平安神宮神苑無料公開で見かけた紅葉等を:2020年紅葉情報①。

平安神宮は毎年6月と9月に神苑無料公開してくれるのですが、今年は新型コロナウイルス感染症拡大のために両方共中止されていました。が、10月21日から23日に無料公開ということになったので、21日に紅葉の様子はどんな感じかなぁと訪れてきました。まずは、こちらの画像から。 今年の時代祭は10月22日の風俗行列の巡行は中止、21日の前日祭…
コメント:0

続きを読むread more

W.M.ヴォーリズの忘れ形見@大丸京都店:京都の近代建築№35。

ウイリアム・メレル・ヴォーリズ(以下、ヴォーリズ)が手掛けた京都の近代建築については、以前にもいくつかご紹介しましたが、今回は大丸京都店にわずかにその片鱗が残っている様子を。まずは、「ヴォーリズ飾灯具」の画像から。 大丸京都店の正面玄関は四条通に面していますが、飾灯具は高倉通に面した東壁面にある地下からの出入り口の階段室の一角に展…
コメント:0

続きを読むread more

金沢・中田屋の「きんつば」(うぐいす&毬栗)を楽しむ。

9月末に金沢を訪れた時、「中田屋」のきんつばをお土産にしました。無論、メインはあずきあんなのですが、行者橋の臥好きなのは「うぐいす」です。で、駅のお土産コーナーに行くと、季節商品として「毬栗(いがぐり)」も販売していましたので、2種類を。最初の画像は「毬栗」を。 本当のことを言うと、「中田屋」のきんつばは季節商品を含めて大阪梅田の…
コメント:2

続きを読むread more

綾部市志賀郷の「そば処 あじき堂」で、健ちゃんのお蕎麦をいただく!

東京にいた頃、行きつけの飲み屋「十四夜月」(後、場所が変わって「メネフネ」に改名:こちらをご参照下さい)他で飲んだくれていたのですが、時々、お蕎麦の会があり、その折、蕎麦打ち担当だった健ちゃんのお店を訪ねて綾部市まで行って参りました。 お店は「そば処 あじき堂」(以下、あじき堂)といいますが、これは健ちゃんの名字が安喰さんだからで…
コメント:0

続きを読むread more

知恩院放生会:2020年10月15日。

久々の行事の報告ですが、本日は昨日(10月15日)に行われた知恩院の放生会(ほうじょうえ)の様子を。まずはお子様が放流している画像から。 行事開始は12時30分と聞いていたので、様子を確認するために知恩院古門前の白川を買い物帰りの12時過ぎに訪れたら、こんな状況でした。準備中のお坊さんに伺うと、「12時30分は御影堂での法要開始の…
コメント:0

続きを読むread more

金沢の犀川大橋は美しい!

9月末に金沢に行った時の画像処理が少し前に終わっていたのですが、ようやくUPの機会が出来ました(笑)。本日は犀川(さいかわ)に架かる犀川大橋のご紹介ですが、まずは橋名板の画像から。金沢らしく、金箔で飾られています。文字は1924(大正13)年に、現在の犀川大橋が完成した時の石川県知事・長谷川久一の手になるものとか。 次は東側(片町…
コメント:0

続きを読むread more

曼珠沙華、白・赤・黄色!

子供の頃、祖母が「赤い花なら 曼珠沙華 阿蘭陀屋敷に 雨が降る」という歌(長崎物語・作詞:梅木三郎、作曲:佐々木俊一)をよく歌っていたので、曼珠沙華(彼岸花)と言えば赤い花ばかりかと思っていたら、白い曼珠沙華があるんですね。 曼珠沙華は秋になると突如、地面から細長い茎が出て、その上に花が咲く形で目にするので、普段はそこに花があると…
コメント:2

続きを読むread more

今年の「ずいき神輿」は巡行がありませんでしたが…(やっぱり、あまびえさんが:笑)。

例年なら10月1日から5日まで行われる北野天満宮の「ずいき祭(瑞饋祭)」ですが、今年は鳳輦(ほうれん)やずいき神輿の巡行が無く、ずいき神輿が作られたものの4日間、北野天満宮で展覧・披露されました。ということで、その様子を。まずは北向(正面)の画像から。 行者橋が訪れた4日には10時から還幸祭当日祭が行われたようですが、大鳥居の横に…
コメント:0

続きを読むread more

2日続けて空を見上げて、今日は満月を楽しむ(笑):2020年10月2日23時50分過ぎ。

昨日、中秋の名月を楽しんだので、本日は真夜中に満月を見上げてみました。カメラのモードを「おまかせ」にして手持ちでファインダーをのぞくと、お月様の模様がクッキリ! いや、この手があったのか、昨日気付けば良かったのに(笑)。ところで、どこをどう見れば「兎」に見えるんだっけ(笑)。見上げていると、お月様のそばに綺麗に光る星が。これは火星…
コメント:0

続きを読むread more

中秋の名月@知恩院新門前&八坂神社西楼門前:2020年10月1日19時少し前。

今年(2020年)は旧暦4月の後に閏4月が入ったため、去年は9月13日だった旧暦8月15日が、今年は10月1日とかなり遅くなりました。しかも、「十五夜」といいながら月齢は13.7なので、10月2日が満月という不思議な年になっております(笑)。ま、それはともあれ、10月1日は中秋の名月。 最初の画像は、知恩院三門に通じる新門(総門)…
コメント:0

続きを読むread more

今月の「米村」さん:2020年9月。

9月も今日で終了ですが、新門前通の「米村」さんの店頭ディスプレイのご紹介を。 新型コロナウイルス感染の拡大で一時お休みをしていた「米村」さんですが、5月半ばに完全予約制で再開し、8月にはディスプレイも変わっていたのですが、トロトロしているうちに撮影し忘れました。上の画像はお店の方が開店準備をしている場面です。なお、手すりの横の木も…
コメント:0

続きを読むread more

前田又吉像&伊藤博文像@京都ホテルオークラ。

「京都あれこれ・銅像他」シリーズの第2弾は、前田又吉(まえだ またきち)像&伊藤博文像です。伊藤博文はともかく、前田又吉は余り馴染みの無い名前ですが、簡単に言うと「京都ホテルオークラ」の創業者です。まずは2人の胸像の画像から(左:前田又吉像、右:伊藤博文像)。 場所は京都ホテルオークラの敷地の北部分、姉小路通(あねやこうじとおり)…
コメント:0

続きを読むread more

供託金も課税されるんですね!:本庶佑・京都大学特別教授の記念碑にこと寄せて。

先日(9月16日)、本庶佑(ほんじょ たすく)・京都大学特別教授(以下、本庶教授)の功績を讃える記念碑の除幕式が行われたという情報を耳にしましたので、早速、京都大学医学部までチャリチャリ。まずは記念碑の本庶教授の似顔絵から。 言うまでも無く、本庶教授はご自身の研究チームの発見を基に癌免疫治療薬「オプジーボ」(商品名)等を開発したこ…
コメント:2

続きを読むread more

今日、9月20日は。

女房の命日(2007=平成19年)なので、百合の花をUPいたします。 亡くなる前に「お墓や仏前には百合を供えるように」と言い残しましたので、普段から百合の花は欠かさないようにしています。今年は墓参りで東京に戻ることも控えましたので、京都で遺影に手を合わせました。細長い花瓶に生けた花がまだ咲いていませんが(笑)。 話は変わりま…
コメント:2

続きを読むread more

再開した百万遍の手づくり市に行ってみました!:2020年9月15日。

百万遍(知恩寺)の手づくり市が7月に再開されるという情報は行者橋の耳にも届いていたのですが、7・8月は暑さのためパス。少し涼しくなったのでチャリチャリと行って参りました。まずは「ままや」の色鮮やかなママンチュ-ル(造語です)の画像から。 今出川通に面した入り口は、1662(寛文2)年に建立された総門 (南側)。百万遍手づくり市開始…
コメント:0

続きを読むread more

銅駝会館前の飛び出し坊やは全力疾走!…(笑)。

京都に限らず全国のお子達が良く通るエリアでは「飛び出し坊や」(の看板)を結構目にします。で、行者橋がお水をいただきに通う銅駝(どうだ)会館のそばには、面白い飛び出し坊や&飛び出しお嬢があります。まずは、全力疾走する(笑)飛び出し坊や! で、こちらがペアになっている飛び出しお嬢。飛び出し坊やは滋賀県八日市市(現・東近江氏)で生まれた…
コメント:0

続きを読むread more

建仁寺塔頭・大中院のウツクシマツと花等を。

四条通から花見小路通に入り、そのまま南に進むと建仁寺北門に突き当たりますが、その手前左に大中院(だいちゅういん)というお寺があります。その門の左右には2種類の松が植えられているのですが、左側の松がひときわ異彩を放っています。 次が大中院を正面から見た画像。右側の松には後程サラッと触れることにして、本日は左側メインです。左側の松はア…
コメント:0

続きを読むread more

中井弘像@円山公園…「明治の怪傑・奇人・滑稽家」だそうですが(笑):京都の銅像他。

お坊さんの銅像を除くと、京都には東京に比べて銅像・胸像等が案外に少ない印象がします。歴史的・政治的背景の違いに由来するのでしょうが、特に近代の歴史的人物の銅像等はそう感じます。で、今回は円山公園にある中井弘(なかい ひろむ・ひろし)像の話題です。人名事典類が信用できず、色々と難しいのですが。まずは、こちらの画像から。 場所は、四条…
コメント:0

続きを読むread more

河原町夷川角のビルが妙に気になって…(笑):京都の近代建築№34。

野菜のお値段が下がらないので、このところ「京野菜処 叶屋 御所南店」(こちらをご参照下さい)に通うことが多いのですが、その行き返りに河原町通と夷川通の交差点の北西角で見掛ける白いビルが妙に気になって、撮影!…ですが、まずは建物の1階角の上部にある「仁丹」の琺瑯(ほうろう)町名看板の画像から。 この特徴的な「仁丹」の琺瑯町名看板(以…
コメント:0

続きを読むread more

「天ぷら海鮮米福四条烏丸店」で軽く一杯!

行者橋、基本的に自炊生活ですが、先日、無性に「刺身と天麩羅とお寿司が食べたい!」と思い立ち(笑)、「天ぷら海鮮 米福 四条烏丸店」に行って参りました。まずは、こちらの画像から。 「天ぷら海鮮 米福 四条烏丸店」ha、大丸京都店の東洞院通側出入り口の横の細い道を挟んだ場所にあります。次はお店の画像。「ハッピーアワー ドリンク1杯99…
コメント:2

続きを読むread more

建仁寺・放生池の蓮。

行者橋、東山図書館に行くたびに建仁寺の勅使門と三門(望闕楼:ぼうけつろう)の間にある放生池を横目に、境内をチャリチャリと通過します。7月初めから「放生池の蓮の花が咲く時期には撮影に来なきゃ」と思っていたのですが、雨続きのため結局8月7日に。少し時期外れでしたし、今では花弁がすっかり落ちているのですが(笑)。 方丈池には石橋が架かっ…
コメント:0

続きを読むread more

今年の六道珍皇寺での六道まいりは、参詣者も高野槇も少なくひそやかに行われていました。

東山の六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)では、毎年8月7~10日までの4日間、盂蘭盆会「精霊迎え“六道まいり”」(以下、六道まいり)が開かれますが、今年は「初盆をお迎えのお家に限って、おまいり可能」という形になりました。まずは「迎え鐘」を撞いていらっしゃる参詣者の画像から。 次は松原通の様子。右端が六道珍皇寺の入口で、手前の横断幕に…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…後祭山鉾巡行:鯉山@御池通:2019.07.24。

去年の…後祭山鉾巡行の巡行順3番目は、後祭山一番の鯉山です。まずは、山の上で巨大な鯉が龍門の滝を登る豪快な勇姿を表している、こちらの画像から。 祇園祭山鉾巡行の各山鉾はそれぞれに人目を引くのですが、この鯉山はかなり目立ちます。前面に朱塗鳥居が、山の奥には朱塗の小祠を安置して素盞鳴尊を祀っています。山の上からは滝に見立てた白麻緒が下…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…後祭山鉾巡行:北観音山@御池通:2019.07.24。

祇園祭後祭山鉾巡行の巡行順2番目は、橋弁慶山と同じく籤取らずの北観音山です。曳き山ですので巨大で真松が高くそびえます。 北観音山は、北嵯峨観空村の旧家に伝わる古文書(1353=文和2年から1747=延享4年まで真松を納めたとの内容)によって、応仁の乱の100年以上前に存在したことが知られているそうです。応仁の乱後の山鉾復興時に観音…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…後祭山鉾巡行:橋弁慶山@御池通:2019.07.24。

去年7月に行われたブログのシステム・メンテナンスの影響で、3週間ほど画像をUPすることができず使われないままお蔵入りしていた画像に陽の目を当てる目的で、若干ムキになって(笑)50日近く続けてきた「去年の…」シリーズも、残り3回です。で、本日は祇園祭後祭山鉾巡行の橋弁慶山篇。五条大橋の上での牛若丸と弁慶の対決の場面を造形化した山で、浄妙山…
コメント:0

続きを読むread more

2020年の大文字の送り火@京都御苑。

今年の大文字の送り火は、見物客の密集で新型コロナウイルス感染拡大しないよう、大文字が6か所、妙・法・船形・左大文字が各1か所、鳥居形が2か所のみに点火ということになりました。「観る方も密集しないよう注意を!」とは言っても、今出川通の賀茂大橋近辺(鴨川デルタ)は多くの見物客が集まるだろうと思い、行者橋は京都御苑に。まずは大文字の画像から。…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…花傘巡行@寺町通他②:2019.07.24。

花傘巡行のコースは、当初、八坂神社〜四条河原町〜河原町御池〜寺町御池〜四条寺町〜八坂神社でしたが、2014(平成26)年に復活した後祭山鉾巡行のコースの関係で、コースが八坂神社〜四条寺町〜寺町御池〜河原町御池〜四条河原町〜八坂神社に変わりました。寺町御池から四条河原町の間は後祭山鉾巡行の後に連続して巡行しています。で、後半線最初の画像は…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…花傘巡行@寺町通他①:2019.07.24。

1966(昭和41)年、後祭の山鉾巡行が前祭と同日の7月17日に統合された時、後祭山鉾巡行の代替として始められたのが、花傘巡行です。その後、山鉾巡行は2014(平成26)年に後祭が復活したのですが、花傘巡行はルートを変えて続くことになりました。まずは、祇園太鼓の花傘の画像から。 花傘巡行は最初の画像のような山鉾の古い形態を再現した…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…オハケ神事@三条御供社:2019.07.23。

毎年、7月23日14時から三条通にある八坂神社の三条御供社(ごくうしゃ:四条寺町御旅所の次のお旅所の意味で又旅社またたびしゃ、とも)で「オハケ神事」が行われ、翌日の還幸祭に備えます。まずは神事に際して立てられる白幣(オハケ)の画像から。 三条御供社は三条通と黒門通の交差点北西角(御供町:おんともちょう)にあります。次の画像手前のア…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…後祭宵山の光景③@市内各地:2019.07.22。

祇園祭後祭宵山の光景、ラストは「休み山」の鷹山のご紹介をメインに。なのですが、最初の画像は大船鉾の大舵(右面かな)と旗を。 で、鈴鹿山。この山のご神体は、鈴鹿明神(瀬織津姫神:せおりつひめのみこと)の像(174cmの木彫)。全山鉾中で唯一の美女像なのですが、画像では神面を着けているために素顔は見えません(笑)。こちらが駒形提灯。ほ…
コメント:0

続きを読むread more