朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 智積院の花:桔梗・萩…。

<<   作成日時 : 2010/10/04 11:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最初に智積院のキキョウ(桔梗)を。
画像
写真は結構撮ったのですが、昼日中に撮影したため紫色が飛んでしまい、これ!と思うものが無いので1点のみUPしておきます。

智積院といえば、ご存じの通り七条通が東大路通とぶつかった所にある巨刹で、長谷川等伯・久蔵父子やその一門による障壁画(国宝)で知られるお寺ですが、今日はそれらのことではなく、軽くお花等のことを。智積院はその紋所が“桔梗”で、境内にはキキョウが沢山植えられています。これが智積院の中から見た七条通です。
画像
バスが通りを見通す光景を邪魔しているのが残念ですが、桔梗紋が見えますね。境内にはキキョウの他に、マンジュシャゲ(曼珠沙華)も少しですが咲いていました。
画像
行者橋の子供時代には、畑の畔道等で良く見かけたものです。長じてから知ったのですが、花全体の持つ毒性を利用したモグラやネズミ除けの意味があったようですね。言うまでも無く、その咲く時期に由来するヒガンバナ(彼岸花)という名を持っています。マンジュシャゲは花が咲いている時期と葉っぱが出る時期が一致しないので、なかなか結びつきにくいのですが、実はスイセン・アマリリス・スノウドロップ等もヒガンバナ科の花です。智積院にはハギ(萩)もありました。これは紅いハギです。
画像
白いハギもありました。
画像
この近辺で草取りをしていた若いお坊さんたちが、上役の許可無く3時の休憩を取っても良いものかどうかで長い時間悩んでいました。行者橋がずっとそばにいた訳ではなく、通りすがりに耳にした(作業をしながら始まった)話が本堂やその他の参拝を終えて通りかかった後にも続いていたのです(笑)。そうそう、ハギといえば梨木神社が有名ですが、1週間前のハギはこんな感じでした。
画像
このところ、下御霊神社や錦天満宮で井戸水をもらっているので分らないのですが、今はもう散ってしまっているでしょうね(笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
智積院の花:桔梗・萩…。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる