琵琶湖疎水記念館ビアガーデン:2019年5月4日。

“カッパのK”様、お待たせいたしました。京都に戻ってきましたので、ブログを再開します。「俺は待ってるぜ‼」なんて、往年の石原裕次郎のセリフのようですね(笑)。ということで、少し前の記録になりますが、南禅寺で剣鉾を楽しんだ後、喉がカラカラだったので、琵琶湖疎水記念館のビアガーデンへ。
画像


琵琶湖疎水記念館は“開館30周年記念”ということで、今年の3月にリニューアルオープンしましたが、外観的には特に変わったことはありません。
画像
なのですが、この日、行者橋はインクライン側から訪れましたので、まずは会場の様子を眺めてGO!
画像
次の画像左上の階段を降りて、インクラインの線路を越え、専用の通路を通ります。右手には琵琶湖疎水の水がごうごうと流れています。
画像
上の画像奥は南禅寺船溜まりの噴水と京都市動物園。そのまま進むと、幟(のぼり)の文字がはっきりと見え、心が浮き立ちます(笑)。
画像
ということで、まずは会場の突端に。振り返ってパチリ。
画像
そして、生ビールを購入!
画像
で、最初の画像のように琵琶湖疎水を遠くに見やって、生ビールを撮影。喉がうるおされたので、日本酒を追加して…と思ったのですが。
画像
梅酒に加え、玉乃光・神聖・英勲・聚楽第と素敵なラインナップだったのですが、断念(笑)。で、ビールを購入すると抽選できるということだったので1階会場へ。
画像
上のように長い列だったのですが、最後尾へ。と、行者橋の前の方が青い玉をはじき出し、缶ビールの6本セットをGET!行者橋はあえなくOUT。お花の種をいただきました。辻は1階会場の様子。
画像
ロティサリーチキンとかたこ焼き等、美味しそうなツマミのお店が並んでいました。こちら、たこ焼き。かなりの大玉です。
画像
でも、6個600円のたこ焼きには手が出ませんでした(笑)。最後は、一番奥から琵琶湖疎水記念館側を眺めた画像。
画像
お子様連れの方も多くのどかな光景。行者橋は良い気分で帰りましたが、交通法規を守って自転車を押して帰ったので、家に帰ってまた缶ビールをプシュ!と開けました(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント