朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日6月26日は雷記念日。それはともかく、北野天満宮の“茅の輪”取り付けは大変です(笑)。

<<   作成日時 : 2018/06/26 18:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

「茅の輪くぐり」は、本来、神道の儀式“大祓:おおはらえ”の内、6月晦日の“夏越の祓:なごしのはらえ”が民間行事として定着する中で行われてきました、なので、6月30日に行うのが正しいのでしょうが、既に上賀茂神社にあったことはUPした通りです。で、本日は北野天満宮で2つの茅の輪取り付けの光景を。まずは本殿前から。
画像


北野天満宮では、毎年6月24日に本殿前と楼門に茅の輪が取り付けられますが、楼門の物は日本最大とも言われています。それは後程ご紹介するとして、まずは準備中の絵馬所の画像を。
画像
楼門を入って左手にある絵馬所では13時頃から茅の輪を製作し始めるのだとか。次の画像左に長く延びているのが楼門用、中央奥の小さいのが本殿前用です。
画像
こちらが本殿前用。円く形を作って茅の輪を完成させてから本殿前に運ぶことになります。
画像
5人がかりで絵馬所を出発。三光門を抜けて本殿前へ。
画像
で、四角い鉄のパイプフレームに取り付けます。これはこれで、そこそこの大きさがありますので、脚立使用です。
画像
そして、ひと通り準備ができたのが最初の画像となる訳です。

で、続いては楼門への茅の輪の取り付けですが、何しろ大きいので運ぶのも10人程の人数が必要です。次は出発時点の画像。
画像
長いので楼門の中を抜け、一旦向かって右側に出して、左側に戻す展開となります。
画像
予め楼門に付けられたフックにロープを通しておいて、茅の輪に括り付けます。中央・右・左の3点です。
画像
竹を割った芯に茅(かや)を巻き付けた棒状の茅の輪の3か所を同時に引き上げると、山型に。
画像
次は中央部分が梁(はり)まで上がった画像。引っ張る人も大変。この日は日曜日だったので、ギャラリーが例年より多かった気がします。
画像
次は別角度からの画像ですが、左右両脇を脚立で押さえ、まずは中央を固定へ。
画像
今年は例年以上に調整に時間がかかったので大変でしたが、中央・右・左がほぼ固定されたので、次は下の部分の固定へ。
画像
円形にしてみると茅の輪が長かったようで、鋸で真の竹を切って調整へ。次は中側から撮影した画像。
画像
下の部分に菰(こも)を巻き付けると共に左右に斎竹(いみたけ)を立て、紙垂(しで)を垂らすための縄も用意!です。
画像
「こんな感じですかぁ」と位置を確認しつつ、紙垂を付けていきます。
画像
という訳で、完成!次の画像右の人物はよみうりテレビ(ytb)の取材クルーです。
画像
そして、行事日程を示す木札も掛けられて準備OK。次が扉を閉める直前時点での茅の輪の大写し。
画像
16時に始まった楼門の茅の輪の楼門への取り付けが終了し、扉が閉じられたのが17時40分。大きい上に微調整が多かったので、思いの外、時間がかかりました。
画像
これが25日になると、参拝客が茅を引き抜くのでボロボロになるんですよね(笑)。係の方は、“茅の輪をくぐった人々の罪・穢れ・災厄が茅に遷されているので、茅を持ち帰ると災厄を持ち帰ることになるので避けるべき”と仰ってました。行者橋は、この時に余った茅をいただいて帰り、小さな茅の輪を製作しました(笑)。

蛇足:菅原道真は天神様として知られています。本来、天神は雷のことで、菅原道真とは直接的な関係は無かったのですが、延長8年6月26日(西暦930年7月29日)におきた、いわゆる清涼殿落雷事件以降、天神様とされるようになった訳です。

この年、平安京周辺は干害に見舞われ、6月26日に雨乞実施の是非について醍醐天皇がいる清涼殿で太政官の会議が開かれることとなったのですが、雷雨が降り注ぎ、大納言・藤原清貫(きよつら)が清涼殿で落雷の直撃を受け、右中弁内蔵頭・平希世(まれよ)も顔を焼かれて、両人とも(ほぼ)即死で亡くなります。

他にも落雷で5人が死亡したため醍醐天皇は体調を崩し、その3か月後に崩御。天皇の居所に落雷し、死穢を発生させた点も人々に衝撃を与えましたが、前年に清貫が右大臣・菅原道真を追放した「昌泰の変」に関わり、藤原時平に道真の動向監視を命じられていたとされており、それが怨霊説に結びつきます。、

清貫は、宇佐八幡宮への使者になった際に見舞いを名目に大宰府を訪れ、道真の動向を探り、醍醐天皇や藤原時平に報告したとのこと。こうした背景があったため、清貫は道真の怨霊に殺されたとの噂が広まり、道真の怨霊が雷神となり雷を操ったという伝説等が出来た訳です。

こうして道真の祟りが信じられ、道真の霊は火雷天神と恐れられます。それに、当時流行していた御霊信仰や雷神信仰が結合して、彼の霊を祭神とする天神信仰が京都や大宰府を中心に起こったとされます。…以上、雷記念日の由来です(笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
北野天満宮の茅の輪取り付け実況ありがとうございます。
当日に見に行ったことがないので大変勉強になりました。
取り付けが、こんなに大変だなんて、ビックリしました!

先日のコメントのお返事「行者橋は“生八ツ橋”を軽く炙って食べるのも好きです」って、井筒八ツ橋本店のカフェの事ですね!
「西尾八ツ橋の里」お庭の“八ツ橋”ですが、本当に和みますね。私は、わざわざ庭に出て渡ります(笑)
ゆるキャラ「八ツ蔵」も可愛いですよね。
「西尾八ツ橋の里」では只今、素晴らしい祇園祭のお飾りがありますよ。祇園祭終了まで飾っておられます。
私は先日、見に行ってきました。

私からも新情報です!
行者橋様も行かれたことがある「甘楽花子」さん、6月25日に移転オープンなさいました。場所は、聖護院郵便局の隣です。
甘楽花子さんの生菓子、本当に美しいですね!
京都大好き
2018/06/27 21:35
京都大好き様、コメント&新情報有難うございます。北野天満宮の茅の輪は巨大なので、本当に大変です。見ているだけの外野は、芯になる竹をもっと細く割れば良いんじゃないかとか、プラスティックのループを採用すれば…とかと勝手なことを言っておりました(笑)。

生八つ橋を炙って食べるのは、マンションでやっております(笑)。オープントースターで結構上手く焼けますよ。「西尾八ツ橋の里」に限らず、これから京都では様々な祇園祭のお飾りが出現します。行者橋のマンションからそう遠くない新門前通や古門前通の古美術商のショウウィンドウにも珍しい山や鉾の飾りが出て、見ものです。

「甘楽花子」さんの件は、京都御苑に花見に行った時に"一時閉店”のお知らせを読みました。そこに5月末には新しいお店が出来ると書いてあったのですが、6月に入っても見当たらなかったので、駄目か!と思っておりました。でも、開店したんですね。今度行ってみます。前のお店に飾られていたイタヤギツネも一緒に引っ越したでしょうか(笑)。
行者橋 渡
2018/06/29 02:17
行者橋様、お返事有難うございます。
北野天満宮は昨年秋に文道会館が完成してから面白いイベントが増えたので、これからますます楽しみですね。
今年の3月に文道会館で開催された「京菓子コレクション」も楽しかったですよ。今年は初開催、来年も開催されますように!

生八つ橋を炙って食べるのは、ご自宅のオーブントースターでやっておられるのですね!私も早速、生八ツ橋を買ってきて試してみます!

行者橋様のご自宅から、八坂神社は近いですよね?
京都通の行者橋様は既にご存知だとは思いますが、7月16日は八坂神社で御献茶祭が行われます。それに伴い上菓子屋の集まり(菓匠会)も八坂神社(常磐新殿)に協賛席を設け、各年の御題に沿った和菓子の展示とお茶席が設けられます。菓匠会の協賛席は誰でも入れ、お茶席は500円です。
菓子技術を競い合う場でもあるので、展示は本当に美しいですよ。
時間は9時から15時ですが、ゆっくり見るなら、朝一番に行くのがオススメです。
7月16日は八坂神社(常盤神殿)、12月1日は北野天満宮(文道会館)で開催されます。

「甘楽花子」さんの詳しい移転場所を探しておられたのですね。私も探していて、ついに見つけて行ってきました(笑)
以前より、席数は増えましたよ。
相変わらず絶品で、美しくて素晴らしい生菓子でした!
前のお店に飾られていたイタヤギツネには気付きませんでした。移転後のお店にも飾られてるのかな?行者橋様、気付かなかった私のかわりに確認してきて下さい(笑)
京都大好き
2018/06/29 07:06
京都大好き様、文道会館の京菓子コレクションも八坂神社の御献茶祭も承知はしているのですが、お茶の席というのが妙に苦手でPASSしています。お抹茶自体は好きで、自宅で長茶筅を使って抹茶を点てたりはしているのですが…(笑)。

新しい「甘楽花子」には、今度行ってイタヤ狐(これをご存知の方が少ないだろうと思うのですが)を確認してきます。あったら、秋田の郷土玩具が何故あるのかも伺っておきます(笑)。
行者橋 渡
2018/06/29 11:58
行者橋様
「イタヤ狐」って聞いた事ないです。
植物かなって思ってました(笑)
秋田の郷土玩具なのですね。
甘楽花子さんのご当主は京都の有名老舗上菓子屋(京華堂利保さん)の次男さんです。
生粋の京都人なのに、何故、秋田のものが(笑)
私も気になります!
私は甘楽花子さんのお菓子が大好きなのです!
ご当主も本当に優しい方で大好きです!

八坂神社の菓匠会協賛席は、かしこまったお茶席ではないですよ(笑)
作品の写真も撮れますので、ブログにアップできるかと(笑)
京都大好き
2018/06/29 12:33
京都大好き様、コメント有難うございます。お薦めの八菓匠会協賛席@八坂神社には、今年行ってみましょうか(笑)。9時の豊園泉正寺真榊建を見に行ってから、帰り道に訪れてみます。

二条通の「京華堂利保」さんには、時々“涛々”を買いに伺います。和菓子は大好きで、作りに行ったりもしているのですが、ついつい食べ過ぎて直ぐに太るので注意している次第です。洋菓子に比べると、まだマシなんですけどね(笑)。
行者橋 渡
2018/06/29 12:46
行者橋様
菓匠会協賛席には、私は、いつも、朝一で行きます(笑)
本当にオススメです(笑)
私も和菓子作りが趣味で、家で和菓子を頻繁に作ってます(笑)
京都大好き
2018/06/29 12:59
京都大好き様は、“和菓子大好き”さんでもあった訳ですか。自宅で和菓子をお作りになるなんて本格!ですねぇ。行者橋はEVENT参加ONLYですが。今年はなるべく早く菓匠会協賛席に行ってみましょうかねぇ(笑)。

イタヤ狐は、行者橋の手持ちがありますので、その内、UPしてみようかなと思っています。
行者橋 渡
2018/06/29 13:31
行者橋様
そうです!私は“和菓子大好き”さんでもあるのです。亡くなった祖母も和菓子作りが趣味でした。餡子も家で炊き、何でも作る本格派ですよ(笑)
しかも、江戸時代から先祖代々、口頭で受け継がれている和菓子のレシピ(紙面には残してません)です、趣味の域を超えちゃってます(笑)

お手持ちのイタヤ狐をブログにアップして下さいますのを、楽しみにしております(笑)
甘楽花子さんのお店に飾ってある、イタヤ狐も写真撮ってきてアップして下さいね!
私も来月初めに、また、甘楽花子さんに行くから、見てこよ〜♫
京都大好き
2018/06/29 18:17
京都大好き様、イタヤ狐の件、承りました(笑)…が、今しばらくお待ち下さいませ。
行者橋 渡
2018/06/30 08:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日6月26日は雷記念日。それはともかく、北野天満宮の“茅の輪”取り付けは大変です(笑)。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる