朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 久世稚児社参:祇園祭・2017年7月13日。

<<   作成日時 : 2017/07/15 18:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

長刀鉾・綾傘鉾に続く、久世(くぜ)稚児(あるいは久世駒形稚児)の登場です。長刀鉾稚児社参は13日の午前中に終わりますが、その午後、14時から久世稚児社参が行われます。まずはこちらの画像から。八坂神社本殿前で家族の皆様も含めての記念撮影です。
画像


最初の画像の右のお稚児さんが川合倖央(かわい こお)君。17日の祇園祭神幸祭で神輿の内、中御座(祭神・素戔鳴尊:スサノヲミコト:6角形:三若神輿会)を騎馬姿で先導します。
画像
そして、もう1人が吉川健之佑(きっかわ けんのすけ)君。こちらは祇園祭還幸祭で、中御座の神輿を先導します。ともに7歳で京都市立久世西小学校の2年生。幼馴染で同級生だそうです。
画像
で、久世稚児さん一行は13時40分過ぎに國中(くなか)神社の幟旗を先頭に、常盤新殿から南楼門(正門)に歩いて登場です。
画像
次は石鳥居をくぐった後のお稚児さん。何だか2人とも俯き加減で、緊張の面持ちですが、まぁ、小学校2年生ですからね(笑)。
画像
久世稚児は國中神社の御神体で“駒形”と呼ばれる馬の頭の彫刻を身につけて、中御座を先導します。久世駒形稚児と呼ばれる所以(ゆえん)です。本殿に上がる前に、例によって身を清めます。
画像
この日は歩いていますが、神幸祭・還幸祭の際には八坂神社境内に騎馬のまま入ることが許される唯一の存在とされています。神の化身と見なされている訳ですね。
画像
実は國中神社は、正確には「綾戸國中(あやとくなか)神社」といい、京都市南区久世上久世町にあります。関係者一同が身を清め、整列して本殿へ。長刀鉾稚児社参よりは観客が少ないので、撮影も楽です(笑)。
画像
で、お稚児さんが本殿に。最初、草履のまま上がりかけてやり直ししました(笑)。本人が一番驚いたでしょうが、見ている方も緊張します(笑)。
画像
綾戸國中神社ですが、元々は綾戸社と國中社と別々だったのですが、別の場所にあった國中社が戦国時代に綾戸社の境内に移ったきたのです。次の画像は無事、神事が終了して、ホッとひと息のお稚児さん。
画像
國中神社の祭神は八坂神社と同じ素戔鳴尊で、國中神社が“荒御魂:あらみたま”・八坂神社(祗園社)が“和御魂:にぎみたま”とされ、両者は1セットなのです。これが祇園祭と関係する理由ですね。
画像
ということで、関係者一同、本殿前で記念撮影したのが、上の画像。この後、最初の画像のように家族の皆様等も入ってパチリとなった次第です。最後に、久世稚児お2人の大写しの画像を。
画像
神幸祭・還幸祭では、頑張って下さいね。それにしても、行者橋、初めて知ったのですが、”倖”という漢字は人名に使えるのですね。

最後に1つ。この時、バッタリ、ポロニア学園(仮名)30期why.,&のlisu-s(仮名)さんとご主人にお会いしました。いやぁ、お互いにビックリ!…画像はご本人のご希望により、割愛します(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久世稚児社参:祇園祭・2017年7月13日。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる