朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 鴨川で“納涼床”の準備が始まりました!

<<   作成日時 : 2015/04/16 10:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

いつものように東山図書館で本を借りた後、新京極で映画を観ようと思い、川端通へ出て団栗橋を渡っていたら、まだ微妙に桜が残っているのに、もう京都の夏の風物詩“納涼床:のうりょうゆか”の準備が始まっていました。
画像


四条大橋西詰めで一際(ひときわ)目を引く、のランドマーク・「東華菜館」の床(ゆか)ですね。次の画像は、映画を観た後に確認に行った時のものですが、こんな感じで枠組が出来あがっていました。
画像
団栗橋から下流側(南)の松原橋方向でも床の準備が着々と進められています。
画像
例年、“納涼床”はGWの頃から9月まで楽しめるのですが、考えてみればGWまで後2週間、少しずつ準備が必要な訳です。
画像
で、ここからは映画の帰り道、夕方に撮影した画像なのですが、次は三条大橋の上から四条大橋方向(南)を眺めたところ。こちらでも着々と…。
画像
次は反対側(東側)の川端通から撮った画像ですが、季節を意識して枝垂れ桜を配してみました(笑)。
画像
さらに四条大橋寄りに行ってみると。
画像
次は大写しの画像。画面左側の灯りの点いている「山とみ」さんの床はまだ出ていないようですが、以前、「山とみ」さんの床で“名代鉄ぴん揚げ”をいただいたことを思い出します(こちらをご参照下さい)。
画像
ということで、春が来たなぁ!と思っていたら、もう夏の準備です。季節の移りの早さに驚かされますが、鴨川の光景もまた変わってくることでしょう。
画像
“納涼床”は、かなり厳しい規制(営業時間・床自体の色・夜席の灯りの光度等)が掛かっているのですが、7・8月の昼席は食中毒予防のためありませんが(というより、暑くて座ってられません:笑)、5・6月は夜席も結構寒い日があったりして要注意。真夏は20時以降がお薦めですね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
もうっ作り始めて居ますか!!
夏が近づいている証拠ですね!
未だ北海道には雪の声が聞こえて居るのに・・・ヽ(*´v`*)ノ
ところで・・? 此処は予約が必要なのですか?
一度あの上で、お酒は飲めないので(><)食事でも食べてみたいですね。
横に舞妓ちゃんでも居れば・・・(理想)
最近は、急に言っても夜は忙しくて呼べないですね!・・見ると、おっ人気者とからかいますが(笑)

川床では気化熱で涼しいでしょうね!!

へぇ〜・・・・・
2015/04/16 13:02
へぇ〜・・・・です。
御免なさい!! またやってしまいました。
もっと確認しないと駄目ですねm( __ __ )m
miyasan
2015/04/16 20:06
miyasan様、大丈夫です。そうだと思っておりましたので…(笑)。鴨川の納涼床は、基本的には予約した方が良いと思います。舞妓さんを囲んで一席!という団体も時々見かけます。行者橋は、お座敷タイプより椅子タイプの方が楽ですね。川床が涼しいのは夜8時過ぎからですね。7月・8月に涼しさを求めるなら、貴船の川床(かわどこ)の方が楽しめますよ。
行者橋 渡
2015/04/19 12:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
鴨川で“納涼床”の準備が始まりました! 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる