同志社女子大学のクリスマスツリー!

紅葉のシーズンはまだ終わって無いのですが、本日はクリスマス関係の話題を。まずはこちらのピンボケ画像から。 11月26日16時45分から同志社女子大学のクリスマスツリー点灯式が栄光館前で行われたのですが、野暮用でそれには行けなかったので、少し後に撮影に行って参りました。次が正門からの光景。続いては、少し近寄った画像。次は上半分の画像…
コメント:0

続きを読むread more

上七軒の舞妓さん・芸妓さん@京ものぎょうさん市:2021年11月21日。

「京ものぎょうさん市:舞妓さん・芸妓さんの舞の披露@京都駅ビル駅前広場特設会場」・第4弾は上七軒篇です。上七軒も地方(じかた)さんはお見えになりませんでした。まずは、芸妓の梅葉(うめは)さんの画像から。 舞妓さんはお2人。次は、2021(令和3)年6月22日にお見世出しされた、ふじ千代(ちよ)さん。花簪は公孫樹(いちょう)。続いて…
コメント:0

続きを読むread more

2021年京都の紅葉・黄葉情報⑤北野天満宮:11月25日。

本日は、11月25日の天神市に行った時に撮影した北野天満宮の様子を。勿論、無料で楽しめるエリアのみです(笑)。まずは、紅葉の名所として知られる北野天満宮ですが、意表をついて(笑)黄葉の画像から。➀ 以下、北野天満具の境内図(地図上の番号は画像の後ろの番号と一致しています)を参照していただきつつ、ご覧下さい。 *次の画像は、北野天…
コメント:0

続きを読むread more

祇園甲部の舞妓さん・芸妓さん@京ものぎょうさん市:2021年11月21日。

「京ものぎょうさん市:舞妓さん・芸妓さんの舞の披露@京都駅ビル駅前広場特設会場」・第3弾は祇園甲部篇。この日は3組とも地方(じかた)さんはお見えではありませんでした。まずは、芸妓さん・豆純(まめすみ)さんの画像から。 祇園甲部からは舞妓さんがお2人。まずは、2017(平成29)年3月1日にお見世出しされた豆沙弥(まめさや)さん。そ…
コメント:0

続きを読むread more

宮川町の舞妓さん・芸妓さん@京ものぎょうさん市:2021年11月20日。

「京ものぎょうさん市:舞妓さん・芸妓さんの舞の披露@京都駅ビル駅前広場特設会場」・第2弾は宮川町篇です。まずは、芸妓のとし夏菜(かな)さんの画像から。 先斗町同様、宮川町も舞の披露の撮影は禁止されましたので、ありません。また、同じく地方(じかた)さんもお見えでした。お名前は富美祐(ふみゆう)さん。舞妓さんはお2人。まずは、お見世出…
コメント:0

続きを読むread more

2021年京都の紅葉・黄葉情報➃正覚庵:11月23日。

11月23日の勤労感謝の日は、毎年、東福寺の塔頭・正覚庵で筆供養が行われますので、「筆供養と東福寺臥雲橋からの紅葉を撮影に」と思い、チャリチャリ。筆供養の様子は後日にUPする予定ですが、本日は正覚庵の紅葉の様子を。 次の画像は本堂で開催されるお茶席への入口から撮った画像です。奥に広がる山林が綺麗に色づきます。そう広い山林では無いの…
コメント:0

続きを読むread more

先斗町の舞妓さん・芸妓さん@京ものぎょうさん市:2021年11月20日。

京都駅ビル駅前広場で開催されるEVENT「京ものぎょうさん市」(*注参照)で、久し振りに五花街の舞妓さん・芸妓さんが登場されるとのことで、GO!…まずは先斗町篇、ということで最初は芸妓の秀知紗(ひでちさ)さんの画像から。 次の画像は終わり頃のものですが、京都駅中央口右側(東側)野会場の様子。で。先斗町の舞台では地方(じかた)さんも…
コメント:2

続きを読むread more

2021年京都の紅葉・黄葉情報③京都府立植物園ライトアップ:11月19日。

京都府立植物園では、11月13日から紅葉ライトアップが開催されている(12月5日まで)のですが、19日が「ほぼ皆既月食」ということだったので、行って参りました。まずは、この画像から。 上下に紅葉が見えるのは、実は手前に池があり水面に紅葉が写っているからなんですね。少し広い範囲を写したのがこちら。最初の画像は右端部分。この日、ライト…
コメント:0

続きを読むread more

二条城西門特別公開!:2021年11月14日。

現在(10月29日~12月12日)、二条城では「錦秋の二条城 ~二条城まつり2021~」と称して、 様々なEVENTが実施中ですが、その1つ「西門特別公開」(入城料・620円)へGO!…まずは、二条城西側の美福通から見た西門。 二条城内の立入り禁止エリア奥にある西門の(今回の)特別公開は行者橋が訪れた11月14日の他、12月5‣…
コメント:0

続きを読むread more

2021年京都の紅葉・黄葉情報②上御霊神社・京都御苑他:11月18日。

途中で奈良の紅葉・黄葉情報が入りましたので、少し間隔があきましたが、遅ればせながら2021年京都の紅葉・黄葉情報第2弾を。まずは、京都御苑中山邸跡のイチョウ(公孫樹)から。 で、続いては京都御苑を少し離れて上御霊神社社務所そばのイロハモミジ(伊呂波紅葉)を。これはかなり赤味が強い木でした。葉っぱの大写しがこちら。続いても、上御霊神…
コメント:0

続きを読むread more

上七軒の舞妓さん・ふみ幸さんのお茶席@上御霊神社火焚祭。

11月18日、上御霊神社で火焚祭が行われるというので、チャリチャリ。この火焚祭では様々な展開があり、お伝えしたいことは多々あるのですが、久し振りに舞妓さんの話題を。まずはこの画像から。 知らずに訪れたら、お茶席が開かれていて、舞妓さんがお茶を点てていらっしゃいました。上御霊神社では毎月18日に「囀(さえず)り市」が開催されています…
コメント:0

続きを読むread more

今月の「米村」さん:2021年11月。

11月下旬にさしかかってしまいましたが、10月下旬には登場していた新門前通の高級料理店「新門前 米村」(以下、米村さん)の店頭ディスプレイのご紹介を。まずは、この画像から。 お店の外観はこんな感じ。木は楓のままで変化はありません。以前に続いていた陶器シリーズと同じ作者の方の作品なのかなぁ。詳細不明です。これは、シンメトリーにデザイ…
コメント:0

続きを読むread more

粟田祭剣鉾神幸祭⑥当家飾りの剣鉾:2021年10月24日。

規模が縮小されたとは言え、粟田祭と剣鉾差しを見ることが出来て久し振りに祭り気分を満喫したので、思わず長引いてしまいました。最後は剣鉾の当家飾り(とうやかざり:居祭とも)を。まずは、粟田神社の獅子牡丹鉾の錺(かざり)の画像を。 こちらが、粟田神社に飾られている様子。右側には松鉾が飾られています。元々は松竹梅鶴亀鉾だったようですが、次…
コメント:0

続きを読むread more

粟田祭剣鉾神幸祭⑤青蓮院での神事・仏事:2021年10月24日。

粟田祭における知恩院黒門前の瓜生石での「れいけん祭」は、神仏習合の様子をよく伝える行事ですが、もう1つ、青蓮院での神事・仏事(祭典)もその好例です。まずは、こちらの画像から。 例年なら、神輿が知恩院側の御幸門(四脚門)から青蓮院の境内に入っていくのですが、今年はそれは無く、青蓮院の拝観入口前での祭典のみが行われました。粟田神社の宮…
コメント:0

続きを読むread more

鴨川納涼床の撤去&カモップル。

今年は鴨川の納涼床が10月末日(例年は9月末日)までだったので、11月になってから撤去が始まりました。1週間ほど前の画像になりますが、簡単にその様子を。 同じ場所を反対側から撮影したのが、こちら。奥に四条大橋西詰の「東華菜館」が見えます。上2枚は松原橋あたりから撮影した画像ですが、次は団栗橋から上の四条寄りの大写しです。次の3枚は…
コメント:0

続きを読むread more

粟田祭剣鉾神幸祭➃剣鉾合流後、青蓮院まで:2021年10月24日。

東小物座列と本隊(鳳輦&剣鉾)が三条通の佛光寺本廟(東山廟所)近くの休憩地点で合流・休憩した後、青蓮院での祭典(神事・仏事)開始までの様子を剣鉾の画像中心に。まずは桐鉾の飾部分の画像から。 こちらが合流・休憩地点での様子。鳳輦の奥には立正佼成会の建物が。13時30分少し前、太鼓を先頭に出発。太鼓や猿田彦の画像は神宮道の場面で紹介す…
コメント:0

続きを読むread more

奈良の紅葉・黄葉&鹿。

1週間ほど前、奈良国立博物館で開催されていた「正倉院展」を訪れた時、興福寺・東大寺正倉院・春日大社あたりを歩いて来たのですが、その時に見かけた紅葉・黄葉、そして鹿の画像を。まずはこちらの画像から。 次の画像は、奈良県庁前のバス停県庁前でバスを待っていた時に、向かいの興福寺境内の紅葉の様子。次は、上の画像右のひと際赤い葉を大写し。ど…
コメント:0

続きを読むread more

「かぎ甚」@大和大路通の「亥の子餅」&「うりんこ」は素敵なお菓子です。

今日、11月11日は「旧暦10月=亥の月の最初の亥の日(癸亥)」なので、「お菓子司 かぎ甚」(以下、かぎ甚)のお菓子をいただくことに。まずは、包み紙(フィルム)越しの画像ですが、左・亥の子餅、右・うりんこです。 かぎ甚は四条通から大和大路通を下り、建仁寺の西門を過ぎた南にあります。上の画像の看板に「鍵甚良房」とあるので分かるように…
コメント:0

続きを読むread more

粟田祭神幸祭③剣鉾巡行&鳳輦渡御・三条神宮道交差点まで・後篇:2021年10月24日。

粟田祭神幸祭の剣鉾巡行・鳳輦渡御の「神社から三条神宮道交差点まで」の続きです。本当は、TOPには剣鉾の画像をUPしたかったのですが、「京都の伝統行事」にジャンル分けしましたので、前篇に引き続いて鳳輦の画像を。 場所は、三条神宮道交差点。これから北(平安神宮大鳥居方向)に向かう場面です。で、次は再び剣鉾です。続けて3枚。うーん、見惚…
コメント:0

続きを読むread more

粟田祭神幸祭②剣鉾巡行&鳳輦渡御・三条神宮道交差点まで・前篇:2021年10月24日。

粟田祭神幸祭の剣鉾巡行・鳳輦渡御の「神社から三条神宮道交差点まで」の様子を2回に分けてご紹介。前篇は神社の後継を多めに。まずは、本殿前の鳳輦から。 拝殿前にお供え物(饌せん)が並べられています。11時45分過ぎ、神幸祭(祭典)開始。修祓(しゅばつ:お祓い)・献饌等の後、宮司祝詞奏上と続きます。その後、玉串奉奠も神職・氏子総代・…
コメント:0

続きを読むread more

粟田祭神幸祭➀東小物座列の出発:2021年10月24日。

今年10月24日の粟田祭神幸祭は、11時45分から出発前の祭典(神幸祭)があり、12時15分から東小物座列の出発、12時20分から剣鉾巡行と鳳輦渡御が行われました.。本日は全6回のシリーズ(笑)のうち、東小物座列の出発の様子を。まずは、 垣夕顔鉾の飾(かざり)部分の画像から。 粟田神社の氏子地域には全部で19基の剣鉾(*注①を参照…
コメント:0

続きを読むread more

鴨川の橋:#04五条大橋③。

五条大橋の第3弾はの橋脚(石柱)・扇塚等の話題です。まずは、五条大橋西詰北の五条児童公園に置かれている3本の橋脚(石柱)の画像から。画像奥が五条大橋(左が東詰)です。 これが、豊臣秀吉が造らせた橋脚(石柱)で、次の画像には「天正拾七年」等の文字が読み取れます。西暦1589年ですね。「五月吉日」と続いているとか。もう1つ。読み取り難…
コメント:0

続きを読むread more

2021年京都の紅葉・黄葉情報➀京都御苑・二条駅他:11月3日。

最低気温が8℃を切るとカエデ(楓)類の紅葉が進むそうですが、11月初めの現在ではまだ10℃を下回ってはいません。でも、サクラ(桜)・ハナミズキ(花水木)等の紅葉が進んできましたので、その様子を。まずはこちら(説明は後で)。 続いては、御池大橋東詰の鴨川運河のソメイヨシノ(染井吉野)です。行者橋、四季を通じて、ここの光景が大好きなの…
コメント:0

続きを読むread more

粟田大燈呂:2021年10月23日&24日。

粟田祭が他の京都のお祭りとは大きく異なるのは粟田大燈呂(だいとうろ)の存在です。2008(平成20)年、戦国時代に行われていた風流灯籠(ふりゅうどうろう)を復興し、夜渡り行列に加わった粟田大燈呂が今年も登場しました。 大燈呂とは大きな燈籠のの山車(だし)なのですが、記録に残っているとは言え画像資料が無いので詳細不明。ですが、当時の…
コメント:0

続きを読むread more

粟田祭夜渡り神事:2021年10月23日夜。

本来、粟田祭はスポーツの日(旧・体育の日)の前々日から当日までの「出御祭:おいでまつり」「夜渡り神事」「神幸」「還幸祭」、さらに10月15日の例大祭を含む祭礼なのですが、今年は「東京オリンピック2020」の余波を受けて変則的な日程でした。で、10月23日の「夜渡り神事」(れいけん祭)を。 最初の画像は、知恩院黒門前の瓜生石(うりゅ…
コメント:0

続きを読むread more