上七軒の梅ちえさん・勝貴さんの舞@京の七夕・堀川会場。

7月7日~10日の六道珍皇寺での“六道まいり”と五条坂の“陶器まつり”には、何度か近くを通りがかったものの暑さに負け、用事を済ますとそそくさと帰ったため根性を入れて撮影できず(笑)。で、京の七夕の舞の披露第2弾、梅ちえさん・勝貴(かつき)さん篇を。まずは梅ちえさんから。
画像


4日に梅ひなさん・ふみ幸さんの舞を撮影に行った後、7日にも出かけた時、係の方のご好意で出演表を拝見できたので、残りお2人の出演日が9日と判明。ということで、チャリチャリ。
画像
演目は「夏は蛍」。この舞台で梅ちえさんを撮影するのも何回目になるかなぁ(笑)。
画像
花簪は朝顔。こちらは後姿。帯とお着物のコントラストが素晴らしいのですが、帯の文様がモダンな感じで素敵です。
画像
ということで、襟替えの日を楽しみにしているのですが…。
画像
続いて、勝貴さん。こちらは、確か昨年の10月にお見世出しをされた新人舞妓さんのはず。従って、口紅は下唇のみです。
画像
勝貴さんのお姉さん芸妓さんは、お名前から推測できるように勝音(かつね)さんです。勝音さんにも、久しくお会いしてませんねぇ。上七軒盆踊りでお会いできるでしょうか(笑)。
画像
忘れていました。演目は「祇園小唄」。舞妓さんが最初に習う基本の舞踊なんでしょうね。それはともかく、花簪は薄(すすき)。
画像
「祇園小唄」の場合は、例によって後姿を1枚。花火の帯は以前、どこかでお見掛けしたような気がしますけど…。
画像
ということで舞の披露は終了、。舞妓さんと2ショットの時間です。次は待機中の様子。
画像
最後はお1人ずつ、勝貴さん・梅ちえさんの順で。
画像
画像
今年の京の七夕・堀川会場での舞踊披露のご紹介は、これにて終了。本来なら、お1人ずつUPする予定でしたが、このところ舞妓さんの画像UPが結構続いていましたので…。八朔の画像UPも未だなのに…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

M
2018年08月12日 17:27
勝貴さんがしている花火の柄の帯は以前、勝奈さんがしていましたね。
小耳にはさんだのですが、勝奈さんが8月中に引退すると聞きました。
真実かはわかりません。
行者橋 渡
2018年08月12日 20:19
M様、コメント有難うございます。勝貴さんの“花火”の帯はその通りで、3年前の8月に勝音さんが、2年前の8月に勝奈さんが「京の七夕」で使用されています。

勝奈さんがお引きになるという話は、このところ、舞妓さん・芸妓さんの撮影に行くと高級カメラをお持ちの小父様方の間で、必ずと言って良いほど出ておりました。無論、行事橋には真偽を知る由もありませんが、もしもお引きになるとすれば残念なことですねぇ。