松井酒造で昼から「神蔵」をいただく!

31期紫・Yoshiko-H(仮名)の京都案内3日目、「狐は苦手だけど、千本鳥居は見たい」とのリクエストで朝一番で伏見稲荷大社へ。その後、伏見の街を散策する予定だったのですが、3日目だけに流石にお疲れ気味。雨も降っていたので、急遽、東一条通の「松井酒造」鴨川蔵に行くことに(笑)。
2020.01..2731期紫早船上洛 (16).JPG


酒蔵つながりということで行き先変更となった次第です(笑)。実は、松井酒造は平安神宮横で開いていた「神宮酒場」をしばらく前に閉店され、現在は鴨川蔵の店頭でお酒とおツマミを提供されているのです。で、Yoshiko-Hは5種飲み比べをオーダー。
2020.01..2731期紫早船上洛 (10).JPG
行者橋は
上の画像右手前の白いボトル「 純米大吟醸 神蔵 KAGURA 無濾過 生原酒(白)」をオーダー。ついでにおツマミを追加。
2020.01..2731期紫早船上洛 (13).JPG
行者橋のオーダーしたのは、上の画像右のワイングラス風のカップでサーブされたのですが、Yoshiko-Hは「これを買いたいなぁ」と無理なお願い。勿論、売り物ではありません(笑)。そして、おツマミの大写しがこちら。
2020.01..2731期紫早船上洛 (14).JPG
どれも美味しかったのですが、ユニークだったのは上の画像奥のお猪口に入っている「干し葡萄の古酒粕漬け」。甘いのですが、お酒が進みます(笑)。と、若女将がお店になり、色々と説明をして下さいました。
2020.01..2731期紫早船上洛 (18).JPG
お子様がお2人いらっしゃるのですが、相変わらずお美しい!…と、若女将が新たなオツマミを。次の画像左は「干し葡萄の古酒粕漬け」ですが、右は「唐墨(からすみ)の酒粕漬け」。
2020.01..2731期紫早船上洛 (15).JPG
増々、お酒が進み、行者橋はもう1杯追加。と、さらにオツマミが。次の画像左は葱味噌。いやぁ、酒が止まらない(笑)。
2020.01..2731期紫早船上洛 (19).JPG
要予約ですが、この「松井酒造」では酒蔵見学&試飲が可能です(1200円:醸造工程の都合上、不可の時もあります)。
2020.01..2731期紫早船上洛 (20).JPG
丁度、社長はそのご案内中でしたが、ひと通り見学を終えて試飲という段取りでした。蔵の様子はモニターで見えるのですが、外国の方が蔵人さんとして作業中でした。ということで、最後はこちら。
2020.01..2731期紫早船上洛 (17).JPG
いつもながら美味しいお酒とおツマミの数々、本当に有難うございました。次は吉田神社の節分会(2月2日・3日)とまいまい京都の酒蔵見学(2月15日)にお伺いします!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い
かわいい

この記事へのコメント