七夕祭@八坂神社の光景:2021年8月7日。

八坂神社西楼門の前をチャリチャリと通りかかった時、短冊を吊るした笹と「八月七日 午前十時 七夕祭」の文字の入った札が目に入ったので、参拝することに。西日本に多い「月遅れのお盆」パターンの七夕ですが、八坂神社では毎年8月7日です。
2021.08.07八坂神社の七夕祭 (1).JPG


石段を上がり西楼門前で振り向くと、こんな光景が。ここの短冊で目についたものを最後にご紹介します。
2021.08.07八坂神社の七夕祭 (2).JPG
境内に進むと舞殿の周囲に笹が置かれていて、短冊にお願いを書くためのテントが。
2021.08.07八坂神社の七夕祭 (11).JPG
テント内には、「短冊に願いを書いて、本殿の鈴を鳴らしてお祈りをして下さい」という旨の貼り紙が。
2021.08.07八坂神社の七夕祭 (12).JPG
善男善女が次々と短冊に願いを書いて、笹に結んでいらっしゃいました。
2021.08.07八坂神社の七夕祭 (20).JPG
舞殿の本殿側左右両端には背の高い笹があって、短冊の他に吹流し・宝俵等が飾られていました。こちら東側。
2021.08.07八坂神社の七夕祭 (26).JPG
金銀の吹き流しが、風になびいてキラキラと輝き、美しい!…一方、西側の笹がこちら。青空を背景に神職の方も配してみました。
2021.08.07八坂神社の七夕祭 (16).JPG
上の画像、行者橋、気に入っております(笑)。次の画像の方は、自分の書いた短冊を結んでいるのでは無く…。
2021.08.07八坂神社の七夕祭 (19).JPG
実は、落ちていた短冊を結んであげている優しい女性です。境内には茅の輪も用意されていました。
2021.08.07八坂神社の七夕祭 (6).JPG
実は、今年はかなり早くからこの場所に茅の輪が設置されていました。次は、いかにも夏!という光景(笑)。
2021.08.07八坂神社の七夕祭 (28).JPG
10時からの「七夕祭」の神事は気付かないうちに終わっており、一般の方のお祓いかと思っていた神事がそれだったのかも(笑)。で、西楼門前の短冊を。
2021.08.07八坂神社の七夕祭 (3).JPG
「厄除開運身体健康 蘇民将来子孫也」の文字の横に、小さな文字で「大谷翔平君と結婚出来ますように。」とのお願いが記されていました。素戔嗚尊様・櫛稲田姫命様・八柱御子神様、どうかこの書き主の願いを叶えてあげてやって下さい(笑)。

この記事へのコメント