「蔵元の日本酒と和の美食を愉しむ会」で“鯛の鯛”をGET!@からすま京都ホテル。

皆様、“鯛の鯛”をご存知ですか。鯛のかぶと煮・かま焼を食べていると、胸鰭の所から出てくる骨ですが、魚の格好をしているので、“鯛の鯛”と呼ばれます。まずは、ホテルの板前さんに洗ってもらって持って帰った物の画像から。実際には90度左に回転した形で、細い先が下になってついています。
画像


6月2日、「蔵元の日本酒と和の美食を愉しむ会」(@からすま京都ホテル)というEVENTに参加してきました。4月に続く第2回目だったのですが、今回は松井酒造さんのお酒が飲めるということで、申し込んだ次第です。まずは松井酒造の松井茂樹専務のお話が45分弱。
画像
勿論、テーブルには少量ながら4種類(次の画像の左上:神蔵KAGURA 辛口純米酒 無濾過 生原酒、右上:富士千歳 純米大吟醸 無濾過 生原酒、右下:富士千歳 しぼりたて 原酒、左下:京千歳 純米吟醸酒)のグラスが。
画像
もう1種類、「本日しぼったばかり、の京千歳純米吟醸酒」というお酒を含め、飲み比べながらお話を聴いた後、「お食事処 入舟」でお食事です。今回は珍しく、お料理の画像満載!です。
画像
男性1人で参加した3人はカウンター席へ案内されましたが、眼の前に4種類の4合瓶が…。思わずニコニコしてしまいます。さて、お料理。まずは「膳菜」:“利休あん掛け 冬瓜スープ煮・翡翠茄子・賀茂ロース・彩りパプリカ”、“玉子豆富 星おくら・いくら 山葵・振り柚子・加減しょうゆ”、“蛸・蛇腹胡瓜 土佐酢ゼリー掛け・ラレシ”です。
画像
勿論、お酒は飲み放題!…感動的に美味!続いては「造り」:“鱧落とし 梅肉しょうゆ・雨蛙胡瓜・葉山葵”。
画像
鱧落とし、今年初めて!…美味!花胡瓜も葉山葵の茎もしっかりいただきました。“雨蛙胡瓜”はこちらです(笑)。
画像
次は「酒肴」:山葵ツンツン漬け 長芋漬け”です。この長芋が絶品!で、お酒が進む、進む(笑)。
画像
そして、「煮物」:“鱚煮卸し・小芋油煮・舞茸 みじん三ツ葉・卸し生姜”(下の画面右下)と「止酢」:“琵琶湖産天然鮎南蛮漬け 岩もずく酢・酢取茗荷”(画面中央)も一緒に。
画像
次は、「焼物」:“鯛かま幽庵焼 黄味酒盗・芽しょうが”です。
画像
そして、“鯛の鯛”が出現した(笑)時の画像です。行者橋、我ながらビックリ!
画像
かなり、お酒をいただいた後、「食事」:“鰹手こね寿司風 がり・錦紙玉子 青さ赤出し汁仕立て”。
画像
上の画面、右の“鴨ロース”は増田貴志料理長・唎酒師のサービス!最後は「水菓子」:“ほうじ茶パフェ”だったのですが、画像を撮り損ねました。おそらく、かなり酔っていたのだと思います(笑)。テーブル席の方はここからお酒を持っていく感じでした。
画像
税・サービス料込で5000円ですから、行者橋にしては珍しく贅沢な夕ご飯にチャレンジ!(笑)…だったのですが、お料理だけで5000円はいきそうですので、実にお買い得!でした。毎回という訳にはいきませんが、また、お気に入りの酒蔵だったら行きたいなぁ。幸せな1日でした(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ウエノッチ
2013年06月04日 09:13
お久しぶりです。5月末に仕事で京都に行っていたのですが、時間が取れずにご連絡でいませんでした・・・
このような催し物は、京都ならであ!という感じで羨ましいかぎりです。確かにお料理だけでも5000円はすると思いますので、とてもお得ですね。しかも、蔵元の方から直接お話が拝聴できるのですから!
今の季節は、京都は緑が美しいですよね。私は、ポロニア学園(仮称)では、「みどりの学年」だったので、「緑色」には愛着があります!
行者橋 渡
2013年06月04日 09:32
ウエノッチ様、コメント有難うございます。本当に5000円はお買い得でした。松井酒造さんには、このところ、しばしばお会いする機会があり、色々と勉強させていただいております。

京都の緑は「青もみじ」がとても有名ですが、欅他の樹木の青葉も美しく、鞍馬・貴船辺りは言うまでも無く、嵐山・東山・宇治等、心が洗われます。次に上洛の際には、どうぞご連絡下さいませ。梅雨で不安定ではありますが、鴨川の床も楽しめますよ。
としなりゆき
2013年06月04日 10:17
先生、とってもステキな会合に参加してらっしゃるんですね。明日展示の片付けで京都に行きます。四条に泊まりますが、翌日ちょこっと観光するつもりです。あまり歩きすぎず、自然も楽しめる場所ってありますか?店でも寺院でも、どこかご存知ないでしょうか。
行者橋 渡
2013年06月04日 10:46
としなりゆき様、コメント有難うございます。こんなゴージャスかつリズナブルな会は珍しいのですが…(笑)。それはともかく、5日に宿泊で、6日に観光ですね。詳細はメールでお知らせします(笑)。