妙心寺大雄院の襖絵が素敵でした!

28日にUPした妙心寺大雄院(だいおういん)は、江戸末期から明治初期にかけて活躍した蒔絵師(まきえし)・画家の柴田是真(しばた ぜしん)が描いた襖絵(*注参照)が残っている唯一のお寺だそうです。それに因(ちな)んでのことでしょうが、大雄院では「襖絵プロジェクト」と称して新しい襖絵を完成させました。 この「襖絵プロジェクト」は、18…
コメント:0

続きを読むread more

終い天神でアワビ(本当はトコブシだと思います:笑)をプレスした盃をうっかり(笑)買ってしまう!

弘法市・天神市では、毎回「今日は何も買わないぞ!」と決意していくのですが、「終い天神」でもうっかり買い物をしてしまいました(笑)。それが、こちら。 京都には「弘法さんが晴れやったら天神さんは雨や」という言葉がありますが、21日の終い弘法が朝は小雨が降りそうだった(結局は晴れました)のに対して、終い天神の日(12月25日)はとても良…
コメント:0

続きを読むread more

随心院の紅葉:2020年京都紅葉・補遺#3・2020.12.01。

既に早咲きの梅の話題をUPした後なので、若干、忸怩たるものがありますが(笑)、2020年京都紅葉・補遺は今回の第3弾でラストですが、随心院です。梅の季節にしか来たことが無かったので、紅葉があるのかと思ったのですが、お庭に。 地下鉄小野駅から歩くこと5分強。奈良街道に面した総門が見えてきますが、外から覗いたら奥に紅葉が。内部の様子を…
コメント:0

続きを読むread more

妙心寺大雄院を訪れるのは、初めてです(笑)。

大雄院は妙心寺の塔頭の1つですが、「だいゆういん」では無く,「だいおういん」と読み、最寄りのバス停は新丸太町通の「妙心寺前」では無く、一条通の「妙心寺北門前」です。妙心寺の塔頭の中でも庭園で有名な桂春院のすぐそば(南側)です。まずは、こちらの画像から。 大雄院は、1603(慶長8)年に当時、数え年10歳の石川(石河)光忠が父・石川…
コメント:0

続きを読むread more

終い天神で早咲きの紅梅・白梅を愛でる!

終い弘法に行っって終い天神に行かなきゃ義理が悪いだろうと思い、雪でも降りそうな空模様の下、北野天満宮へGO!…「何も買わないぞ!」と固い決意で行ったにも関わらず、この日もうっかり買い物をしてしまったのですが、それはまた別項で。本日は早咲きの梅の様子を。まずは、こちらの画像から。 この紅梅は、絵馬所前の「寒紅梅」で早咲き種として有名…
コメント:0

続きを読むread more

毘沙門堂の紅葉:2020年京都紅葉・補遺#2・2020.12.01。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、事始めや始業式といった花街の行事が中止となり、若干寂しい年末年始になりそうです。さて、記録のための「2020年京都紅葉・補遺」第2弾は、山科・毘沙門堂です。春の桜・秋の紅葉の名所として有名ですが、天台宗五箇室門跡(妙法院・三千院・青蓮院・曼殊院・毘沙門堂)の1つです。まずは、こちらの画像から。 …
コメント:0

続きを読むread more

「出町ろろろ」のお昼のろろろ弁当は相変わらず美味しい!

12月初め、Gotoキャンペーンを利用して卒業生とご友人が上洛してきましたので、あちこちご案内したのですが、昼食は人気店なので予約が取りづらくなってきた出町柳の「出町ろろろ」で。まずは、こちらの画像から。 お弁当が出るまでに日本酒を一杯!ということになり、注文。すると、錫の片口&猪口でお酒がサーブされました。程無く、お弁当が登場。…
コメント:0

続きを読むread more

終い弘法でパプリカ・蓮根・漬物・砥石を買ってしまう(笑)。

新型コロナウイルス感染症の拡大で中止が続いていた弘法市が11月に再開されたと思ったら、もう終い弘法(笑)。途中からとても良いお天気で、金堂の上に広がる青空が美しい! 実は、東寺東門前に到着した時には小雨がパラつく状態だったので、五重塔が微妙に霞む気配(笑)。困ったなと思いつつ門をくぐりました(。「今日はこの後映画に行くので、絶対お…
コメント:0

続きを読むread more

瑠璃光院の紅葉:2020年京都紅葉・補遺#1・2020.12.02。

今年も押し詰まってきましたが、紅葉を楽しんだもののUPしてこなかったものを記録として枚数多めに残しておきます。紅葉の瑠璃光院と言えば、写経机に映りこむこの光景ですね。 瑠璃光院は、叡山電車八瀬比叡山口駅から高野川に架かる橋を渡って行きますが、高野川の岸辺にも紅葉が。橋をわたって上の画像右奥方向に5分ほど歩くと、瑠璃光院の塀が見えて…
コメント:0

続きを読むread more

鎧着初式@上賀茂神社:2020年11月23日。

毎年11月23日、上賀茂神社では大人・子供が手作りの鎧を着けてパレードの後、本殿でをする「鎧着初式」というEVENTが行われます。少し前のことになりましたが、本日はその様子を。まずは、こちらの画像から。 主催者は「鎧着初式実行委員会」となっていますが、実際には京都・西陣(黒門通一条上ル弾正町)にある「鎧廼舎(よろいのや) うさぎ塾…
コメント:0

続きを読むread more

街のサンタさん&雪だるま。

先日、郵便物を出そうと思って、東大路通の知恩院前郵便局に立ち寄ったら、ポストがこんなことになっていました。 なかなか洒落たポストです(笑)。その後、新京極通で買い物をしたのですが、アーケードには可愛らしい雪だるまが。全体像は、こんな感じです。別の場所には、サンタさんも。裏側にも別のサンタさんが。微妙にポーズが異なります。アーケード…
コメント:0

続きを読むread more

「エヴァンゲリオン京都基地」なのだそうですが、ファンは楽しいでしょうね…@東映太秦映画村。

先月末に東映太秦映画村(以下、映画村)を訪れたのは、「エヴァンゲリオン京都基地」というアトラクションを見るためでした。が、行者橋、エヴァンゲリオン(正式名:新世紀エヴァンゲリオン)という名前とTV・映画のアニメーション作品)があることは知っていますが、それ以外は全く無知ですので、以下の内容に間違いがあってもファンの皆様、どうか寛大な心で…
コメント:0

続きを読むread more

今月の「米村」さん:2020年12月。

先ほど、発表された今年の漢字は「密」でした。 ま、それはともかく(笑)、新門前通の創作フレンチの「新門前 米村」(以下、「米村」さん)の店頭ディスプレイのご報告です。9月末にUPして以来、変化はありませんでしたが、12月ということで装いが変わりました。まずはクリスマス月らしい、こちらの画像から。 こちらが昼間の全景。お昼は日光の…
コメント:0

続きを読むread more

前田珈琲高台寺店でモーニング!

行者橋、基本的に自炊生活で、朝はピザトーストをいただくのですが、時には贅沢をしようかと思い立ち、前田珈琲高台寺店へGO!…まずは、モーニングの「カスクートサンドセット(サラダ付)」のカスクートサンド。 蛸薬師通烏丸西入ルの室町本店をはじめとして、前田珈琲は京都に10店舗(*注参照)あるのですが、高台寺店は久し振りです。次がお店の外…
コメント:2

続きを読むread more

東映太秦映画村で紫太夫さんを撮影!

EVENT-Watcherの大先達・沙都さんから東映の株主優待券をいただいたので、このところ「エヴァンゲリオン京都基地」でチョッと話題になっている東映太秦映画村(以下、映画村)に行って参りました。エヴァンゲリオン京都基地のことはいずれUPすることにして、本日は花魁(おいらん)・紫太夫さんを。 これは「撮って!おいらん記念撮影」とい…
コメント:0

続きを読むread more

白昼堂々(笑)、日本酒飲み比べ会!@「おうちごはん中島家」:後篇。

「おうちごはん中島家」での日本酒昼飲み会の続きです。まずは、ほぼ宴半ばで〈智仁武勇〉と共に「鮒鶴(ふなつる)GIRLS 」の記念撮影の画像から。 で、新しいお酒は茨城・水戸市の〈特別純米酒 百歳〉。滋賀県生まれの吉久保酒造会長念願の虎を配した関西限定商品だそうです。続いてのアテは「海老芋の2種の味噌だれがけ」。甘い味噌と辛い味噌が…
コメント:0

続きを読むread more

白昼堂々(笑)、日本酒飲み比べ会!@「おうちごはん中島家」:前篇。

紅葉の季節もほぼ終わったので、再び週に2・3回のUPという形に戻します。行者橋行きつけの飲み屋、仏光寺富小路そばの「おうちごはん中島家(なかしまや)」では、少し前から「日本酒ペアリング会」と称する日本酒の昼飲み会が開催されています。本日は11月24日のご報告。まずは、ご一緒した「鮒鶴(ふなつる)GIRLS 」の画像から。 参加メン…
コメント:0

続きを読むread more

皇帝ダリアなんて花があるんですね&コスモス@志賀郷。

最近、京都の街中でやたらに背が高く茎も頑丈そうで、いわゆる草本(そうほん)なのか木本(もくほん)なのか分からない花をを見掛けることがあり、不思議に思っていたのですが、何という花か調べてみたら「皇帝ダリア」という名前でした。 別名「木立(きだち)ダリア」とも呼ぶそうで、行者橋が見掛けたのは精々3mくらいでしたが、大きいのは8~10m…
コメント:4

続きを読むread more

ようやく「四條南座」に「まねき」が上がりました!:2020年12月1日。

12月1日、京都・四條南座のまねき上げが行われました。今年は新型コロナウイルス観戦拡大防止のため、「當る丑歳吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」(以下、顔見世興行)が例年に比べて大きく変更されているのですが、まねき上げもその1つ。まずはこちらの画像から。 四條南座の顔見世興行は、歌舞伎界で最も伝統ある興行で、師走の京都の年末恒例の年…
コメント:2

続きを読むread more

清水寺の紅葉:2020年京都紅葉情報⑮・2020.11.20。

清水寺本堂屋根の工事が終わり、覆いが取れたとのことだったので、37期紫のRi-tan(仮名)ご夫妻をお誘いして紅葉を楽しみに行ってきました。まずは、やっぱりこの光景でしょう。 檜皮葺きの屋根は50年ふりに葺き替えられたそうですが、最初の画像に写っているように舞台にはまだ白いカバーが掛かっており、12月3日から舞台も全面開放されます…
コメント:0

続きを読むread more