴染み叡電(叡山電鉄)の市原駅~二ノ瀬駅間の“もみじのトンネル”の画像から。 出町柳駅から電車に乗った訳ですが、紅葉(こうよう)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅宮大社神苑でアヤメ科の花々をメインに楽しむ…と、思いがけない発見も。

5月3日の朝、梅宮大社(うめのみやたいしゃ)神幸祭の大神輿巡行を撮るため、四条通を西へ梅津までGO!到着時は丁度、“鳴り環”を掲げた行列が神社の随身門(楼門)手前に。11時45分の大神輿出御まで30分強あったので、この日は無料の神苑の花々を愛でることに。まずは、紫色がとても鮮やかな花を。 花弁の付け根に細長く白い筋が見えますので燕…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上御霊神社の鳶尾:2018年4月28日。

“鳶尾”はイチハツと読みます。普通は“一初”や“一八”の漢字を当てますが、上御霊神社(*注)の資料には“鳶尾”としていますので、それに従います。と、能書きはともかく、この画像から。 上御霊神社は西向きに鳥居があり、そちらが正面になる形で社殿が並んでいます。そういえば、下御霊神社も西向きですね。こちらが、その鳥居と楼門。上の画像右手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の“鳥羽の藤”は予想通り…、さっぱりでした(泣)。

例年なら、まだ京都の桜の最終報告をしているのですが、今年は4月後半に異常に暖かな好天が長く続いたため、桜をはじめ花々の開花に加速がついて…という事態になっています。従って、恒例の“鳥羽の藤”もOUTだろうなぁと思いながら、公開初日(26日)に駆け付けました。まずは、こちらの画像から。 “鳥羽の藤”(4月26日~30日)の会場は「京…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more