朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年11月13日・智積院の紅葉:京都紅葉情報D。

<<   作成日時 : 2013/11/14 05:05   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

京都の紅葉の季節にも関わらず、14日から東京に4泊5日と長逗留。その間に紅葉状況の変化がありそうかなと東福寺の様子を確認へ。で、チャリチャリしてきたのですが、途中で見かけた智積院の紅葉が素晴らしかったので、そちらを先に。まずは桔梗のお寺らしい智積院の画像から。
画像


こちらが智積院入口の紅葉。奥の建物は食事や宿泊のできる智積院会館です。
画像
旗の立っている横はカエデ(楓)の通路になっているのですが、次は金堂の屋根を望む様子です。以下、注釈の無い限り、紅葉はカエデ類です。
画像
智積院の紅葉も全体としてはまだまだなのですが、実は東福寺よりは紅葉の度合いが早く、見応えがありました(笑)。これも先程の通路の続き。
画像
次は、上の画像に写っている芝生の上の紅葉の落ち葉です。
画像
こちらは金堂前の画像です。画像では分かりにくいのですが、竹の低い垣の所には桔梗が咲いています。
画像
ということで、最初の画像になる訳ですが、さらに金堂から少し歩いた場所にある南化玄興(なんか げんこう)像の辺りの紅葉ですが、このお坊さんに関する説明は割愛。
画像
さらに、入口方向に戻ると、ひときわ鮮やかな美しい黄葉のイチョウ(公孫樹・銀杏)の木が。イチョウは大木になるので、並木でも独立樹(と言うのか:笑)でも目立ちます。
画像
チョッと後戻りして、金堂南側の明王殿(不動堂とも)の前にも綺麗な紅葉が。
画像
そして、明王殿前から後ろを振り向くと、智積院会館裏手の駐車場に褐葉・紅葉の光景が。
画像
上の画像の右手は2つ後に出てくるカエデ、建物左の小さな紅葉はハナミズキ(花水木)、その右上は京都御苑で見たのと同じ木ですが名前不明、奥はケヤキ(欅)です。次はそのケヤキですが、とても美しく気に入りました(笑)。
画像
駐車場側から再び金堂・明王殿側を望むと、かなり赤くなったカエデの並木が。
画像
ひときわ赤いカエデの足元(笑)にはツワブキ(石蕗)の鮮やかな黄色い花が。
画像
ツワブキの花の時期って、意識したことがありませんでしたが、今なんですね(笑)。かなり時間をかけて、紅葉・黄葉を楽しんで、東大路通を進むと、豊国廟参道に、これまた眼をひく紅葉が。
画像
葉っぱの形からハゼ(櫨)の木と判断しました。しかし、智積院、そう言えばカエデがあったなぁとは思っていましたが、色々と楽しめる意外な紅葉の穴場です。東福寺は明日までお待ち下さい(笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年11月13日・智積院の紅葉:京都紅葉情報D。  朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる