朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 高瀬川の桜(4月5日):京都・2012・桜情報B。

<<   作成日時 : 2012/04/06 00:05   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

またまた桜です(笑)。しばらくは続きますので、お付き合い下さい。5日の早朝、五条通から二条通までの間の高瀬川の桜を撮影してきました。全体では、まだ6分から8分咲きという感じです。最初の画像は四条通と三条通のの間、やや三条通寄りの場所の桜です。
画像


画像
車屋橋という場所から撮ったのですが、いわゆる木屋町の飲み屋街の真ん中です(笑)。実はこの日(5日)、五条通から北に向かってチャリチャリしてみたのですが…。これが五条通のすぐそばの様子です。
画像
白く丸いのはカフェの看板です。次の画像は松原通から少し北に上がった場所なのですが、右側は格式の高い料亭が並んでいます。
画像
こちらはさらに北の場所で、かなり四条通に近づいた所です。画像を見ていただければお分かりのように、高瀬川の中にライトが設置され、夜桜が楽しめるようになっています。
画像
満開まで待っていようかと思っているのですが、夜桜の様子も近々、UPする予定です。高瀬川の桜はソメイヨシノ(染井吉野)がほとんどなのですが、一部、ヤマザクラ(山桜)系の桜も交じっています。四条通の四条小橋のすぐそばにヤマザクラです。
画像
続いては三条通の三条小橋からの光景。右が安藤忠雄事務所の設計による“Time’sT”ビルです。
画像
枝垂柳の緑、桜のピンクが美しい!で、高瀬川のスタート、“一之舩入り”の画像です。
画像
この場所は上の画像の角度が有名なのですが、“舩入り”の本質は上の画像・右手奥にあります。これです。
画像
このような船着き場&荷物の揚げ降ろし場で物資のやり取りをしていたのです。上の画像の右手は、かつての角倉了以(すみのくらりょうい)の屋敷跡で、日本銀行京都支店の敷地です。高瀬川は良く知られているように、角倉了以が造った人工の運河ですが、鴨川からの取水口はこんな感じです。
画像
上の画像の中央左からお屋敷を通過して“一之舩入り”に至るのですが、このお屋敷は元々、角倉了以の別邸で、一時は山縣有朋の別荘でもあった時代がありました。現在は「がんこ二条苑」という料亭になっています。団体客の多いお店でが、行者橋は京都に何度もいらっしゃっるのなら、1度は行っても良い場所だと思っています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高瀬川の桜(4月5日):京都・2012・桜情報B。  朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる