お蔵入り予定だった京都府立植物園の花等を:③。

京都府立植物園の花を目で楽しんでいただこうというシリーズ第3弾、最初の画像は行者橋の大好きなサトイモ科のアンスリウム アークスです。紫色が本当に美しく、家にひと鉢欲しい! サトイモ科はオモダカ目なのですね。オモダカ(沢潟)も好きな花です。それはともかく、このアンスリウム アークスのひと群れを眺めていると、心和みます(笑)。続いても…
コメント:0

続きを読むread more

京都市京セラ美術館に「上村松園」を観に行く:内部・2階篇。

長々と京都市京セラ美術館をご紹介していますが、ようやく2階にたどり着きました(笑)。まずは、共にデザインが巧緻で色彩が美しい2階の天井の照明器具とステンドグラスを。 中央ホールに入った右側の螺旋階段から2階に上がります。次の画像左手に見えるのが螺旋階段、中央下が入口に通じる階段、右手の黒い部分が「上村松園展」の会場への入口です。次…
コメント:0

続きを読むread more

玉簾なんて花もあるんですね:鴨川土手、他の花を。

あちこちにヒガンバナ’(彼岸花、以下は曼珠沙華:マンジュシャゲ)の花が咲き始めたなぁと思いつつ、鴨川の土手をチャリチャリしていたら、見慣れない妙に可憐な白い6弁の花が。 で、その白い花の話は後にして、曼珠沙華の話を先に。川端通に沿った七条通から団栗橋辺りまでの間には、結構、曼珠沙華が目につきます。日本の曼珠沙華は種子ができない不稔…
コメント:0

続きを読むread more

京都市京セラ美術館に「上村松園」を観に行く:内部・1階篇。

京都市京セラ美術館「開館1周年記念展 上村松園」(以下、上村松園展」の話題をUPしてきましたが、外観だけで2回も引っ張りました(笑)。今回からようやく内部です。まずは上村松園展の会場(北回廊)への入口こちらを。 地下の入口から、かつて下足室だった天井の低い空間の階段から1階部分に上ると大きな中央ホール(旧・大陳列室)に到りますが、…
コメント:0

続きを読むread more

お蔵入り予定だった京都府立植物園の花等を:②。

京都府立植物園の花を目で楽しんでいただこうというシリーズ第2弾です。まずはお馴染みのハイビスカス。アオイ科フヨウ属の花ですが、ラテン語では元々、タチアオイ属の花を意味したとか。7月末にフヨウ(芙蓉)をご紹介しましたが、最初の画像がそっくりです(こちらをご参照下さい)。 ハワイの州花として知られていますが、普通、ハイビスカスというと…
コメント:0

続きを読むread more

本日は女房の命日なのですが…。

新型コロナウイルス感染の終息には程遠く、昨年同様、東京に帰ることができませんので、一昨年の秋の墓参に行った時のお墓の画像を。亡くなる前に「お墓や仏前には白い百合を」と言い残しましたので、普段から白百合の花は欠かさないようにしていますが、墓参も同じです。 亡くなったのは2007(平成19)年9月20日ですから、もう14年前ですね。光…
コメント:2

続きを読むread more

ネオンサインには不思議な魅力があります:➀。

数年前、「最近、ネオンサインを見掛け無いなぁ」と思っていたのですが、その後、その気になって撮り溜めていたら、そこそこ集まりましたのでチョッとご紹介。まずは、新麩屋町通孫橋下ルの「孫橋湯」のネオンサインから。 「ゆ」はかなり大きく遠くからでも目立つにも関わらず、何度も通っていた昼間には全く意識したことがなく、実は最近、夜に通って初め…
コメント:0

続きを読むread more

2021年夏の花・再び、百日紅篇。

京都府立植物園の花の画像もまだ残っているのですが、再び、百日紅を。まずは、七条大橋と塩小路橋の間の鴨川右岸(西側)に何本かあった百日紅の木の幹に…。 最初、幹に虫の卵か何かがくっついているのかと思ったのですが、花でした。桜の木でもこうした形で花が咲くケースがありますね。木の全体像がこちら。百日紅はミソハギ科の木で、中国南部原産。花…
コメント:4

続きを読むread more

鴨川の橋:#02七条大橋。

鴨川の橋シリーズ第2弾は、現在、鴨川に架かる橋の中で最古にして登録有形文化財(建造物)に指定されている七条大橋です。言うまでも無く七条通に架かる橋ですが、まずは東詰南側の「七条大橋」と刻まれた親柱の画像から。 次は、塩小路橋から(北に位置する)七条大橋を眺めた画像。鉄筋コンクリート造で、どっしりとした重厚な橋脚と美しい5連のアーチ…
コメント:0

続きを読むread more

京都市京セラ美術館に「上村松園」を観に行く:外観・後篇。

京都市京セラ美術館シリーズ(笑)の第2弾は外観の続きです。わざわざ2回に分ける必要も無いだろう!…との声が聞こえてきます(笑)。花や動物なら一挙20枚UPなのですが、まぁ地味な画像が続きますので(笑)。まずはこちらの画像から。 最初の画像の右奥・山の上に見える建物は、青蓮院(しょうれんいん)の飛地境内である将軍塚青龍殿(せいりゅう…
コメント:0

続きを読むread more

重陽の節句に菊の被せ綿を愛でる!@市比賣神社。

今朝、東山図書館に行った帰りに、ふと「おぉ!今日は重陽の節句だ!市比賣神社で重陽祭はやっていないだろうけど、菊はあるかも…」と思い、足を延ばしてみたら、見事、BINGO!先ずは「菊の被せ綿」の画像から。 やはり、重陽祭の気配はありませんでしたが、狭い境内にはアチコチに菊が。まずは、普段から花は飾られている手水橋を。本殿前はこんな感…
コメント:0

続きを読むread more

お蔵入り予定だった京都府立植物園の花等を:➀。

7月半ばに京都府立植物園でショクダイオオコンニャク(燭台大蒟蒻)を見学(こちらをご参照下さい)した際に撮影した花の画像が結構あったのですが、「また撮り直しにi来よう…」と思い、封印しておりました。しかし、昨今の状況を考えると、まだしばらくは再開しそうに無いので、何回かに分けてUPします。 最初の美しい画像は、ゴマノハグサ目イワタバ…
コメント:0

続きを読むread more

鴨川の橋:#01塩小路橋。

行事が途絶えている中、これまでにも時々UPしてきた鴨川(&賀茂川&高野川)に架かる橋を撮り溜めた画像等の中から少しずつ紹介していきます。最初は塩小路橋。まずは東詰南側にある親柱に嵌め込まれた橋名を刻んだプレートから。 言うまでも無く塩小路通に架かる橋ですが、次は少し北側から撮影した橋のほぼ全容。地図で見ると東詰(画像左)より西詰(…
コメント:0

続きを読むread more

京都市京セラ美術館に「上村松園」を観に行く:外観・前篇。

京都市京セラ美術館(旧・京都市美術館)で「開館1周年記念展 上村松園」が開催されましたので、前期・後期の2回行って参りました。無論、中の展示品の撮影はできませんので、本日は正面からの外観を中心に。まずは夜の画像から。 以前、UPした(こちらをご参照下さい)「京都市美術館」が「京都市京セラ美術館」としてリニューアルオープンしたのは、…
コメント:4

続きを読むread more