本当なら、今年の「明智光秀供養会」は結構な話題になったはずなのに…。

昨年8月、明智光秀供養会が白川の三条橋の少し南で開催された時(こちらをご参照下さい)、主催者の和菓子屋さん「餅寅」のお母さんが「来年は光秀の命日(6月14日:*参照)に行います」と仰ったのですが、今年は無理だろうなと思いつつ、念のため「明智光秀の塚」へチャリ。
2020.06.14光秀の首塚 (12).JPG


去年は11時から開催されたので、その少し前に「明智光秀の塚」に行くと、丁度、「餅寅」のお母さんが勝手口からお見えになり、お花を飾る気配。
2020.06.14光秀の首塚 (1).JPG
お母さんは格子を閉めたまま、「今日はお餅が少し大きめ」と仰りながらお供えのお餅とお水を入れ替えられた後、お持ちになったお花を外の筒に。
2020.06.14光秀の首塚 (10).JPG
「枇杷を前に置くと烏がつつくのよねぇ」と仰っていましたが、この黄色い花はオンシジウムでしたっけ。
2020.06.14光秀の首塚 (11).JPG
手前にある小石塔のお花も入れ替えて、最初の画像のように完了(上部の花は造花)。お母さんは「8月は暑いので6月に変更したのだけど、今年は無理よねぇ」と仰りながら丁寧にお参り。
2020.06.14光秀の首塚 (14).JPG
大河ドラマ『麒麟がくる』のこともあり、今年、予定通り供養会が行われたら、メディアやギャラリーも多く見えたのではないかと思うのですが、残念ながら中止。次は昨年もUPした桔梗を。
2020.06.14光秀の首塚 (5).JPG
明智家の家紋ですね。白い桔梗はまだ蕾でした。「餅寅」のお母さんは「元々、関係者が高齢なので暑い時期を避けたのにねぇ。新型コロナウイルスも高齢者には危険だし」と仰ってました。最後はこちら。
2018.09.15岡崎パレード  (108)餅寅.JPG
上の画像奥左に「明智光秀の塚」があります。右が「餅寅」さん。来年お見えになる方のための参考用画像です(笑)。来年の供養会開催を祈っております。

:明智光秀は天正10年6月13日(西暦1582年7月2日 )の深夜に亡くなったとされていますが、お母さんによると「西教寺さん(滋賀県大津市坂本)は6月14日としているようです」とのことでした。光秀の最期は諸説ありますので、まぁ14日でも可でしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

AK
2020年06月14日 17:21
麒麟は県境??で足止め中。
この間の悪さ、明智らしいというか、信長の祟り?
来週やる「国盗り物語」は見たことがないので楽しみです。
ほとぼりが冷めたら一乗谷に行きたいですね。
行者橋 渡
2020年06月14日 18:05
AK様、コメント有難うございます。
『国盗り物語』は齋藤道三が主人公で、信長・光秀が絡む話ですが、また司馬遼太郎の歴史観が大々的にPRされるのかと思うと、チョッと違和感ありですね(笑)。確か、伊丹十三が足利義昭だった記憶が…。

中断前、最後の『麒麟がくる』では、今井翼の大ジャンプが良かったとか。

一乗谷には、行者橋も行ったことが無いのですが、とても興味がある城下町です。
AK
2020年06月17日 00:56
実は司馬作品読んだことがないのです(笑)。
しかし、今年の大河は恐らく1973年大河「国盗り物語」の現代風焼き直しで、オープニングの長谷川博己の顔のアップは、1973年の近藤正臣のそれにそっくり!
「真田丸」(1985年「真田太平記」へのオマージュ多かった)のヒットで現代版焼き直しが脈アリと思ったか、2022年も1979年「草燃える」と同テーマ。
私は平安末期なら自分の郷里が多少舞台になる木曽義仲さんが良かったんですが…。
行者橋 渡
2020年06月17日 09:13
AK様、続けてのコメント有難うございます。

司馬遼太郎作品は大ベストセラーばかりですので、その小説の記述通りのことが起こり、登場人物がそう考えて行動したと勘違いする読者がかなりいらっしゃいます。『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』『坂の上の雲』等の小説はフィクションですから、作者が自由に書いて良いのですが、あくまでも小説なのですから、それ相応の距離をおいて理解すべきだろうと思います。『街道をゆく』『空海の風景』等のノンフィクション的要素のある作品は、より読者の誤解を招きやすいので、読者側が注意すべきだろうと思います。

まぁ、大河ドラマもフィクションですが、視覚的なインパクトがあるので視聴者の歴史理解にバイアスを掛けやすいかもしれませんね。ちなみに、行者橋は木曽義仲より藤堂高虎を主人公にしてもらいたいです(笑)。第2候補は立花宗茂です。