京都御苑の梅・蝋梅・十月桜:2020年2月28日。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政府が「3月2日から全国の小中学校・高校・特別支援学校の臨時休校」という異例の要請を発表する事態になり、先が見えませんが、行者橋は丹山酒造の酒蔵見学や東山花灯路の行事が中止になり、一気に楽しみが消えてしまい落胆しております。やむなく、京都御苑の梅等を観に行こうかとチャリチャリ。まずは黒木の梅の画像…
コメント:2

続きを読むread more

京都伏見バルで、興味深いBARを発見!

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、学校の休校・各種芸能&スポーツ大会の開催中止等、さらにはJRAが競馬場・WINSを閉鎖して競馬開催という悲しい事態(笑)になっており、この先どうなるのかと思いますが、本日はその動きの前に行われた伏見でのお酒のEVENT「京都伏見バル」の報告です。まずは「Bar LAG WAGON」での画像から。…
コメント:2

続きを読むread more

淀水路の河津桜:2020京都桜情報➃。

既にUPしたように、三条大橋西詰南の河津桜が5・6分の咲き具合になったので、淀水路(淀緑地)の河津桜もそのくらいは咲いているだろうと思い、JR桃山駅の寒桜を観た後、京阪本線淀駅に足を延ばすことに。最初の画像は、府道126号線に架かる孫橋からの光景を。 淀駅前のロータリーにも河津桜が咲いていましたが、今回はメジロ(目白)の画像を多い…
コメント:0

続きを読むread more

今年の梅花祭は微妙な光景が…(笑)@北野天満宮。

京都でも新型コロナウイルス感染症の拡大による行事の中止・縮小が続いていますが、梅花祭も事前に「野点茶会は参加者数を制限、マスク着用、舞妓さん・芸妓さんの抹茶の提供停止」との告知がありました。野点茶会の撮影は数年前から断念しているのですが、「舞妓さん・芸妓さんの画像はまぁ撮れれば良し、梅の花でも撮って帰ろう」と思い、チャリチャリチャリ。で…
コメント:2

続きを読むread more

JR桃山駅の寒桜:2020京都桜情報③。

随分前、三条大橋西詰南の河津桜の開花を発見した頃、実は「JR桃山駅のカンザクラ(寒桜)が咲き始めた」という噂を耳にして、行者橋は「そんな所に寒桜があったんだ!」と初めて知り、早く見に行かなきゃと思いつつ日にちが経っていたのですが、ようやく23日に…ということで。 JR桃山駅は(行者橋が良く利用する)京阪本線伏見桃山駅から大手筋を東…
コメント:0

続きを読むread more

16番人気のミライヘノツバサ、ダイヤモンドステークスで勝利!:Pekotan Photo Theater。

久し振りに38期緑のPekotan (仮名)から競馬の画像が届きました。まずは、とても素晴らしい子の画像から。レースは22日に東京競馬場で行われたダイヤモンドステークス。次の画像右が勝利した⑯ミライヘノツバサ。鞍上はピンク帽の木幡巧也(こわた たくや)騎手。左手前のオレンジ帽がハナ差で2着の⑭メイショウテンゲン(池添謙一騎手)。 …
コメント:0

続きを読むread more

二条城撮影所跡@二条城西(押小路通美福通角)。

本来、今日は「第23回京都駅ビル大階段駈け上がり大会」を撮影に行き、その様子をUPしようと思っていたのですが、あいにくの雨だったので断念。ということで、映画関連の記事をUPします。まずはこちらの画像から。 「二条城撮影所跡」というタイトルの説明版とフィルムとカメラのデザインがされた(何となく)スクリーン風の石碑(モニュメント)です…
コメント:0

続きを読むread more

三条大橋西詰南の河津桜、再び(その後の様子):2020京都桜情報②。

2月7日、三条大橋西詰南の河津桜が粉雪舞う中で開花している画像をお届けしましたが、2月21日現在の同じ場所の河津桜の様子を。最初の画像はこちら。 次が2本を撮影した画像。上半分はまだ蕾が残っていますが、流石にかなり開花してきました。次は南側の河津桜。この南側の花を続けて2枚。次は北側の木の様子を。同じような画像になりますが、バラン…
コメント:0

続きを読むread more

祇園東の舞妓さん・芸妓さん@観亀神社二の午祭。

今朝(21日)、祇園町北側にある観亀神社で二の午祭が斎行され、祇園東お茶屋組合の関係者はじめ、舞妓さん・芸妓さんが参列されましたので、行って参りました。まずはこちらの画像を。右から仕込みさん・叶久(かのひさ)さん・満彩尚(まさなお)さん(のはず。後ろに叶千代さんが隠れてしまいました)。 祇園東では「観亀さん」と呼ばれていますが、二…
コメント:4

続きを読むread more

剣神社つるぎ御弓始祭:梅とご接待の日③。

梅宮大社あまざけまつりで梅を楽しんだ後、東山・今熊野の剣(つるぎ)神社へチャリチャリチャリと引き返すこと小1時間。京都横断の帰り道なので、そう急な坂道では無いのに東大路通からの最後の坂が流石に辛い(笑)。つるぎ御弓始祭の最初の画像はこちら。 剣神社のこの神事は「御弓始祭」と「厄除火焚祭」の2つのパートに分かれていますが、次の画像が…
コメント:0

続きを読むread more

妙心寺&泉涌寺 with Syachouご一家。

38期緑のSyachou(仮名)ご夫妻が上洛され、お嬢さんの69期黄のMamiya-T(仮名)を含めたお3方をご案内。最初の画像は泉涌寺御座所庭園で見かけた石灯籠。泉涌寺型雪見灯籠と呼ばれ、足は4本ですが、苔の乗った笠・その下の火袋・薄い中台は皇室のお寺=御寺(みてら)に相応しい8角形。 今回は珍しく「京の冬の旅 特別公開」中の妙…
コメント:0

続きを読むread more

梅宮大社あまざけまつり:梅とご接待の日②。

建国記念の日の「梅とご接待の日」シリーズ、第2弾は梅宮大社の「あまざけまつり」です。まずはこちらの画像から。サザンカ(山茶花)の蜜を吸いに来たメジロ(目白)です。 梅宮大社は橘氏の氏神で、四条通の西端(松尾橋)手前の梅津という地域にあるのですが、元々は奈良時代に別の場所に創建されたそうで、現在地には嵯峨天皇の皇后・橘嘉智子(橘のか…
コメント:0

続きを読むread more

松井酒造見学報告。

「【松井酒造】新銘柄「言葉音」初披露!酒蔵見学と日本酒・特製小料理を堪能~絞りたて新酒からにごり酒まで、熱燗・冷や・原酒…日本酒6種呑み比べ~」という長いタイトルの「まいまい京都」のEVENTが、2月15日にあり参加してきましたので、そのご報告を。最初の画像は、やはり若女将ですね(笑)。 会場は勿論、東一条通の「松井酒造鴨川蔵」。…
コメント:0

続きを読むread more

下御霊神社氏子餅つき祭:梅とご接待の日➀。

2月11日・建国記念の日はあちこちで行事があるのですが、今年は下御霊神社・梅宮大社・剣(つるぎ)神社の梅の様子を見てご接待を受けに行こうと思い立ち、京都を横断することに。ということで、まずは下御霊神社の氏子餅つき祭篇を。最初の画像は、いただいたぜんざいです。 10時少し前に下御霊神社に到着すると、とても多くの氏子さんが参集して準備…
コメント:0

続きを読むread more

まるぱん・さんかく・かたぱん。

先日、「カタパン屋」さんでまるぱん・さんかく・かたぱんを買ってきました。まずは、かたぱんの画像から。やわらかいまるぱんを炭火で乾燥させ、とても堅くしたものです。 「カタパン屋」さんは河原町八条交差点の1筋南の小路角にあります。「カタパン屋」の看板が下がっていますが、見た目は普通の民家ですので、知らないと通り過ぎる可能性もあります。…
コメント:0

続きを読むread more

菊神稲荷神社の初午祭(水行&お火焚き):2020年2月9日。

菊神(きくじん)稲荷神社は、仁王門通の頂妙寺の塔頭(たっちゅう)の1つ、妙雲院に隣接する神社です。ちなみに、仁王門通の名は頂妙寺の仁王門に由来します。後で少しずつ説明をしていきますが、2月9日に初午祭が行われましたので、その様子を。まずは水行の画像から。 1788(天明8)年、京都の8割が被災した「天明の大火」で妙雲院も堂宇が焼失…
コメント:0

続きを読むread more

節分の光景@吉田神社(本宮・菓祖神社・大元宮)。

節分の光景が続きます。第2弾は吉田神社。最初の画像はこちら。大元宮(だいげんぐう)に立てられていた「厄塚:やくづか」の上半分です。 2月2~4日の吉田神社の節分祭では、何と言っても2日18時からの追儺式(ついなしき:鬼やらい神事)が有名ですが、異常な人混みになるので、行者橋はこのところは敬遠しております。で、3日16時頃に出掛けた…
コメント:2

続きを読むread more

節分の光景@満足稲荷神社・聖護院・熊野神社。

少し前の話題になりますが、節分の日(3日)、例によって東山の神社・寺院を駆け巡り、ご接待も受けたりしましたので、その様子を。まずは、聖護院にあった顔出しパネル。両サイドの尾には可愛いのですが、これを利用した人がいるのでしょうか(笑)。 で、以下は回った順に。まずは、満足稲荷神社。豊臣秀吉が(指月)伏見城の守護神として伏見稲荷大社の…
コメント:0

続きを読むread more

「『京友禅の老舗 千總 イベント 図案家のしごと』@京都岡崎 蔦屋書店」を拝見してきました!

ポロニア学園(仮名)64期赤の袴田有紀が、自身の勤務する会社「千總・ちそう」の開催する「京友禅の老舗 千總 イベント 図案家のしごと」の告知をFBでしていたので、9日の午後、またまた岡崎へチャリチャリ。会場は「ロームシアター京都」内にある「京都岡崎 蔦屋書店」(以下、蔦屋書店」のパークプラザ1階。まずは、こちらの画像から。 袴田に…
コメント:0

続きを読むread more

「雪が舞い 雷鳴響く 都路(みやこじ)を 児童(こ)ら駆け抜ける 大文字駅伝」(字余り)…拙作でございます(笑)。

2月9日は「第34回京都市小学校大文字駅伝大会」(以下、大文字駅伝)の日。行者橋、綿雪舞う中、フィニッシュ地点の岡崎公園野球場へチャリチャリ。まずは、1位に輝いた桂東(かつらひがし)小学校の画像から(以下、校名の小学校の文字は略)。 この日、朝、目覚めて窓を開けると、近隣の家々の屋根にうっすらと雪が積もり、雪が舞い、時折雷鳴も轟く…
コメント:0

続きを読むread more

難読看板あれこれ。

京都の街をチャリチャリしていると、時々気になる看板に出くわします。1つは「漢字が難しいor読めるには読めるけど意味が不明の(仮)難読パターン」、もう1つは「漢字が草書体(達筆すぎ)or隷書体等で読めない(仮)達筆パターン」です。まずは以前にもチョッとふれたことがあるのですが、二条通木屋町西入ルにある「難読」看板から。 〈ばいようし…
コメント:6

続きを読むread more

八坂神社節分会・豆まき:宮川町篇・補遺。

八坂神社での舞踊奉納&豆まき報告・宮川町篇は既にUPしたのですが、若干UPし残した画像を落穂拾い的に(笑)。ただし、前回との重複あり。まずは、こちらの画像から。左から、とし恵美さん・千賀遥(ちかはる)さん・千賀明(ちかさや)さん、後列は不明です。 舞踊奉納&豆まきを拝殿内でご覧になっている様子です。で、次からは舞踊奉納前の様子です…
コメント:4

続きを読むread more

粉雪舞う中、河津桜が開花!@三条大橋西詰南・2020京都桜情報➀(オマケ画像あり)。

1月は暖かい日が続き、1月31日に初雪を観測!と京都地方気象台が発表したものの、朝早くだったので実感無し。2月5日から急に寒くなって6日午後に粉雪がちらついたのが、行者橋の実感としては初雪!…だなぁと考えながら三条大橋そばをチャリチャリとしていたら、おぉ!河津桜が咲いている! 場所は、このブログではお馴染みの三条大橋西詰の少し南。…
コメント:0

続きを読むread more

祇園東の満彩野さん・富千英さん・叶千代さん・叶久さん・満彩尚さん・富豊志さん@八坂神社節分会・豆まき。

八坂神社節分会の舞踊奉納&豆まき、最後は祇園東篇です。 恒例に従って(笑)、お見世出しの早い順に。まずは、2016年12月にお見世出しされた満彩野(まさの)さんです。 続いては、2017年2017年10月にお見せ出しされた富千英(とみちえ)さん。日昇別荘でのEVENTでお会いしたばかりですが(笑)。豆まきの際の画像ですが、何があっ…
コメント:6

続きを読むread more

祇園甲部のまめ衣さん・美月さん・小花さん@八坂神社節分会・豆まき。

八坂神社節分会の舞踊奉納&豆まき、第3弾は祇園甲部篇です。立方(たちかた)さん・地方(じかた)さんが3名ずつという陣容。まずは、まめ衣(きぬ)さんの画像から。 この日の舞妓さん3人はいずれも2016年のお見世出しをされていますが、まめ衣さんが2月、2人目の美月(みづき)さんが3月、3人目の小花(こはな)さんが6月の順になります。続…
コメント:4

続きを読むread more

宮川町のとし七菜さん・とし菜実さん・君萌さん・ふく友梨さん@八坂神社節分会・豆まき。

八坂神社節分会での舞の奉納&豆まき、第2弾は宮川町篇です。立方(たちかた)さん3名、地方(じかた)さん6名(唄3名・三味線3名)でしたが、実は地方さんの画像は1枚のみなので、立方さんをメインに。まずは、豆まきの時のとし七菜(なな)さん。 続いては、とし七菜さんと同時(2017年11月)にお見世出しされたとし菜実(なみ)さん。一応、…
コメント:4

続きを読むread more

先斗町の秀華乃さん・秀眞衣さん@八坂神社節分会・豆まき。

2月2日・3日は、八坂神社の節分会で上七軒を除く花街の舞妓さん・芸妓さんが舞を奉納し、神社関係の年男・年女の方々と豆まきを行います。まずは、2日13時から行われた先斗町篇です。最初の画像は秀華乃(ひでかの)さん。 秀華乃さんは、とても大きい目が魅力的な舞妓さんですが、続いては小柄で愛嬌のある秀眞衣(ひでまい)さん。お2人が奉納され…
コメント:2

続きを読むread more

詩仙堂のお庭に、いつの間にかお地蔵さんが…。

先日、詩仙堂を訪れた際にお地蔵さんを発見!久し振りの訪問ではありましたが、何度も来ているのに、以前には気付きませんでした(笑)。ブームということでも無いのでしょうが、近頃、こうした置物をあちこちで目にしますね。 最初の画像のお地蔵さんは3体が寄り添っていますが、次の画像にはそれも含めて3組のお地蔵さんグループがあります。お分かりで…
コメント:0

続きを読むread more