テーマ:関西以外の各地のあれこれ

見附島(軍艦島):撮り溜めた画像から。

長々と続けてきた「奥能登1泊2日のバスツアー」シリーズも,画像はあるのですが、これをラストにします。という訳で、第7弾は[軍艦島」の別名でも知られる見附島(珠洲市宝立町)です。まずはこちらの画像から。 次は、少し離れて海岸の様子を撮影した画像。あたりの海岸は鵜飼海岸(着崎海岸・見附海岸)の少し沖合にある島です。見附島の名は、空海=…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白米千枚田:撮り溜めた画像から。

「奥能登1泊2日のバスツアー」2日目は「輪島の朝市」から始まったのですが、シリーズ第5弾は石川県輪島市白米町の高洲山(こうしゅうざん)の裾野の急斜面にある棚田「白米千枚田:しろよね せんまいだ」です。まずはこちらの画像から。 輪島市街地から日本海に面した国道249号線で能登半島をしばらく北上すると、「道の駅千枚田ポケットパーク」に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

道の駅すず塩田村:撮り溜めた画像から。

「奥能登1泊2日のバスツアー」シリーズ第4弾は、石川県珠洲(すず)市仁江海岸の「道の駅 すず塩田村」(以下、すず塩田村)です。行者橋、瀬戸内育ちですので塩田(今は存在しません)には子供の頃から馴染みがありましたし、当時、塩は量り売りでしたが、「雨の日に塩を買いに行ってはいけない」と言われていたことを懐かしく思い出します(笑)。説明は後に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気多大社:撮り溜めた画像から。

2回にわたってUPした能登金剛に到着する前に、能登国一宮(*注参照)の気多大社(神社では氣多大社と表記、以下は気多大社で)の様子を簡単に。「奥能登1泊2日のバスツアーシリーズ第3弾」です。まずは、巫女さんがモデルのように立っていらっしゃた神門の画像から。奥は拝殿。 茅の輪があったのは、撮影日が2019(令和元)年6月24日で、大祓…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

巌門洞窟・鷹の巣岩・不動の滝@能登金剛:撮り溜めた画像から。

*21日、京都府は緊急事態宣言の解除を発表し、5月23日から(除外規定は残りますが)休業要請等の制限が緩和されることになりました。 「奥能登1泊2日のバスツアー」シリーズ・第2弾です。第1弾は、橋の構造が大好きな行者橋好みの「幸せのがんもん橋」の話題でしたので、本日は観光地らしさをメインに(笑)。まずは、こちらの画像から。 現地…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

幸せのがんもん橋@能登金剛・厳門:撮り溜めた画像から。

昨年7月2日、大規模メンテナンスとかでシステムの大幅変更があった時、いい加減な処理だったため、行者橋は結局、翌3日から25日までの約3週間、ブログUPができませんでした。その間、FBで急場を凌(しの)いでいたのですが、祇園祭関係を含め、かなりの画像が撮り溜めたままになっていました。本日はそこから。まずは、こちらの画像から。 ここは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鳥取砂丘で、大昔に受けた大学入試問題を思い出す(笑)。

鳥取砂丘と城崎温泉を巡るバスツアーに参加してきましたので、その報告を。まずは鳥取砂丘篇。となれば、まずはこの画像でしょう。 昼食の後、鳥取砂丘に向かうことに。こちらが、いくつかある入口の1つ。上の入り口とは異なる場所からの画像ですが、砂を食い止める柵が設けられていました。上の画像中央奥は窪地になっていて、下に降りて登り上がると海岸…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夕日を背景に大鳴門橋を眺める!@神戸淡路鳴門自動車道・淡路島南PA。

四国めぐり1泊バスツアーの往路はしまなみ海道経由で瀬戸内海を渡ったのですが、帰り道は四国横断&淡路島経由なので、鳴門海峡と明石海峡を通過して本土(笑)へのコース。丁度、淡路島に到着した時に夕日が沈む頃合いだったこともあり、淡路島南PAで早めのトイレ休憩。まずはこちらの画像から。左端に大鳴門橋が見えます。 実は、鳴門と淡路島の間には…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

金刀比羅宮の「こんぴら狗」等のお話を。

1泊2日のバスツアーで、しまなみ海道・大山祇神社(おおやまずみじんじゃ)・道後温泉・金刀比羅宮等を楽しんで参りましたので、そこで見聞きしたことなどを順不同に。まずは、こんぴらさん=金刀比羅宮(ことひらぐう)の「こんぴら狗」です。飼い主(主人)に代わってこんぴら参りをする犬のことですね。 首に掛けた木札には「金毘羅参り 合格祈願 東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県五箇山菅原地区の光景。

9月半ばにバスツアーで行った岐阜県五箇山菅原地区は合掌造りで知られた地区ですが、そこの様子を簡単に。まずは、こちら。 白い花は蕎麦(そば)の花です。こちらが蕎麦畑。続いては花の大写し。蕎麦はタデ(蓼)科の植物ですが、昔は「蕎麦麦:そばむぎ」と呼ばれていました。この「そば」というのは「耳をそばだてる」「そびえる」の「そば・そび」と共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢は金箔の街!

「新元号記念ミステリー2日間」というバスツアーに参加してきましたので、その様子を。第1弾は金沢の金箔のあれこれを。まずは「ひがし茶屋街」近くの金箔工芸品屋さんの店頭にあった大鷲。実は虎を掴んでいます。 ご存知のように、金沢は金箔生産の99%を占める超独占地区です。次は別の地域にあった金箔工芸品屋さんに造られていた黄金の茶室。黄金の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「千里浜なぎさドライブウェイ」は砂の道!:能登半島バスツアー②。

“夢のような…。”の剣鉾シリーズもまだ終了していないのですが、“能登半島バスツアー”シリーズを続けます。何しろ“感動8景”ですので、見どころが多いのです。本日は「千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ」です。まずは、砂浜に自動車が止まっていたり、走行していたりするこちらの画像から。 この「千里浜なぎさドライブウェイ」は、北端が羽咋…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「加賀 月のうさぎの里」“うさぎ広場”は兎だらけ!:能登半島バスツアー報告①。

行者橋、車も運転免許証も持っていませんので、時々、「車じゃないと行けないよなぁ」という場所の“日帰りバスツアー”に参加しているのですが、先日珍しく1泊2日のバスツアーに参加してきましたので、そのご報告を。行先は、能登半島。で、最初の場所は「加賀 月のうさぎの里」の“うさぎ広場”。まずはこちらの画像から。 “うさぎ広場”は北陸自動車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢旅日記③:金沢駅&浅野川大橋付近の様子を。

もう何の脈絡も無く(笑)、金沢旅日記の第3弾です。まずは、2005(平成17)年に完成した金沢駅東口正面の木製“鼓門”を。金沢の伝統芸能「加賀宝生」の「鼓」をイメージした2脚の柱に格子状構造の屋根がかかっています。高さ:13.7m・天幅:24.2m・建設費は3億5000万円とか。 2015(平成27)年に北陸新幹線が長野駅から金沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟旅日記④:「越後のお酒ミュージアムぽんしゅ館 新潟店」はとても良いお店なのですが、名前がなぁ。

途絶えておりました“新潟旅日記”の第4弾です。まぁ、“金沢旅日記”同様、タイミングはいつでも良い内容ですので、徐々に…ということで。で、今回は「越後のお酒ミュージアム ぽんしゅ館 新潟店」です。こちらが入り口。 店舗は新潟駅西口改札に直結している連絡通路に面していて、「新潟駅CoCoLo西館3F」という場所にあります。フロアには様…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金沢旅日記②:尾山神社の神門は不思議&魅力的です(笑)。

金沢と言えば、まずは兼六園!…となるのが普通ですが、以前、金沢に来た時にあっさりスルーしてしまった(笑)尾上神社(おやまじんじゃ)を。最初は、正門にあたる神門第3層のギヤマン(色ガラスです)の窓の画像から。 尾山神社は、1873(明治6)年に創建された加賀藩の藩祖・前田利家を祭神とする神社(1998=平成10年に利家の妻・お松の方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟旅日記③:「大洋盛」蔵元見学記。

卒業生のお父様・Dr-K(仮名)のお誘いを受けて新潟に行く前に、行者橋が1つだけ希望したのは「蔵元見学ができれば…」だったのですが、Dr-Kの奥様が故郷・村上市の「大洋盛:たいようざかり」にツテが…ということで、GO!…最初は、展示場・和水蔵(なごみぐら)で搾りたて原酒を瓶詰めしていただいている画像です。 1943(昭和18)年に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟旅日記①:街内で見かけたあれこれ。

夜行高速バスで、5日(土)夜・京都発と10日(木)早朝・祇園四条着発というスケジュールで、6日(日)-9日(水)の4日間、新潟のあちこちを楽しんでまいりましたが、その第1弾は軽く、街中の光景あれこれを。まずは新潟市内360度を見下ろすことのできる“朱鷺メッセ”の画像から。 この夏に京都にお見えになった卒業生の保護者のお招きに応じて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年10月31日土曜日の昼下がりのハロウィン@広島。

10月31日&11月1日、実は広島&今治に帰っておりました。公開予定設定のミスか、ブログが予定通りにUPされなかったみたいで、1日夜、慌てて公開(笑)…。それはともかく、31日はハロウィン当日。京都や東京の夜はどんな展開なのかなぁと思いながら、久し振りに広島の街をブラブラ。 広島では本通りというアーケードのあるショッピング街が有名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今治&広島&尾道の光景。

用事があって、四国・今治と広島に帰っておりました。普段なら、予定原稿を作っておくのですが、チョッとドタバタしていて、お休みが続いてしまいました。行者橋は元気でおりますので、皆様、ご心配無く(笑)。ということで、最初は今治で見かけたバス。 分かりにくいでしょうが、バスの前から、ミカン(蜜柑)・しまなみ海道の多々羅大橋・伝説の鶴姫・大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ズムスタ点描①人物等を中心に。

9月末に訪れた「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」(広島市民球場、以下ズムスタ)出撮影してきた画像を2回に分けて。ということなのですが、最初の画像は意表をついて、東京ヤクルトスワローズ(以下、ヤクルト)のこの人!…懐かしや、高津臣吾。現在は、一軍投手コーチですね。 練習時間にライトの位置で、時々ノックをしていらっしゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島を歩くと、そこここに原爆の跡が…:頼山陽文徳殿&頼家の墓を訪ねて。

広島で2日続けてプロ野球を観たのですが、野球までの空いた時間に、久し振りに比治山(ひじやま)に登ってみようかと思い立ち、広島電鉄の電車に乗って、比治山下駅へ。タイトルとは異なり、最初は頼山陽(らい さんよう)のお父さん他、頼家の方々のお墓の画像から。 頼山陽は京都と縁の深い人物で、京都の自宅・水西荘の庭に建てた書斎“山紫水明處”は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト対広島@ズムスタon2014.09.29。

広島東洋カープ(広島)の本拠地が、「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」(ズムスタ)に移ってもう6年めも終了しようとしているのに、これまで観戦したことが無かったので、思い切って9月29・30日にGO!…相手は東京ヤクルトスワローズ(ヤクルト)。最初は地味ながら(笑)、決勝点獲得となった1ゴロを打った田中の画像を。 後で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張れ!広島東洋カープ!…1975年の栄光を、再び。

先日、広島に立ち寄った際に、本通り商店街のあるお店の店先でとても懐かしい物を目にしました。広島東洋カープがセントラルリーグで初優勝した1975(昭和50)年当時の色紙と広島市民球場のダッグアウトのベンチ等の品々です。まずは色紙から。サインは右から古葉竹識・山本浩二・外木場義郎・大下剛史の方々です。 広島東洋カープは1950(昭和2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最初は96.8m(32丈)もあったという出雲大社を想像しながら、参拝してきました。

粉雪ちらつく中、出雲大社参拝です。まずは60年ぶりに“平成の大遷宮”にあたって、檜皮葺きの葺き替え・修理が終了した本殿の屋根部分の画像を。千木や勝男木、屋根下の破風板の錺(かざり)には130年ぶりとかで“ちゃん塗り”という特殊塗装が施されています。 今年は伊勢神宮も20年に1度の式年遷宮をするので注目されてきたのは、皆様、ご承知の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いやぁ、びっくり!松江自動車道、雪景色!

11月28日、“新大阪集合、新大阪から福山まで新幹線、福山からはバス”というツアーで出雲大社に参拝してきたのですが、出雲地方は“時々雨”の天気予報。で、大きめの傘を持参。順調にバスは進み、三次(みよし)を通過する頃に粉雪が…と思ったら、直後いきなり吹雪!…最初は松江自動車道「道の駅 たかの」の雪景色です。 最初の画像を撮った時は、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大歩危峡の岩は見飽きません(笑)。

しばらく涼しい日が続くなぁなぁと思っていたら、ここにきて猛烈な残暑のぶり返し。夏だけど、少しだけ涼しい感じのする画像をということで、少し前に行った四国・大歩危峡(おおぼけきょう)の光景を。最初の画像は「レストラン大歩危峡まんなか」の駐車場から上流を眺めたところです。 大歩危の“ほけ(ぼけ)”は断崖の意味ですので、関東でいう“はけ”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祖谷のかずら橋は、結構、怖い!…のですが、その理由は。

阿波おどりを楽しんだ翌日、祖谷(いや)のかずら橋を渡りに行きました。実はその前に、こんぴらさん(金比羅宮)の参拝・大歩危渓谷の見学があったのですが、それはいずれということで。最初はかずら橋のほぼ全体が写っている画像から。 かずら橋渡り口の駐車場でバスを降り、大きなお土産売り場の中を通って、かずら橋に向かいます。次の画像の手前のコン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同じ阿呆なら、踊りたかったなぁ(笑)@徳島市阿波おどり・藍場浜演舞場。

8月12日、徳島市の阿波おどりの初日を観に行ってきました。鳴門の渦潮・阿波おどり・金比羅宮・大歩危峡・祖谷のかずら橋の見学他という行程のバスツアーで、1泊2日。結構な強行軍です(笑)。ということで、まずは阿波おどりから。最初の画像は有名連の1つ、正調の踊りに扇の舞を取り入れた「阿波扇」・女踊りです。 阿波おどりは、徳島市内のいくつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

“春や昔 十五万石の 城下かな”:松山は俳句の街。

以前から、松山市では夏目漱石&正岡子規ゆかりの観光史跡が多く、司馬遼太郎の『坂の上の雲』が発表されてTVドラマ化されると、一気にその関連史跡が増えました。が、行者橋、今回は秋山兄弟関係はパスして、久し振りに松山城・道後温泉に足を延ばしてきました。まずは道後温泉本館の「振鷺閣:しんろかく」上の鷺。 さて、次はJR松山駅前にある子規の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more