「北陸本線直流化10周年記念 長浜日帰りの旅.」車窓風景②:2016年10月23日。

琵琶湖1周の旅の後篇です。前篇では京都駅を出発し湖西線で近江塩津駅へ行き、そこから北陸本線の木ノ本駅に到着して30分程の停車をしていたところまで記しましたが、本日はその後の様子です。最初の画像は、こちら。
画像


最初の画像上から時計回りに、“北陸本線直流化10周年記念乗車券”・“北陸本線直流化10周年記念缶バッジ”・・“戦国聖地マップ”・“長浜浪漫パスポート”です。マップは使いませんでしたが、実に詳細。また、パスポートは実にお得なチケット&便利な地図でした。で、次の画像は木ノ本駅から見た賤ケ岳(しずがたけ)。
画像
上の画像中央左に電信柱がありますが、その左の山腹に溝のように見える部分は、賤ケ岳リフト。その後、高月(たかつき)・河毛(かわけ)・虎姫(とらひめ)駅を通過していくのですが、車窓には伊吹山が。
画像
なお、長浜駅から京都駅までの北陸本線・東海道本線(米原駅が境界)は琵琶湖線とも呼ばれます。長浜駅の手前で、そして姉川のたたきの古戦場を偲びながら撮影したのが次の画像。姉川です。
画像
そして、次の画像が長浜駅到着時の臨時電車。京都駅を出発時には“団体”だったマークが“回送”に。長浜駅に到着。行者橋は約4時間、自由散策で長浜市内を楽しんだのですが、それは別項で…。
画像
次は逆光の画像で見難いでしょうが…。長浜駅の改札を出ると、驚いたことに三日月大造・滋賀県知事や“ひでよしくん”他の皆様が歓迎して下さいました。
画像
まぁ。「北陸本線直流化10周年記念式典」の“ついで”だったようですが(笑)。さらに、長浜の地酒「七本槍」の振舞いも。行者橋はお酒を飲まない日でしたので、いただきませんでしたが…(笑)。
画像
で、次は木之本町に本店のある「つるやパン」のサラダパン。長浜に「つるやパン まるい食パン専門店]があったので、あるかなぁと思ったのですが、販売してませんでした。
画像
が、幸いなことに長浜駅の出発直前に、駅直結のスーパーマーケットで、丁度売り出し始めたのでGET!「ケンミンSHOW」で紹介されたこともあるので、ご存知の方も多いでしょうが、中身は刻み沢庵です(笑)。
画像
食べかけの画像で申し訳ない!…で、再び、電車に。田村・坂田・米原・彦根・南彦根・河瀬・稲枝(いなえ)・能登川(のとがわ)・安土・近江八幡・篠原駅と、順調に電車は進みます。と、遥か遠くに比叡山の山影(の、はず)が。
画像
野洲(やす)駅の手前で、上下線の間に京都総合運転所野洲派出所という車両基地があるのですが、画像は割愛。代わりに“近江富士”とも称される形の美しい三上山(みかみやま)の画像を。
画像
筑波山(茨城)・讃岐富士=飯野山(香川)等と同様に、平野部の残丘(浸蝕から取り残されて孤立して残った丘陵)ですね。続いて、守山・栗東(りっとう)・草津駅を通過。と、微妙なトンネルが。
画像
これは地理学上、とても有名な「草津川天井川トンネル」。関西地方には結構多いのですが、ここは特によく知られています。今は、新しく草津川を開削したため、このトンネル上には水が流れていません。正確には旧・草津川天井川トンネルですね。その後、南草津・瀬田駅を通過。
画像
上の画像は、新幹線でも見ることのできる瀬田川の鉄橋。ここを越えると、石山・膳所(ぜぜ)・大津・山科駅を経て京都駅に到着。流石に腰が若干痛かったです。参加費は2980円。お買い得でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント