六道まいり@六道珍皇寺。

京都・六道珍皇寺では毎年8月7日から10日の間、お盆を前に先祖の霊(精霊:しょうりょう)を迎える伝統行事・六道まいりが行われます。東京では珍しいと思うので、今回は境内にあった「参詣順序」の説明に従って、画像を多めに。なのですが、まずは迎え鐘の画像から。
2019.08.07六道まいり (9)六道珍皇寺.JPG


松原通東大路西入ルにある六道珍皇寺の一帯は、平安時代には墓地・鳥辺山の入口付近だったので、この世とあの世との分岐点「六道の辻」(冥界との境界)と信じられており、精霊迎えの行事が始まったとされています。
2019.08.08六道まいり (67)六道珍皇寺.JPG
で、上の画像左の門をくぐると、普段は設置されていない大型特設テントが目に入ってきます。
2019.08.08六道まいり (69)六道珍皇寺.JPG
これは高野槇(こうやまき)の販売所です。説明には「一、境内に於いて高野槇を買い求める」とあるのですが、高野槇の葉っぱに精霊が乗って冥土から戻ってくると信じられています。
2019.08.08六道まいり (70)六道珍皇寺.JPG
続いて「二、本堂前で先亡の戒名・俗名を水塔婆(みずとうば)に書いてもらう」とありますので、そちらに移動します。お坊さんが戒名等を記した紙に従って、水塔婆にそれらを書いてくれます。
2019.08.07六道まいり (16)六道珍皇寺.JPG
水塔婆というのは経木でできた卒塔婆(そとうば)ですが、後で出てきます。で、次に「三、迎え鐘を撞く」ですので、迎え鐘のあるお堂に向かいます。
FB用2019.08.07六道まいり (8)六道珍皇寺.JPG
その後「四、水塔婆を線香で浄める」という説明にそって、線香台の前へ。
2019.08.08六道まいり (71)六道珍皇寺.JPG
そして、この日の最後の手順として「五、地蔵尊宝前に於いて高野槇にて水回向の後、その場所に納めて置く」という段取りに向かいます。
2019.08.07六道まいり (13)六道珍皇寺.JPG
実は、この後、「八月十七日当山本堂前六道の辻にて総ての水塔婆を納める盂蘭盆会施餓鬼法要を厳修致します」という手順になります。ちなみに、「五山送り火」は、六道まいりでお迎えした精霊(しょうりょう)が再びあの世に帰るのを送る行事です。六道まいりの4日間は夜の22時まで辺り一帯に迎え鐘が響き渡ります。

参考➀:六道まいりの期間中は、普段は非公開の薬師如来像(重要文化財)や格子の間からしか見ることのできない閻魔大王と小野篁(おののたかむら)の木造が公開されます。小野篁は平安期の公卿で文人・歌人ですが、毎夜、六道珍皇寺にある井戸から冥界に通い、閻魔大王の助手をしていたという伝説のある人物です。
参考➀:六道は「この世に生きるものが輪廻(りんね:生と死を何度も繰り返しながら彷徨い続けること)する、下記の6種類の世界のこと(仏教で説く「六道輪廻の世界」)です。
「天道:人間より優れた存在である天人が住む世界」•「人間道:人間が住む世界」•「修羅道:終始戦い、苦しみや怒りが絶えない修羅の世界」•「畜生道:ほとんど本能ばかりで生きる弱肉強食の動物の世界」•「餓鬼道:常に激しい飢餓感、空腹感に襲われる世界」•「地獄道:罪を償わせるための世界」の6種類です。
仏教では、生前の善悪の行いによって六道のどの道に行くのかが決められるとされ、悟りを開くことでこの輪廻から脱出(解脱)して、浄土の世界に行くことができると教えています。「六道の辻」は、これら6つの冥界への分岐点(場所)の意味になりますね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント