錦市場には…。

東京から知り合いの方々がお見えになると、最後の日に錦市場をご案内することが多いのですが、錦市場には色々な謎(笑)があります。アーケードの天井は赤・黄・緑の3色のライトがついていますが、これにもきちんと理由があるそうです。
画像


これは錦市場の商品に魚や野菜といった“なま物”が多いので、それらが綺麗に見えるように研究を重ねた結果だそうです。寺町通からスタートして高倉通までの約390mの間に126軒のお店があるらしいのですが、その内30軒が魚屋とのことです。
画像
画像
そのために天井のライトだけではなく、道も水はけが良いように石畳にして、中央部分が少しだけ高くなっていて、両サイドには水を流す溝があります。そして、うっかり見逃しがちになるのですが、富小路通他の南北の通りが交差する天井にはステンドグラスで四季の様子等が描かれています。
画像
画像
次の2枚は包丁式の様子ですね。同じように見えますが、上下で微妙に違っています。
画像
画像
さりげなく、京都の名産品や風俗が描かれています。高倉通でアーケードは終わりなのですが、大きな幕がかかっています。
画像
画像
車が通り抜ける中、上を向いて写真を撮るのは思いの他、しんどい作業でした(笑)。
画像
画像
アーケードは高倉通で終わりですが、大きな幕が掛けられています。
画像
これは西日除けです。ちなみに、名前が“津○○”というお店が、結構目につくのですが、これは大津商人のお店で働いて人が多かったとのことでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント