最後は、祇園東の富久春さん・叶紘さんの奉納舞踊です:2016年3月21日@八坂神社舞殿。

「京都・東山花灯路-2016」の“舞妓による奉納舞踊”も、21日の祇園東で最後です。まずは富久春(ふくはる)さんの画像から。花簪は黄色い水仙のようです。
画像


そして、もうお1人は叶紘(かのひろ)さん。光線の関係で黄色味の強い画像になってしまいましたが…。こちらの花簪は菜の花でしょうね。このお2人の組合せも、結構お見掛けする印象がありますね。
画像
この日は、最初、社務所から舞妓さんが出てくるところを撮影しようと、社務所前で待機。と、地方(じかた)さんの豊壽(とよひさ)さんとご一緒に出ていらっしゃいました。次の画像の先頭が豊壽さんです。
画像
こういう場面では、普通、舞妓さんたちは色々なお話をしていらっしゃって、笑顔も多く見られます。この日の舞は“京の四季”と“春雨”でした。
画像
扇子がシンプルなのですね(笑)。
画像
この日は夕方から冷たい風が吹いて冷え込んだのですが、上の2枚は妙に暖かい印象の画像になりました。画、実際の色合いは次の画像のような感じでした。
画像
舞っていらっしゃる時の叶紘さんは、どこかチラッと儚(はかな)げな感じが漂うように思うのですが…。いや、行者橋の個人的な感想でなかなか魅力的だと感じています。これまでに、にこやかに笑っていらっしゃる場面も数多く目撃しているのですが(笑)。
画像
背の高い富久春さんは、いつもしっかりと見つめておられる目の力が素敵です。黒目が大きいのかなぁ(笑)。
画像
ということで、「京都・東山花灯路-2016」の“舞妓による奉納舞踊”も終了です。次は「祇園白川宵桜ライトアップ」(3月26日-4月4日)での“芸・舞妓さんの撮影会”ですね。3月26日と4月1日は体調を整えておかなくては…(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント