2021年夏の花・百日紅篇。

2021年夏の花・第3弾はサルスベリ(百日紅)です。文字通り、開花期間が長いので街中をチャリチャリしていると、結構、アチコチで目に留まります。中でも行者橋が気に入っているのは、京都国立博物館正門前(大和大路通七条上ル)です。まずは、この画像から。
2021.08.23百日紅 (26)大和大路通.JPG


京都国立博物館の正門は普段は閉まっている団体入口です。その前に百日紅が10本ほど並んでいます。次の画像右奥は平成知新館。
2021.08.23百日紅 (25)大和大路通.JPG
以下、樹形の画像は少なくして花の画像を。まずは最初の画像のピンクよりもさらに薄いピンクの花。
2021.08.23百日紅 (27)大和大路通.JPG
次は別の木の薄いピンク。
2021.08.23百日紅 (34)大和大路通.JPG
うねうねと縮れているので分かり難いのですが、花弁は6枚です。次は白い花。
2021.08.23百日紅 (48)大和大路通.JPG
続いても、別の木の白い花。
2021.08.23百日紅 (47)大和大路通.JPG
次は最初の画像とは別の木なのですが、同じ薄いピンクの花。似た構図で。
2021.08.23百日紅 (31)大和大路通.JPG
次も薄いピンクなのですが、少し濃い色かな。
2021.08.23百日紅 (44)大和大路通.JPG
次の2枚は白系なのですが、微妙にピンクが入っている感じです。
2021.08.23百日紅 (37)大和大路通.JPG
こちらは、別の木の花。
2021.08.23百日紅 (29)大和大路通.JPG
で、百日紅の並木は豊国神社前まで続いているのですが、端は耳塚公園に。
2021.08.23百日紅 (50)大和大路通耳塚公園.JPG
上の画像右が耳塚公園の木、左奥が大和大路通の並木です。で、耳塚公園の白い花の大写し。
2021.08.23百日紅 (52)大和大路通耳塚公園.JPG
百日紅の花のつき方(配列状態)は円錐花序というそうですが、非常に多くの花が咲きますね。最後に京都国立博物館正門を背景に1枚。
2021.08.23百日紅 (50)大和大路通耳塚公園.JPG
最初に記したように、百日紅の木は鴨川沿いや白川北通等にもありますので、続きがあるかもしれません(笑)。

この記事へのコメント