朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS これが最後の桜情報:造幣局・桜の通り抜けA。

<<   作成日時 : 2013/04/18 00:05   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

“造幣局・桜の通り抜け”シリーズ、第2弾です。最初は京都でもお馴染の「普賢象:ふげんぞう」。画面の右端の花にクッキリと写っていますが、雄蕊が2本伸びている様子を普賢菩薩の乗る象の鼻に見立てた名です。室町時代から京都にある桜だそうで、開花が進むと色が淡紅から白になるそうです。
画像


次はこちらも京都でもお馴染、「松月:しょうげつ」。これも淡紅から白に変わるとか。「平野撫子」に似ているそうです。
画像
次もお馴染となった(笑)黄桜・「御衣黄」です。開花が進んでいるので、赤みが強くなっています。
画像
次は「妹背」。本来、夫婦・兄妹・姉弟を意味する言葉ですが、時々、1つの花から実が2つなるので命名されたとか。風情のある名です。
画像
こちらは「一葉」。画像に見えるように、1本の雄蕊が葉化して伸びるので、命名された里桜。東京・荒川堤にあったそうです。
画像
“通り抜け”は南口から北に一方通行なので、その名がついています。元々は藤堂藩の蔵屋敷から里桜系の桜が移植されたそうで、対岸も“桜ノ宮”と呼ばれていますので、桜の多い地域だったようです。
画像
次は「二尊院普賢象」。その名の通り、京都・二尊院にあった桜だそうで、佐野籐右衛門さんが枯れる前の木から接木して残したとか。このように花弁がやたらに多いのは菊桜系ですね。
画像
次は「八重曙」。花弁がうねって出ている感じです(笑)。
画像
次は「平野撫子」。花弁に切れ込みがあるから“なでしこ”なのですが、次の画像だと微妙ですね(笑)。
画像
次は「紅時雨」。雰囲気のある名前は紅色の花が垂れ下がるからついたとか。松前町で「東錦」の実生の中から育てられたそうです。
画像
次は、またまた松前町の浅利政俊さんが実生の中から選び育てた品種の「紅華:こうか」。名の通り、華やかな印象の花ですね。ということで、第2弾終了。確認したら、全部で6日分の種類の画像があることが判明!…まだまだ続きます(笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
えええええ〜〜〜!!!
まだ6日分もあるんですか?
八重桜って、そんなに種類がたくさんあるんですね。
知りませんでした・・・。
この年になっても知らないことがたくさんあるんですね〜(´〜`)ヤレヤレ〜
シルバ
2013/04/18 13:54
シルバ様、コメント有難うございます。行者橋の写してきた画像が全部で6日分あるということなのですが、それでも一部分でしかありませんので(笑)。
行者橋 渡
2013/04/22 12:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
これが最後の桜情報:造幣局・桜の通り抜けA。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる