祇園甲部の紗月さん・豆結さん、5mのケーキに入刀!@リーガロイヤルホテル京都開業50周年記念イベント。

11月1日の舞妓さん・芸妓さんシリーズ(全3回:笑)の第2弾は、祇園甲部の芸妓さん・紗月(さつき)さんと舞妓さん・豆結(まめゆい)さん。舞台はリーガロイヤルホテル京都1階ロビーです。まずは紗月さんの画像から。
2019.11.01Bリーガロイヤルホテルの舞妓さん・芸妓さん (126).JPG


リーガロイヤルホテル京都の前身は1969(昭和44)年開業の京都グランドホテルで、今年がそれから50年周年ということで様々なイベントが続いているのですが(10日まで)、そのオープニングイベントにお2人が登場されたという訳です。で、次は豆結さん。
2019.11.01Bリーガロイヤルホテルの舞妓さん・芸妓さん (123).JPG
次はお2人が登場された時の画像ですが、超人気先輩芸妓さんの紗月さんの横で、豆結さんは若干緊張の面持ちです。
2019.11.01Bリーガロイヤルホテルの舞妓さん・芸妓さん (119)紗月.JPG
リーガロイヤルホテル京都は、九州方向からの新幹線が京都駅近くで低速になった時に左手に“タネのタキイ“の「タキイ種苗(しゅびょう)」が見えますが、その隣にあるホテルです。
03_access.gif

*画像は「タキイ種苗」のHPから転載させていただいています。
で、披露された舞の2演目は「祇園小唄」だったのですが、最初の演目の名前を失念。ということで、最初の舞を地方(じかた)さんも含めての画像から。お顔が三味線で隠れていて申し訳なし。
2019.11.01Bリーガロイヤルホテルの舞妓さん・芸妓さん (146).JPG
で、紗月さんを続けて2枚。
2019.11.01Bリーガロイヤルホテルの舞妓さん・芸妓さん (129).JPG
2019.11.01Bリーガロイヤルホテルの舞妓さん・芸妓さん (131).JPG
続けては、豆結さんを2枚。
2019.11.01Bリーガロイヤルホテルの舞妓さん・芸妓さん (133).JPG
2019.11.01Bリーガロイヤルホテルの舞妓さん・芸妓さん (139).JPG
続いては祇園小唄。
2019.11.01Bリーガロイヤルホテルの舞妓さん・芸妓さん (167).JPG
祇園小唄はお馴染みですので、簡単に2枚のみ。
2019.11.01Bリーガロイヤルホテルの舞妓さん・芸妓さん (173).JPG
2019.11.01Bリーガロイヤルホテルの舞妓さん・芸妓さん (170).JPG
舞の披露の後は、50周年記念の5mに及ぶバースディケーキの登場です。
2019.11.01Bリーガロイヤルホテルの舞妓さん・芸妓さん (179).JPG
いや、実際は(確か)80cmはどのケーキ6台がその場でくっつけられたものですが…。それはともかく、紗月さん・豆結さんも加わって入刀!
2019.11.01Bリーガロイヤルホテルの舞妓さん・芸妓さん (186).JPG
これは、小さくCUTされてお客様に振舞われましたが、勿論、行者橋もいただきました。
2019.11.01Bリーガロイヤルホテルの舞妓さん・芸妓さん (192).JPG
その他、クラフトジン「季の美:きのび」のジントニックも振舞われましたので、こちらも(実は2杯:笑)。最後に再び、豆結さん・紗月さんを。
2019.11.01Bリーガロイヤルホテルの舞妓さん・芸妓さん (157).JPG
2019.11.01Bリーガロイヤルホテルの舞妓さん・芸妓さん (159).JPG
行者橋は、その後、四条烏丸の大垣書店京都本店での秀華乃(ひでかの)さんの1日店長イベントに向かいました。その様子は、後日UPします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

narahimuro
2019年11月04日 13:51
祇園甲部で見せ出しから連続売り花一番の紗月ですね。
仕込みさん時代から注目されていて、稽古に通われている
時から、カメラオジサンが追っかけていました。
残念ながら、来年、都をどりの後、引退される
ようです。
引退される方もおられる一方、最近、芸妓で復帰された
方もおられます。この方も舞妓さん時代には、人気ある方で
した。
 とにかく、祇園甲部では、紗月さんは伝説となって
残るでしょう。
行者橋 渡
2019年11月04日 17:21
narahimuro様、コメント有難うございます。いやぁ、本当に「噂の」とか、「あの」とかが付いてくる紗月さんですが、来年には引退ですか、残念。仰る通り、伝説の紗月さんになるのでしょうね。