京都では運が良ければ、舞妓さんから赤い羽根をいただけます!

赤い羽根共同募金というと、年末の恒例行事と思いがちですが、実は10月1日から12月31日までの長丁場のEVENTです。で、開始日には全国で様々なEVENTが行われるようですが、京都では舞妓さん(祇園甲部の知余子さん)が登場します。
画像


例年、この場所で行っているようですが、四条河原町の交差点にある「京都マルイ」(旧・四条河原町阪急)前です。次の画像は、10時30分のEVENT開始前の会場の様子です。
画像
会場には、赤い羽根共同募金のシンボルキャラクター「愛ちゃん(姉)」「希望くん(弟)」や京都サンガF.C.のマスコット「 コトノちゃん(京おんな、です)」も登場。
画像
が、「愛ちゃん」は緊張のせいか急に痩せ細ってしまい、スタッフさんは大慌て。程なく元の体形に戻りましたが…(笑)。
画像
EVENTは主催者挨拶・祝辞等のセレモニーが続いた後、祇園甲部を代表して共同募金に寄付をするために、知余子さんと「一力」の方が壇上に。
画像
上の画像では、「一力」の方がマイクとコードの蔭になってしまいましたので、横顔のお2人を。
画像
その後、知余子さんは赤い羽根共同募金のためのBOXと赤い羽根のSETを受け取って、他の方々と一緒に再び登場です。
画像
赤い羽根共同募金は1947(昭和22)年からの行事だとか。行者橋より年上です(笑)。EVENTは1時間弱で終了。「愛ちゃん」「希望くん」も記念写真です。
画像
そして、BOXを持って街行く方々に赤い羽根募金をにこやかに呼びかけます。
画像
今回はテーマ設定を「京都のEVENT」ではなく、「舞妓さん・芸妓さん」にしましたので、最後は再び知余子さんの画像を。舞妓さんのお仕事は夕方からですので、朝が早いのは弱いのかもしれませんが、EVENT前は少し眠そうな感じもあった知余子さんでした(笑)。
画像
確か、3日と4日にも舞妓さんが募金を呼びかけるらしいので、運が良ければ舞妓さんから赤い羽根を受け取ることができるかも。

"京都では運が良ければ、舞妓さんから赤い羽根をいただけます!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント