朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS ポロニア学園の藤・桐・躑躅。

<<   作成日時 : 2013/04/22 12:34   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

東京に帰った途端に寒い日が続いて驚きましたが、20日、墓参りに行く途中、昔の勤務先・ポロニア学園(仮名)の先生方にご挨拶に。で、正門を入ってすぐ目についたのが、警備室裏の藤棚。藤の花はもうすかっり満開で、先の方は既に枯れている花も…。
画像


1941(昭和16)年に創立されたポロニア学園の前身校は陸・海軍との縁が深かったのですが、この藤棚の下の噴水のある近辺には、御真影(ごしんえい:天皇・皇后の写真)や教育勅語を納める施設・奉安殿があったとか。
画像
続いては、ポロニア学園にはとてもゆかりの深い桐の花です。ちなみに桐の学名はPaulownia tomentosaです。
画像
江戸時代に長崎に住んでいたドイツ人医師シーボルトがオランダ王ウィレム2世の王妃・アナ・パウローナ(Anna Paulowna van Rusland)に敬意を表して、属名Paulowniaを付けたと言われています。背が高く撮影しにくい木です(笑)。
画像
薄紫の花が綺麗で、“こころのしるし小紫”という言葉を思い出しますが、「小紫」という植物は桐とは無関係です(笑)。続いては躑躅(ツツジ)ですが、まずはオオムラサキツツジ(大紫躑躅)です。
画像
躑躅の中では花が最も大きく、普通、躑躅というとこれを指すそうです。まだ、沢山は咲いていませんでした。
画像
最後はクルメツツジ(久留米躑躅)で、とても鮮やかな赤い花が咲き誇っておりました。
画像
クルメツツジは別名キリシマツツジ(霧島躑躅)ともいうそうですが、このように塀に使われたりしてるので、かなりあちこちで見かけますね。
画像
ということで、まだ「造幣局・桜の通り抜けD&E」が残っているのですが(笑)、チョッと寄り道しました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポロニア学園の藤・桐・躑躅。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる