お庭とナンタケット・バスケットを愛でる@建仁寺両足院。

1カ月ほど前、38期緑のYu-mo(仮名)が「ナンタケット・バスケットが建仁寺両足院で展示されるので、京都に行きます」と言って上洛してきました。ハンゲショウ(半夏生)のお庭のある塔頭として知られている建仁寺両足院ですが、このところギャラリーかイベント会場のような展開を見せています。まずは、この画像から。 会場(普段の拝観入口とは違…
コメント:0

続きを読むread more

時代祭・行在所祭:白川女さんを中心に@京都御所建礼門前・2019年10月26日10時30分。

時代祭については、これまでにもご紹介してきましたが、今年は少し本腰を入れて…と思い、朝からあちこちに撮影に。本来なら、時系列的に朝9時の平安神宮の光景からUPしたかったのですが、諸般の事情(笑)で行在所祭(あんざいしょさい)の様子から。まずは、白川女(しらかわ)さん。 本来、行在所は「天皇が外出した時の仮の御所(仮宮)」の意味です…
コメント:0

続きを読むread more

高御座&御帳台、ただしレプリカですが…。@象彦寺町本店

10月22日に行われた「即位礼正殿の儀」の様子を伝えるTV画面に、天皇が着座された玉座「高御座:たかみくら」と皇后陛下の御座「御帳台」がしばしば登場しましたが、先日、寺町通二条上ルの「象彦寺町本店」(以下、「象彦」)でその縮小模型を拝見してきました。まずは、こちらの画像から。左・高御座&右・御帳台。 ずっと岡崎の琵琶湖疎水そばにあ…
コメント:0

続きを読むread more

舞妓さんを撮影すると罰金!…ですよ(笑)@祇園町南側。

最近、ついにこんな駒形高札が四条通以南の花見小路通界隈に立てられました。「私道での撮影禁止」で「許可のない撮影は1万円申し受けます」という内容です。公道での撮影はまだ大丈夫のようですが…。 もう4年前になるのですが、同じエリアに立てられたの駒形の高札をご紹介しました(詳細はこちらをご覧下さい)。次の画像はかなり風雨にさらされて年月…
コメント:4

続きを読むread more

粟田祭神幸祭の光景あれこれ。

25日は久し振りにミニ祇園祭ともいうべき亀岡祭に行く予定だったのですが、午前中はおろか15時頃まで結構な雨が降っていたので、断念。ということで、お蔵入りにしようと思っていたのですが、またまた粟田祭関連の話題を。このところ、UPしてこなかったので、まぁお付き合い下さい。まずは、御幣守りを販売中のお2人から。 神輿に先行する神幸列(先…
コメント:0

続きを読むread more

猛獣類を楽しむ!@再び、京都市動物園。

京都市動物園無料公開の話題、続いては猛獣篇です。本来の意味で言えば、肉食の大型で獰猛な哺乳類を指す言葉ですが、今回、オオカミ(狼)・クマ(熊)は割愛。その代わり、最後に草食のキリンとシマウマ(縞馬)を。まずはジャガーのアサヒ(雄)から。 画像の黒い部分は手前の金網です。ジャガーはアメリカ合衆国南西部からホンジュラス・ブラジル・アル…
コメント:0

続きを読むread more

粟田祭神幸祭の剣鉾:差し鉾篇。

粟田祭神幸祭で披露された剣鉾の内、当家で飾られる飾り鉾(居鉾)は既にご紹介しましたので、本日は差し鉾と荷鉾(にないほこ:台車に載せて移動する鉾)を。粟田神社には18基の鉾が古くから伝わっています(*注➀参照)が、最初の画像は平成に新調された「鶴鉾」を。 以下、涙を飲んで(笑)厳選した画像を。まずは、柏の葉と実(ドングリです)がデザ…
コメント:0

続きを読むread more

幹事他の皆様、有難うございました&お疲れ様でした!@ポロニア学園・31期紫雲会同期会。

一昨日、ポロニア学園(仮名)・31期紫雲会同期会でお会いした先生方をご紹介しましたが。本日は幹事の皆様を中心に(重複あり・氏名略)。まずはこちらの画像から。左端・右奥・手前(青服)の3人は担任しましたね。> 今回の幹事の硬式テニス部の皆様でしたが、他にもご協力いただいた方(次の画像右・担任しました)もいらっしゃったようで。次…
コメント:0

続きを読むread more

猛禽類を楽しむ!@京都市動物園。

今上天皇の即位礼正殿の儀があった10月22日、京都市では二条城や京都市動物園等、いくつかの施設が無料公開されました。二条城は先日行ったしなぁ…ということで、岡崎の京都市動物園までチャリ!で、動物園と言えば、猛禽類と猛獣類!本日は猛禽類を少々。説明は最後にして、画像の最初はシロフクロウ(白梟)。 続いては、ホンドフクロウ(本土梟)。…
コメント:0

続きを読むread more

ポロニア学園・31期紫雲会同期会で、久し振りにお世話になった先生方にお会いしてきました。感謝あるのみです!

今回は、昔々、ポロニア学園(仮名)を卒業された皆様だけ(笑)に向けての画像UPです。行者橋がポロニア学園に勤務した時、最初の2年間、同じ学年で新人教員・行者橋を育てて下さった先輩方と久し振りにお会いしました。で、まずはこちらのKatuo-san(仮名、以下同じ)から。 生徒に関して言えば、最初に配属されたのは高校2年生で、卒業後、…
コメント:0

続きを読むread more

粟田祭神幸祭の剣鉾:当家飾り鉾篇。

粟田神社&氏子地域では19基の剣鉾を護持してきており、神幸祭でその内の6基ほどが差されて巡幸列に供奉します。それ以外に、当家(とうや)と呼ばれる当番の家々で飾られる鉾(飾り鉾・居鉾)があります。本日は、そのうちの当家3軒の様子を。まずは第十鉾・獅子牡丹鉾を。 当家では数人の小父様・小母様が交代で詰めておられて、色々とお話を伺うこと…
コメント:0

続きを読むread more

神輿の青蓮院入り(渡御):粟田祭における神仏習合・その2@青蓮院拝観入り口前。

粟田祭での神仏習合の祭事には、既にご紹介した「れいけん祭」がありますが、もう1つ、「神輿の青蓮院入り(渡御)」という儀式もあります。これは粟田神社宮司による祝詞奏上と青蓮院門主(だと思います)によるお加持が行われるものです。本来は関係者しか見られないのですが、今年は青蓮院拝観入り口で行われました。まずは、こちらの画像から。 次は、…
コメント:0

続きを読むread more

再び、西院・春日神社春日祭の剣鉾@西院野々宮神社前。

またまた(西院)春日神社の剣鉾です。いやぁ、行者橋、剣鉾好きなものですから、記録とお考えいただいてお付き合い下さい(笑)。最初の画像は、一番鉾「鷹の羽」(寺之内町が護持)から。 続いては、弐番鉾「矢と剣」(立倉町)。お稚児さんも一緒に。次は、参番鉾「扇」(車之路町:しゃのじちょう)。黒い服の方は当屋(当家)の方か役員の方か不明です…
コメント:0

続きを読むread more

れいけん祭:粟田祭における神仏習合・その1@知恩院瓜生石前。

粟田祭では日本独特の宗教意識である「神仏習合」の祭事が2回あります。本日ご紹介するのは以前にもUPしたのですが、その1つ、夜渡り神事の中の「れいけん祭」です。最初は手ブレ画像ですが、粟田神社の神職によるお祓いの場面。手前には知恩院のお坊さんの列が…。 神仏習合(神仏混交:こんこうは、奈良時代以降に神道(日本固有・土着の宗教)と仏教…
コメント:0

続きを読むread more

(西院)春日神社神幸祭神輿渡御(巡幸)&供奉列。

毎年、10月第2土・日曜日に挙行される京都・西院の春日神社神幸祭では、日曜日13時に2基の神輿が神社を出発(発御)し、14時30分頃に西大路四条交差点で剣鉾に続いて「巴廻り」を行います。まずはその様子を…、なのですが、最初の画像はこちら。神職と共に巴廻りを見守る八乙女さんの列です(笑)。 で、14時30分頃、剣鉾の後に2基の神輿が…
コメント:0

続きを読むread more

粟田大燈呂(後篇)@粟田祭夜渡り神事:2019年10月13日。

粟田大燈呂の後篇。詳細・説明は後に譲りますが、画像は「八岐大蛇:やまたのおろち」から。画像の白いもやもやとしたものは、手前の松明の煙です(笑)。 続いては、「さすら姫のみこと」。佐須良比賣命(さすらひめのみこと)は、半年の間に溜まった罪や穢れを祓い清める大祓の最後の役割を果たす厄除けの神様だそうです。右手には大幣(おおぬさ)、左手…
コメント:0

続きを読むread more

粟田大燈呂(前篇)@粟田祭夜渡り神事:2019年10月13日。

粟田神社の粟田祭(大祭)は、例年、体育祭の日(今年は10月14日)に神幸祭・剣鉾巡行・神輿渡御が、その前日(10月13日)夜には夜渡り神事・(神仏習合の)れいけん祭が行われるのですが、その時に粟田大燈呂(だいとうろ)が巡行します。その様子を2回に分けて。前篇最初の画像は、こちら。 れいけん祭が行われるのは知恩院黒門前の「瓜生石:う…
コメント:0

続きを読むread more

西院・春日神社春日祭、剣鉾の巴廻り@西大路四条交差点。

京都・佐井通(春日通)四条上ルにある春日神社の春日祭(毎年10月第2土・日曜日)では、西大路四条交差点内を剣鉾と神輿が廻る「巴廻り」が披露されます。本日は剣鉾篇。まずは車之路町(しゃのじちょう)が護持する参番鉾(扇)と五番鉾(下り藤:今在家町)。 こちらが西大路四条交差点。阪急京都線西院(さいいん)駅のある場所ですが、時刻は14時…
コメント:0

続きを読むread more

寺町通・藤袴祭、再びあれこれ。

一昨日はフジバカマ(藤袴)とアサギマダラ(浅葱斑)に焦点を当てて、寺町通の藤袴祭の様子をご紹介しましたが、本日はそれ以外の様子を少々。寺町通の歩道には鉢植えのフジバカマが並べられていますが、まずはこちらの画像から。 画像右上に明るい褐色の蝶が写っていますが、おそらくはオス(雄)のツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)だと思います。次の画像…
コメント:0

続きを読むread more

「五大の庭」に代わって、新しく作られた東寺・観智院の「涅槃禄-長者の庭-」等を愛でる!

東寺は、平安京建設当初から場所も堂宇の位置もほぼ変わらず、往時の様子を伝えてくれるとても貴重な寺院ですが、今回ご紹介する観智院は有料拝観エリア(金堂・講堂・五重塔等)の反対側にある北大門を出て右側にある塔頭(たっちゅう)です。まずは「涅槃禄-長者の庭-」を。 南北朝期の1359(延文4)年に創建された観智院ですが、14世紀初め(鎌…
コメント:0

続きを読むread more

フジバカマ&アサギマダラ@寺町通・藤袴祭。

毎年、寺町通(一部、丸太町通)ではフジバカマ(藤袴)の鉢を並べて愛でるというEVENTを行っているのですが、今年で5年目。その様子を2回に分けて。第1弾はフジバカマに集まる蝶・アサギマダラ(浅葱斑)をメインに。まずは、こちらの画像から。 フジバカマは絶滅危惧種に指定されているのですが、この藤袴祭を主催している「源氏藤袴会」は、19…
コメント:0

続きを読むread more

京都民芸資料館はこじんまりとした、展示作品も建物自体もとても美しい美術館でした。

またまた、38期緑・Yu-mo(仮名)のご案内に関わる話題ですが、リクエストに応じて訪れた京都民芸資料館のこと等を。最初に「留守番ですねん」と仰りながら対応して下さった係の方に伺うと「撮影・公開、OKですよ」とのことでしたので、少しだけ作品もUPします。まずはこちらの大皿から。 行者橋、この京都民芸資料館のことは存じ上げませんでし…
コメント:0

続きを読むread more

藤井厚二の聴竹居を見学!:京都の近代建築№30。

藤井厚二の名をご存知の方はそう多くないかもしれませんが、建築の世界では建築環境工学の先駆者として、とても著名な建築家・建築学者です。その藤井が最後に完成させた自邸が「聴竹居:ちょうちくきょ」です。詳細はおいおい説明するとして、まずは聴竹居の画像から。 1920(大正9)年に、藤井はJR大山崎駅から徒歩10分程の天王山の麓に1200…
コメント:0

続きを読むread more

漆掻きの道具をじっくり拝見!@佛光寺境内「D&DEPARTMENT KYOTO」。

しばしば「男の趣味」として蕎麦打ちとか陶器造り等が取り上げられますが、行者橋、それらには余り興味が無く、実は「漆掻き・漆塗り」(無論、実現はしていませんが)にとても関心が深く、関連する様々な道具類や展示があると見入ってしまいます(笑)。先日、38期緑のYu-mo(仮名)が再び上洛して、佛光寺の境内の「D&DEPARTMENT KYOTO…
コメント:0

続きを読むread more

上七軒の梅たえさん・梅さなさん・梅千沙さん@北野天満宮ずいき祭。

北野天満宮ずいき祭還幸祭で、上七軒の舞妓さんがずいき神輿と鳳輦等の巡幸列をお見送りする様子のご報告第2弾はお茶屋「梅乃」さんのお3方です。まずは3人揃った画像ですが、左・梅たえさん、中・梅さなさん、右・梅千沙さん(だと思います)。 ということで、お1人ずつの大写しを。最初は梅たえさん。続いて、梅さなさん。そして、梅千沙さん。そうこ…
コメント:4

続きを読むread more

上七軒の市ぎくさん・勝貴さん・市梅さん・ふみ幸さん@北野天満宮ずいき祭。

北野天満宮ずいき祭還幸祭では、ずいき神輿と鳳輦等の巡幸列が異なるコースでお旅所から北野天満宮まで巡幸しますが、上七軒では舞妓さんが出迎えます。その様子を2回に分けて。本日は4人の舞妓さんが登場しますが、まずは勝貴(かつき)さんの画像から。 実は、行者橋、時間を読み間違えて上七軒に到着した時には既にずいき神輿がお茶屋「中里」さんと「…
コメント:2

続きを読むread more

チコちゃんに叱られる 京都祭り@大丸京都店。

珍しく「大丸京都店」(関西では“きょうとてん”では無く“きょうとみせ”と言いますね)に用事があり訪れたら、「チコちゃんに叱られる 京都祭り」というEVENTが開催されておりましたので、チョッと覗いてみました。まずはこちらの画像から。 6階イベントホールの入り口の右にはチコちゃんとキョエちゃんが、反対側にはチコちゃんが問いかける様々…
コメント:2

続きを読むread more

38期緑の卒業生YYYトリオとの最後の食事は「京菜味 のむら 錦店」で!

38期緑のYu-mo・Yokko・Yuri(いずれも仮名)の3人の京都旅の最後は買い物だったのですが、その後、錦市場近く(麸屋町通錦下ル)の「京菜味 のむら 錦店」 で昼食となりました。ということで、最初の画像は「雅ご膳」です。 以前、蛸薬師通烏丸西入ルの「京菜味 のむら」(現在は、烏丸本店と称しています)で「雅ご膳」をいただいた…
コメント:0

続きを読むread more

建仁寺の襖・屏風は自由に撮影可能です。…はい、基本、レプリカなので(笑)。

38期紫なすびのRi-tanご夫妻(仮名です)がRi-tanのお母様とご一緒に上洛され、お母様のリクエストで建仁寺の拝観へ。見どころ多数ですが、実は、建仁寺では方丈(本堂)の襖・屏風をレプリカに替えていらっしゃいますので、撮影自由なのです。まずは、何と言ってもこれ!俵屋宗達「風神雷神図」(国宝)の雷神。 実は、これは陶板に復元した…
コメント:0

続きを読むread more

ずいき神輿!@北野天満宮御旅所。

京都の10月は、北野天満宮のずいき(瑞饋)祭から始まります。ということで、ずいき神輿がそろそろ御旅所に到着したかなという頃を見計らってGO!まずは、(大人用の)ずいき神輿の画像から。 北野天満宮御旅所は西大路妙心寺道の交差点を西に1筋入った春日通(佐井通)と妙心寺道の角(京都市立北野中学校の西南)にあります。屋台が鳥居の両側にひし…
コメント:4

続きを読むread more

38期緑の卒業生YYYトリオと二条城で贅沢な特別朝食「京のゆば粥御膳」をいただく!

38期緑のYu-mo・Yokko・Yuri(いずれも仮名)の3人の京都旅日記の続きですが、今回の旅の特色はご飯が豪華・贅沢ということに尽きます(笑)。ということで、本日は二条城清流園香雲亭での朝食の様子を。まずはこちらの画像から。 会場の二条城清流園香雲亭は、無論、通常非公開。集合時刻の8時20分に竹の柵が外された入口から清流園に…
コメント:2

続きを読むread more