朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 「中之島駅ホーム酒場2018夏」でBEERを楽しむ!

<<   作成日時 : 2018/07/08 18:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2年前からだったでしょうか、お酒のEVENT好きな(笑)京阪電鉄が“中之島駅のホームと停車した電車内でお酒を楽しむ”期間限定の「酒場」を開催しています。今年も6月21日から23日まで「中之島駅ホーム酒場2018夏」が実施され、行って参りましたので、遅ればせながら、そのご報告を。まずはこの画像から。
画像


中之島駅は、京阪本線天満橋駅から分かれ、堂島川と土佐堀川に挟まれた中之島の地下を東西に走る中之島線の終点です。で、「中之島駅ホーム酒場2018夏」の特設入口がこちら。
画像
中之島駅に着き、一旦、改札を出て上の画像の特設入口で1000円の飲食チケット(100円券×10枚)を買って3番線のホームに降りるのですが、入場券や乗車券は不要です。で、と、こんな光景が。
画像
ホームの席は上の画像のように椅子席もあれば、座敷席・立ち飲み席があります。また、車内も最初の画像のような立ち飲み車輌もあればテーブル&座席車輌もあります。
画像
飲み物はビールもあれば日本酒やカクテル等が用意されています。また、食べ物も車内・ホームの両方で販売しています。
画像
妙にレトロ感の漂うポスターが貼られていますが、中にはビールサーバーが。
画像
この日は土曜日で雨が降っていたせいか、それほど混み合ってはいませんでした。まぁ、雨が降っていても、濡れずに済むのですが。こちらは、ホームの座敷席。
画像
上の画像に写っている車輌では、日本酒・焼酎等とそれに合うおツマミ(鮒寿司・しじみ山椒煮・川海老等)が販売されていました。
画像
こちらもビールを販売。
画像
行者橋は、こちらでビールを購入してまず1杯(400円)。次の画像、青いのが飲食チケット。右がチラシです。
画像
で、落ち着いた所でさらにホームと車両を探索(笑)。次の画像は3番ホームに停車している先頭車輌。奥の暗い所は2番線なので、徳時、電車が入ってきます。
画像
この車両、実は1グループ4人以上6人までの予約席なのです。1人4000円で「京・料亭 わらびの里」の中之島線開業10周年記念オリジナル料亭弁当+1000円分の飲食チケット付き。
画像
中途半端な夏の家風飾りがチョッと侘しくありませんか(笑)。引き返して、ホームの立ち飲み席をパチリ!
画像
で、車輌の中に5000系をいくつか発見!…日本で唯一の座席昇降機構を備えて、ラッシュ時には5つある扉の内、2つの扉部分の座席が天井まで上がって扉を閉鎖し、3扉車になる構造の車輌です。
画像
上の画像に写っている駅員さんに伺うと、中之島線には結構走っているのだとか。座席が天井にくっついた車内の扉の様子を。
画像
そして、悲しいことに5000系車両は耐用年数の関係で2020年夏には順次運用されなくなるとか。もう1枚、扉と天井の座席の様子を。
画像
考えてみれば、こうしたEVENTには扉の多い方が便利ですね(笑)。21日・22日は平日なので17時から21時(入場)。行者橋の出掛けた23日は土曜日なので14時から20時(入場)でした。
画像
ということで、最後にもう1杯ビール。おツマミが500円とかなので、1人で行くと1000円で納めようとするとチョッと辛いかな。100円・200円のツマミの種類を増やしてほしいなぁ、と思いつつ帰途につきました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「中之島駅ホーム酒場2018夏」でBEERを楽しむ! 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる