三重のSacchiy、伏見の「鳥せい本店」&「酒蔵開き」で飲みまくる!

32期緑の卒業生のご子息・Sacchiy(仮名)の日本酒修行・飲みまくり旅第2弾は伏見篇です。まずは、「鳥せい本店」の昼酒(11時直後でしたが:笑)でSacchiyが“蔵出し生原酒”を楽しんでいる画像から。
画像


この日(2月10日)、伏見に行くということで、まずは仁義を切って(笑)伏見稲荷大社に参拝。相変わらず、朝から外国のお客様が大勢駆け付けていらっしゃいました。次はお約束の千本鳥居を背景に。
画像
皿に奥の院で、これまたお約束の“おもかる石”にTRY!「いやぁ、重かったです!」…ということで、行者橋が寺田屋の前で歴史的な蘊蓄話をひとくさり(笑)。
画像
さらに「黄桜カッパカントリー」を軽く覗いて、「鳥せい本店」へGO!…前日に引き続いて「酒蔵開き」11時から開催される一方、「鳥せい本店」の開店も11時。25分前に到着したら既に30人前後の列が。
画像
上の画像のように、1階は開店直後に満席!…慎重に時間を見計らって、先に「鳥せい本店」にして大正解!…まずは“たれ口”(次の画像左)”と“蔵出し生原酒(右)”と焼き鳥を注文。
画像
焼き鳥の“ミンチ”と“つなぎ”が濃醇なお酒に合う!その後、2人で交換しつつ両方のお酒をいただき、“うす造り”を追加。
画像
行者橋、Sacchiyとお会いするのは、実は今回が初めて(笑)なのですが、好奇心旺盛で素直に日本酒を楽しむ好青年。2杯目のお酒はオーダーを入れ替えることに。
画像
昼食代わりの昼酒ですので、“だし巻き”・“生麩田楽・3種(あわ・ごま・よもぎ)”さらに“おやどり焼き”も(笑)。
画像
画像
結局、お酒を3杯ずついただいて、ほろ酔いのまま「酒蔵開き」へ。酒粕販売(11時前に販売され始めていました)の長蛇の列を横目に、有料の試飲コーナーへ。
画像
倉庫の中で、搾りたての日本酒と当日限定の新酒(両方とも銘柄未確認)が並ぶテーブルの前で、プラスティックカップと紙コップを受け取ります。
画像
無料試飲の方は超長蛇の列だったのでPASSして、倉庫の外へ。明るい日差しの中で飲む新種の美味しいこと!行者橋は、漬物等を購入して、シメの「月桂冠大倉記念館」へ。
画像
最後にオマケの1枚。実は、前日は「松井酒造」の後、下鴨神社・河合神社・安井金比羅宮と回り、祇園「遊亀」で“金亀”を数杯飲み、最後は「松川酒店」でBEER!そこでパチリ!
画像
まぁ、Sacchiyの宿泊先近くで帰り道だったからでもありますが(笑)。以上、日本酒修行の旅は終了。また、鍛えたい若者でした(笑)。蛇足ですが、「遊亀」で飲んだ“精米0% 純米 長寿金亀 赤100”は不思議なお酒でした(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント